社会人に向いていない、社会不適合者だと思っている人の仕事との向き合い方

社会人に向いていない、社会不適合者だと思っている人の仕事との向き合い方

自分は社会人に向いていない、自分は社会不適合者だ。

仕事を上手くこなすこともできず、人付き合いも苦手といった理由からそのように考えてしまう人もいるでしょう。

ばりばりと仕事をこなして、上司からの信頼も厚い人を見ていると妬ましく思いながら、自分はなぜこんなにだめだろうと悲観してしまい、働くこと、会社に行くことが辛くてしどうしようもなくなってきます。

ただ、そのように感じているほとんどの人は、実際は社会不適合者でも、社会人に向いていないのでもなく、環境がそのように感じさせてしまっていることが多いです。

そこで、今回は社会不適合者や社会人に向いていないと感じる人の特徴や仕事への向き合い方を紹介します。

関連:自分に合う仕事、向いている仕事とは?どうすれば見つけることができるのか。

関連:仕事がつまらない!それは誰もが感じること。

関連:このままでいいのか。今の仕事でいいのか。そう感じたら?

スポンサーリンク

社会不適合、社会人に向いていないと考える人の特徴

自分は社会不適合者だ、社会人には向いていないという人の特徴として以下のものがあげられます。

人付き合いが苦手

社会人にとって、コミュニケーション力は非常に大切な能力です。

人間関係を上手く構築することは、仕事をうまくこなす為には必要なことです。

人付き合いが苦手な場合、上手く人間関係を構築できずに仕事がやりにくくなってしまったり、時に周囲から嫌われてしまうということさえあります。

人付き合いが苦手な原因はとしては、単に人と会話することが苦手であったり、人に合わせることができないといったものがあげられます。

自分に自信がない、悲観的

自分に自信がない人や物事を悲観的に考える人は、自分は社会人に向いていないと思ってしまいがちです。

仕事をしていれば、誰だって失敗することがあります。

その失敗に対して、開き直ることができたり、反省し次につなげることができればいいのですが、自信がなかったり、悲観的に考える人は、だめな人間だと自分を追い込んでしまう傾向があります。

忍耐力がない

社会人にある程度の忍耐力は必要でしょう。

上司に怒られる、たくさんの仕事をおしつけられるといったストレスと闘わなくてはいけません。

そのストレスに対して、周囲は我慢できているのに、自分は我慢できずに会社を辞めてしまった。

そういったことがあると、自分が社会不適合者だとか社会人に向いていないと感じてしまうこともあります。

スポンサーリンク

本当に社会人に向いていない人とは

上記で紹介したよな場合、自分が社会不適合者だとか、社会人に向いていないと感じてしまいがちですが、実はそれらは間違った判断基準です。

上記はあくまで、人と比較した時に感じることです

周りは上手く人付き合いができているのに自分はできない。

周りは上手く仕事ができているのに自分は失敗する。

周りは我慢できるのに自分は弱い。

ただ、こういった場合は、職場の環境にも左右されますし、往々にして自分を低く見てしまいがちで客観的に判断することができません。

本当に社会人に向いていない、社会不適合者だという人は以下の特徴があげられます。

  • 自分の非を認めない
  • 反省することがない
  • 自信過剰

そして、こういった人は自分が社会人不適合者だとは思いません。

周囲から指摘されてもなお、それを周囲のせいにします。

もし、あなたが社会不適合者だとか、社会人に向いていないと思っているのであれば、その時点でその考え方は間違いなのです。

社会不適合、社会人に向いていないと考える人の仕事への向き合い方

では、どうすればこのように思ってしまうことができるでしょうか。

その為には、2種類の方法があります。

  • 訓練する
  • 仕事を変える

訓練して自分を変えていく

自分が社会人に向いていないだとか、社会人不適合者だと考える人は、性格の問題であると済ませ、直すことはできないと考えがちです。

しかし、ほとんどは訓練によって変えることができます。

訓練とは言っても、仰々しいものではなく、社会人として毎日仕事をしているだけで身についていきます。

人付き合いが苦手であっても、いつの間にか社会人として必要なレベルでのコミュニケーションはできるようになるし、

仕事の失敗は減るし、失敗した時の対処法もわかってきます。

いつの間にかできるようになっていくものなのです。

仕事を変える

性格の問題であると済ませてしまう場合、仕事を変えたところでどうしようもないと思ってしまうことも多いです。

しかし、仕事を変えると一変するということもよくあります。

向いていないと考えるのが、人との比較によるものである以上、職場を変えることで変わることも多いし、

やはり仕事には向き不向きがありますから、向いている仕事につけるだけで一変することも多いです。

性格にせいにしないことが大切

大切なのはなんでも性格のせいにして、諦めてしまわないことです。

社会不適合者なんて、ほとんどいません。

もちろん仕事ができる人もいれば、できない人もいます。

あまりにも優れている人もいます。

ただ、そういった人と比べ、自分を悲観してしまうのではなく、どうすれば今の自分をより幸せにできるかを考えましょう。

仕事は様々な種類があります。向いているものもあれば、向いていないものもあります。

まずは色々な仕事を見てみることがいいでしょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

関連:仕事に疲れた、しんどいと感じたら、一度何かを変えてみる。

関連:仕事が続かないのはなぜ?原因と対処法

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ