転職先の入社日はどのように決めればいい?こだわりすぎると後悔するかも

転職先の入社日はどのように決めればいい?こだわりすぎると後悔するかも

在職しながら転職活動をする場合、あらかじめ退職日と入社日を決めておく必要があります。

内定時にはもちろん決めなくてはいけませんが、選考が進んだ場合には面接で入社可能日を聞かれることがあります。

では入社日および退職日はどのように決めればいいでしょうか。

関連:退職前、退職後の手続き、社会保険や税金はどうすればいい?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

今の会社の退職日、転職先の入社日はどう決める?

退職日、入社日はあらかじめ決めておかなければ、面接時にあたふたしてしまったり、内定をもらった後にばたばたしてしまう可能性があります。

転職活動をはじめる時点で、決めておかなくてはなりません。

転職前にチェック。退職日を決める為に考えておくこと。

まず行わなくてはいけないのが、今の会社で退職までどれほどの期間が必要になるかです。

退職を伝えるてから退職まで必要な日数は?

退職を会社に伝えてから、退職までの期間は就業規則にのっています。

基本的には1ヶ月前に伝えることが必要であることが多いです。

労働基準法では、14日前までに伝えればよいとされており、就業規則が1ヶ月前とされていても優先されるのは労働基準法です。

ただ、法律上で決められているからといって就業規則に反すると、かなりの批判を受けることになり、円満退職することができなくなってしまいます。

退職すれば関係なくなるとはいえ、できれば問題なく退職できることがベストです。

有給休暇取得をどうするか

多くの人は有給休暇がかなりの日数残った状態で退職を迎えることになります。

できれば退職日を伸ばして、1ヶ月の引継ぎ期間、2ヶ月の有給休暇という形にしたいですが、内定後の合計3ヶ月を転職先に待ってもらうことは難しいです。

そのため、全ての有給休暇を消化することは厳しいでしょう。

ただ、退職直前の5日間程度ならとることは可能でしょう。

就業規則で1ヶ月となっている場合、その1ヶ月内で有給休暇をとることはなんら問題ありません。

引継ぎをスムーズに行い、休むことができる体制を作りましょう。

ボーナスはどうする?

できればボーナスを貰ってから退職したいと思うのも当然です。

ただ、転職活動ではいつ内定を貰うことができるかわからない為、うまくタイミングをあわせることができません。

ですから、1度のボーナスをあきらめることも必要になります。

ただ、1度のボーナスが貰えなくても、その分早く転職先の会社に入社し、ボーナス査定期間の在職期間が長くなる為、ボーナスを貰ってから入社するよりも多少は多くなるでしょう。

スポンサーリンク

面接時に入社可能日を聞かれたら

面接では、入社可能日を聞かれることもあります。

その時は、内定いただいてから1ヶ月後と答えるのがいいでしょう。

それ以上の場合では不利になることも考えられるためです。

中途採用ではすぐに働き始めてほしいことが多いため、同じレベルの人であれば、入社可能日が早い人のほうが有利です。

かといって、在職中にも関わらずすぐに入社可能と答えてしまうと、ビジネスマナー面を疑われてしまう為、1ヶ月が適度とされています。

ただ、就業規則上では2ヶ月であるとか、その他特別な事情があるのであれば、そのことを伝え、可能なかぎり早く入社できるようにしますと答えることが無難です。

内定後に正式に入社日を決める

内定を貰った場合、正式に入社日を決めることになります。

もし、面接で入社可能日を伝えていないのであれば、有給休暇取得等も含めて、少し多めの日数を伝えてもいいでしょう。

場合によっては、2ヶ月後でも可能となり、1ヶ月の休みをとることができる場合もあります。

ただできるだけ早く入社してほしいと言われることも多いので、その時にはできるだけ従ったほうがいいです。

もし、退職日と入社日の折り合いがつかない場合、大切にすべきは入社日です。

とは言え入社日に関しては内定後に多少調整することは可能です。リクルートエージェントといった転職エージェントを利用していれば、エージェントが代理で交渉もしてくれます。

できるだけ円満退職、でも大切なのは将来

退職日と入社日の折り合いがつかない場合、円満退職を諦める必要があるかもしれません。

これから働くのは転職先の会社です。

転職前の会社の印象が悪くなっても大きな問題はありませんが、転職先の会社の印象が悪くなることだけは避けたほうがいいです。

もちろん円満退職することがベストですが、どちらが大切なのかは明らかです。

過去ではなく将来を大切にしましょう。

ただ、正直にその状況を話せば、普通の会社、普通の上司であれば納得してもらえるはずですので、そこまでの心配はいりません。

目先の利益にこだわらないこと

いつ退職して、いつ転職するのがいいか。

有給休暇やボーナスを考えたら今は転職できない。

そういったことを考えていては、いつまでたっても転職することができません。

有給休暇やボーナスはあくまで目先の利益。

将来を考えたら、大切なものはそこではありません。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:会社、仕事の選び方、自分の基準をしっかり持とう

関連:転職が不安で中々踏み出せない。その気持ちどのように解消する?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ