転職後の初任給はどう決まる?いつ貰える?もし思ってたよりも少なかったら?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

転職後の初任給はどう決まる?いつ貰える?もし思ってたよりも少なかったら?

毎月決められた日に支給される給料ですが、支払日や給料の計算方法は各会社によって異なります。

この為、前の会社を退職しすぐに次に会社に入社したとしても最初だけは初任給を貰うまでに時間がかかったり、想定していたよりも少なくなってしまう場合があるので注意しなくてはなりません。

そこで今回は転職後の初任給を貰えるタイミングや金額について、どういったパターンがあるのかを紹介していきます。

関連:転職したいけど貯金がない。お金がない中で転職するには?

関連:勢いで会社を退職して後悔している人がこれからすべきこと

転職時は初任給の金額、貰えるタイミングについて要注意

労働基準法では、使用者と労働者の労働契約の際に決定された賃金を毎月1回以上決められた日に支払うものと決められています。

ですので、法律をしっかり守ってくれる会社に勤めれば給料が支払われるはずなのに支払われないといういうことはまずありません。

ただ転職してからの初任給に関しては注意が必要。

支払い日、締め日、計算方法などによって最初の月は貰えなかったり、給料がとても少なくなる可能性があります。

転職後、初任給はいつ貰える?

ではまずは初任給を貰えるタイミングについてお話していきましょう。

会社によって給料の締め日、支払日は異なります。

よくあるのは以下のパターン。

  • 末日締め、当月25日払い
  • 末日締め、翌月25日払い
  • 末日締め、翌々月25日払い
  • 15日締め、当月25日払い
  • 25日締め、翌月15日払い

転職先の会社がどの形態をとるかによって、初任給を貰うことができるタイミングはかなり異なってきます。

支払日のパターン

では先ほど挙げた締め日、支払日のパターンを紹介していきましょう。

末日締め、当月25日払い

給料の締め日はその月の月末であるが、その締め日よりも先に給料を支払ってくれるパターン。26日から末日までは働くだろうという予測のもと支払いますが、もし欠勤、早退、遅刻があると翌月の給料から引かれることになります。

ただ残業代、休日出勤手当は末日にならないと正確にはわからない為、当月払いなのは基本給のみ、残業代は翌月になる場合がほとんどです。

末日締め、翌月25日払い

給料の締め日がその月の月末で、支払日は翌月になるというパターンは多いですね。

会社としても、給料を前払いすることなく、かつ残業代などもまとめて支払うことができるのでわかりやすく、このように設定している場合が多くなっています。

この場合、もし1日に入社したとしても初任給を支払われるのは翌月の終わり頃。約2ヶ月ほど給料の支払いがないということになります。

末日締め、翌々月25日払い

あまりよくある例ではありませんが、中にはその月の給料が翌々月になる会社もあるそうです。

トータルとして損をするわけではなく、退職した後で2ヶ月ほど給料を貰い続けることができるわけですが、中途採用者にとっては下手すると3ヶ月近くは給料が貰えないのでちょっと大変です。

15日締め、当月25日払い

締め日は月末である必要はなく、10日だろうが、15日だろうが問題はありません。

今回の例は15日で一旦給料が締められて、その月のうちに支払われる当月払いのパターンです。

25日締め、翌月15日払い

締め日がその月の後半にされている場合、支払日は翌月に設定されている場合が多いです。

末日締め、翌月払いとは日にちが違うだけですね。

初任給がかなり遅くなる場合もある

末日締めの当月払いの場合、初任給はすぐに貰うことができます。

1日から働きだしたとして25日に貰えることができればありがたいですよね。

ただ翌月払いになれば2ヶ月、翌々月払いになれば3ヶ月は給料が支払われなくなってしまいます。

生活費などでお金はかかります。退職金がでたり、前の会社の給料が支払われる場合であればいいんですが、全く無給となる場合もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

初任給はいくら貰える?

では次に初任給に金額について。

例えば転職が決まった時には月給30万円と書かれていても、その金額は必ずしも貰えない場合があるので注意してください。

基本給

初任給で支払われる基本給は、必ずしも満額ではなく入社日から給料の締め日までの日数によって決まります。

給料の締め日が15日だとして、その月の1日から働いたとなれば初任給として貰える金額はおよそ半分。翌月からようやく満額貰うことができるようになります。

残業手当

末日締め、当月払いの場合は残業代や休日出勤手当、深夜勤務手当などは翌月になるので注意しましょう。

月給30万円と言われていても、そこに残業代も含まれている場合には初任給に含まれずに少なくなってしまうこともありえることです。

ただ締め日より支払日が遅い場合では残業代も同じタイミングで支払われることになります。

差し引かれるもの

給料から所得税や社会保険料が差し引かれるのはこれまでと同じ。どこの会社によっても変わりません。

ただ会社によっては労働組合費など思わぬ部分が引かれている場合があります。

悪どい会社だとよくわからないもので大きな金額が引かれていることのあるようで、必ず確認するようにしてください。

試用期間の場合

月給〇万円という記載がされてあっても、試用期間中は賃金が減らされている場合があります。

試用期間は基本給が少ない、職務手当などは支払われないなどがあるので、入社前にあらかじめ労働条件通所で試用期間はどれくらいか、その間の賃金はいくらになるのかと確認するようにしましょう。

初任給のよくあるトラブル

ではここからは転職時の初任給に関するトラブル事例を紹介したいと思います。

入社前に聞いていた金額と違う

入社前に聞いていた金額と実際に貰うことができる金額が違ったという話はちらほら聞きますね。

単純に日数が少ないだけで翌月以降は正しい金額を貰うことができればいいんですが、そうではない場合も多いようです。

入社前の確認を怠り、試用期間には給料が少ないことを知らなかった、手取りと総支給額を勘違いしていたという場合もあれば、入社前まで会社が嘘をついていたという場合もあります。

特に後者はたちが悪いですね。入社させてしまえばこっちのものだと給料を嘘つき入社させるなんていうのは完全にブラック企業です。

そうならない為にも、転職活動時に企業の実態をしっかり調べ、入社前には労働条件通知書の確認んを怠らないようにしてください。

残業代が出ない

先ほども述べたように、初任給では残業代がまだ含まれず翌月になる場合もあります。

しかし中にはサービス残業が当たり前のように行われている会社もやっぱりありますね。

特に固定残業代の場合は注意。残業は基本給に含まれているからという理由からどれだけ残業をしようが支払わないような場合があります。

実際は固定残業だとしても、あらかじめ決められた残業時間を超えれば、その分は支払われなければならないんですが、そのことを知らない労働者の人も多いのが実情です。

最後に

このように初任給に関しては入社する会社によって貰えるタイミングがだいぶ異なってきますので、転職時にはある程度余裕を持ったお金を準備しておきましょう。

また転職活動時には必ずその企業についてよく調べ、間違ってブラック企業に当たってしまわないようにしてください。

転職活動を進める際には転職エージェントなどを利用し、とにかく情報収集に力を入れることをおすすめします。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ