仕事でのプレッシャーによるストレスは想像以上に大きい、ホワイト企業でも注意が必要

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事でのプレッシャーによるストレスは想像以上に大きい、ホワイト企業でも注意が必要

遅れたらまずい、ミスしたらやばい。

そんな仕事でのプレッシャーは時に大きなストレスとなってあなたに襲いかかります。

もしあなたが今現在仕事で大きなプレッシャーを感じてしまって、それを苦痛と感じているなら、どうか甘く考えないでください。

関連記事

 

仕事のプレッシャーによるストレスはかなり大きい

上司や同僚との人間関係。度を超えた長時間の残業。少ない給料。やりがいの感じない仕事内容。

仕事においてこういったことがストレスになっている人は多く、仕事を辞める理由としても常に上位に挙げられています。

ただ仕事でのプレッシャーがストレスになっているという人も少なくはないでしょう。

ミスしてはいけない、計画通り終わらせなければならない、うまくやらなくてはいけない。

仕事内容や立場によっても違いますが、そんなプレッシャーは大きなストレスとなって襲い掛かります。

そしてそのストレスは、決して甘く考えて良いものではありません。

多くの人が、仕事でのプレッシャーが原因でうつ病など精神的な病気になってしまって休職、退職せざるを得なくなっているのです。

ホワイト企業でもプレッシャーが原因でうつ病になる人は多い

100時間を超えるような長時間残業や、上司のパワハラなど人間関係による問題はかなり辛いものであり、うつ病になる人は少なくありません。

だからこそ残業が少なく、休みも多く、パワハラ等が起きないように教育・管理されているホワイト企業で働きたいと思うのは当然のことです。

ただホワイト企業であれば、うつ病にならないかと言うと決してそんなことはありません。

私自身、以前ホワイト企業と言われる会社に勤めていましたが、何人もうつ病で休職することになってしまった人を見てきました。

そしてその原因の大半は仕事のプレッシャーによるものでした。

ホワイト企業と言えどもパワハラをする上司は少なからずいて、それが原因の人もいましたが、まともな上司の下で働いていた人でも休職する人はいたのです。

責任の重い仕事を一人で抱え込み、ミスして責められるから余計に抱え込み、どんどんプレッシャーに追い詰められてストレスが膨らんでいく。

そうなってしまえば、いくら残業が少なくて休みが多いホワイト企業だって潰れてしまう人だってでてきます。

こんな考え持つのは危険

もし仕事でのプレッシャーに対して、こんな風に考えてしまっているのであれば、いつか潰されてしまうかもしれません。

周りが我慢しているから自分も我慢しなくてはいけない

周りはちゃんとやっている、周りが我慢しているから自分もそうでなくてはいけない。

そんな風に常に周りを基準として考えてしまうと、色々なことを自分ひとりで抱え込み、限界を超えるまで無理をし続けてしまうことになります。

周りの人とあなたは違います。性格、ストレス耐性といったことから、これまでの経験やその仕事で置かれている状況だって違います。

ですから周りが大丈夫だから自分も大丈夫なんてことはないのです。

自分は大丈夫

自分は大丈夫、自分はうつになんてならない。

そんな考えを持ってしまっているのも危険です。

うつ病は誰もがかかる可能性のある病気です。

自分は大丈夫と思い込んでしまうと、自分の限界に気づくことができずに余計に自分を追い込み、気づいたときには手遅れになってしまいます。

このままだとやばい。これ以上は無理。そう思うことも大切なことなのです。

仕事はうまくやらなくてはいけない

仕事はうまくやらなくてはいけない。ミスをしてはいけない。一人でなんとかしなくてはいけない。

そんな考えは、仕事でのプレッシャーを増大させる要因になります。

本当はちょっとくらい失敗したってなんとかなることが多いですし、周りを頼ればもっと簡単にできることもあります。

それなのに過剰に物事を重く考え、自分一人で抱え込んでしまうと、自分で自分を追い詰めてしまうことになりかねません。

プレッシャーによるストレスに潰されない為に

では仕事のプレッシャーによるストレスで潰されないようにする為には、どういったことをしていけば良いでしょうか。

報・連・相を心がける

上司や先輩に対して報告、連絡、相談を適切に行うのは、かなり大切なことです。

仕事でのプレッシャーを軽減する為に最も大切なのは、仕事を一人で抱え込まないようにすることです。

報・連・相を適切に行わず、たとえば危うそうなものやミスを隠してしまえば、余計にプレッシャーを抱え悪循環を生むことになってしまいます。

現状を逐一確認する

自分が置かれている状況や抱えている仕事については、逐一確認するようにしましょう。

あれもやらなくてはいけない、これもやらなくてはいけないと思うようになってくると、全体像が掴めなくなり、余計に不安になってしまいます。

自分がやるべきこと、やらなくてはいけないことをしっかり把握できれば、無駄なプレッシャーを感じずに落ち着いて仕事に取り組むことができるはずです。

ミスした場合の影響を過剰に捉えすぎない

仕事にミスはつきものです。全てを完璧になんてできません。

それにちょっとくらいミスしたって仕事は意外になんとかなるものです。

ですから、ミスした場合のことを過剰に考えないようにしましょう。

まだミスしたわけでもないのに、最悪のことにおびえて自分を追い詰めたっていいことなんてありません。

ただリスクとして認識していることに関して対処法は考えておいた方が良いでしょう。

たとえだめでもこうしておけばよいというものを持っているだけで、仕事でのプレッシャーによるストレスはかなり無くなるはずです。

割り切って考えるようにする

仕事では割り切ることも大切。

無理だったら無理だったで仕方がない。だめでも別にクビになるわけではない。運もあるから仕方ない。

そんな風に思うことができるようになれば、仕事でのプレッシャーがストレスにはならないはずです。

もちろん考え方を変えるのは簡単ではありません。すぐにそんな風に割り切るなんて中々できはしないでしょう。

ただ意識的にそう考えるようにするだけでも、感じるストレスはかなり違ってくると思います。

どうしようもないなら転職も考えよう

ただそうは言っても、どうしようもない場合というのもあるのは事実。

プレッシャーの原因が自分自身にあるならばまだいいんですが、上司から強いプレッシャーをかけられていたり、周囲が追い詰めてくるような状況だと、中々解放はされません。

そんな時は転職も一つの手だということを考えてください。

少なくとも、体を壊すほど限界まで我慢してはいけません。頑張り続けることを正当化したって何もいいことはないんです。

仕事のプレッシャーによるストレスで潰れてしまわないように、自分の身は自分で守っていきましょう。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ