もう仕事が限界、やばいと感じたら会社に見切りをつけて退職、転職することも重要

もう仕事が限界、やばいと感じたら会社に見切りをつけて退職、転職することも重要

一つの会社で働いていると、仕事に対する感じ方、周囲の取り巻く環境、会社の状況など非常に様々なことが変わっていきます。

そういった中で新卒で入社してから、定年まで充実した気持ちを持ちながら働くことができれば非常に幸せなことでしょう。

しかし、実際はそういった人は少数派であり、途中で仕事を辞めたくなる人、環境、会社の状況が変わり会社に居続けることができなくなってしまう人はたくさんいます。

そういった中で、自分から会社に見切りをつけて退職し、そして転職するということは非常に大切になってきます。

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

自分で見切りをつけないと悲惨なことになることも

退職するタイミングとしては2通りあって、自分から会社に見切りをつけて退職する場合と、もう退職せざるを得なくなってから退職する場合です。

退職せざるを得ない状態になってしぶしぶ退職するという人もかなりいますが、これは非常にリスクの高いことです。

仕事が嫌で嫌で限界になって辞めることになるのは、精神的に大きなダメージを負うことになるし、一歩間違えば退職する前にうつ病になってしまうリスクがあります。

経営状態の悪化が原因で退職せざるを得なくなった場合、これまでの経験を生かして同じ業種に転職しようとしても、そのタイミングでは他の会社も同様に経営状態が悪化している可能性が高く、全然転職先が見つからないなんてことになりかねません。

転職のしやすさは、かなり時期に左右されるものです。

景気が良い時期であれば、企業は人手不足に陥り有効求人倍率も高く転職しやすい状況になりますが、逆に景気が悪くなると人手超過となって中途採用で人を新たに雇うことはなくなり転職しにくくなります。

この時期による差はかなり大きく、現在の有効求人倍率が1.3倍以上となっているのに対し、リーマンショック時は0.5倍を切っています。

自分から見切りをつけて退職、転職時期を見計らえば有利な時期に転職することが可能ですが、成り行きにまかせてしまうと、最悪な時期に退職せざるを得なくなるかもしれません。

良いタイミング?見切り発車?

とは言っても、見切りをつけるタイミングがわからない、もしかしたら見切り発車なのではないかと考える人もいるかもしれません。

ただ、タイミングというのはあまり深く考える必要はありません。というのも深く考えたところで正確なことなんて誰にもわからないからです。

経営が危なそうだからと転職したものの、転職したら前の会社が業績を回復させたどころか、以前よりもっと良くなったなんてことはありえます。ただこれは見切り発車でもなんでもありません。たまたま危機を脱したからいいものの、下手したら潰れていたということを考えれば、リスクを減らした良い行動であるといえます。

もっと自分の考えていることを信じてみましょう。

あまりにパワハラがひどい、会社自体が法律を全然守っていない、周囲の人がどんどん辞めているといったことがあれば、悩む必要もなく転職すべきですが、何か不満があって仕事を辞めたいと思っている感情でもいいし、会社に不信感を持ったことでも、時にはその考えのまま動いてみることも必要なことです。

もしもこれが景気が悪く転職しにくい状態であれば話は別です。多少の不満は我慢することも必要になるでしょう。

ただ、今は景気が良く転職がしやすい時期です。だからこそ転職活動してみて、良い会社が見つかれば転職するとしていれば、間違ったタイミングとはならないでしょう。

見切りをつけて退職、転職する勇気をもとう

見切りをつけて退職できるか、見切りをつけて転職できるかというのは、勇気があるかないかです。

勇気を持てない人は、悩んだまま結局現状維持を選びます。ただ、そのことを後悔してしまう人がまた非常にいます。

どうしても見切りをつけることを決断できないならば、とりあえず転職活動を始めてみるのもありです。もしかしたら良い会社が見つかって考え方が変わるかもしれません。

転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

関連:ホワイト企業に転職したいなら、最低限これだけはやっておこう



このページの先頭へ