会社の将来に不安を感じたら早めに転職するのだってあり?なし?

会社の将来に不安を感じたら早めに転職するのだってあり?なし?

今の会社でこのまま働き続けていて大丈夫なのか。そんな不安を感じたことはありませんか?

定年後まで会社は存続しているのだろうか、中高年になっていきなりリストラされないだろうか。不安を感じればきりがありませよね。

実際、会社を辞める理由としても将来への不安によるものが割と上位に入っています。

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと

関連:派遣社員が感じる将来への不安。まずすべきは現実把握と転職活動

今の会社で働く将来に対する2つの不安

会社で働いている場合、将来に対して2通りの不安があるかと思います。

まず一つ目が会社が存続していけるのかという不安。もう一つが今の会社の方向性が大きく変化するのではないかという不安です。

会社が存続していけるのか

会社が倒産してしまえば職を失うのは当然。まだ若いうちならいいかもしれませんが、それこそ40歳、50歳になっていきなり会社が倒産したのでは、困りますよね。

大企業であっても経営不振によってリストラなどが行われる時代ですから、定年まで働き続けることができるという確証を持つことはできません。

何十年も前からあって、現在も順調に利益を生み出していて、特に不安要素もない大企業であったって5年後にはどうなっているかわからないんです。

会社という組織で働く以上は倒産して職を失ってしまうというリスクからは免れません。

まあそうは言っても大企業と中小企業を比べれば安定性は圧倒的に大企業のほうが高いのは確かなこと。

また、参入障壁が高い会社などはより安定性も強く、リスクとをしては低く抑えることが可能です。

会社の方向性、事業内容

会社自体は存続していたとしても、会社の方向性が変わって自分が役に立たなくなり、リストラにある可能性もあります。

会社によっては採算が悪いからとその事業から撤退する可能性もありますし、技術革新によってそれまで必要のあった仕事が必要がなくなるなんてことはよくあることです。

例えば、今考えられるものであればAIであったり、電気自動車。実際に活用されるようになったら大きく変わりますよね。

まだ会社が倒産したとしてもこれまでの自分の経験が生かせることであれば他に転職して活躍することができる可能性は十分にあります。

しかし、仕事自体がコンピューターに変わってしまったり、そもそも無くなってしまったりすれば、それまでの経験を生かすことができなくなってしまいますからより大変かもしれません。

会社の将来が不安で転職するのはありなのか

会社の将来に不安を感じた時、転職してしまったほうがいいのか、それともまだ転職しないほうがいいのかという判断はかなり難しいかもしれません。

確かに何の準備もなくいきなり倒産されたり、いきなりリストラにあってしまったら大変ですから、危機を前に察知して転職するというのは正しい方向に働くことが多いでしょう。

特に1年先、2年先といったように近い将来に不安を感じてしまうような状態であるならば、少なくとも転職する準備はしておいたほうがいいです。

ただ、10年後、20年後を考えて不安になっているという場合であればどうでしょうか。

会社の将来は正確に予測できるものではありません。もしかしたら将来が不安だと思って見切りをつけた会社が急成長し、もっと安定していると思っていた会社が経営不振に陥ってしまったりする可能性は十分にあることです。

そうなってしまえば転職したことが間違いだったとなってしまいますよね。

ですから、転職して良かったと思うこともあれば、転職しなくて良かったという場合もあるわけです。

それ故、現時点において転職することが正解か不正解かなんてありません。

リスクを下げる為の考え方

結局のところ、転職するかどうかは確実な答えが無い中でも自分で判断しなくてはなりませんし、その選択を後悔する可能性があるということも自覚しておかなくてはなりません。

それは転職する場合だけではなく、転職しない場合でも同じです。転職したら後悔するかもと考えて転職しなければ、今度は転職しなかったことを後悔することになります。

ただ、将来に向けてよりリスクを低くすることができる可能性はあります。

常にリスクがあることを自覚し、アンテナを広くする

サラリーマンであるから、大企業で働いているからといって定年まで安心して働けることができるわけではありません。

どんな働き方をしていたって常にリスクはあるのです。まずはそのリスクがあることを自覚しましょう。

その上でアンテナは広く持つようにしてください。なんとなく危なそう、なんとなく安定していそうというのではなく、社会の流れや会社の財務状況、新たな技術など今の仕事に直結すること以外も知る努力をしてみましょう。

やばいと思ったら実際に行動を

もしもうやばい、危ないと思ったら実際に行動を起こすという勇気を持つことも大事。

会社の将来が不安になってきたから転職するかどうか悩んでいるという人の大半は、結局ずるずると働き続けてしまいます。

自分の能力アップを意識する

仕事においては、会社に守ってもらうということではなく、自分の能力をアップすることに重点を置いてください。

特にその会社でしか使えない能力ではなく、他社でも通用する能力。

交渉力、提案力、問題発見力など様々なものがあると思います。

もしも今の会社ではなかなか成長することができないと感じているんらば、むしろそれは転職するべき理由になりえます。

最後に

起業するにしろ、サラリーマンとして働くにしろ、将来が完全に安泰という人はいません。

もちろんリスクの大小はあるでしょうから、より安全性を求めて大企業に就職するというのは間違った選択ではありません。

ただ決してリスクがゼロになるわけではありませんから、自分自身でもリスクを下げる取り組みをするようにしてみてください。

転職時には転職サイトや転職エージェントを有効活用してください。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。スカウト機能は転職の可能性を知るのにかなり便利であるといえるでしょう。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:リストラされて再就職しなくてはいけなくなった時にすべきこと

関連:将来性のある仕事、業界に転職したい。どう探せばいい?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ