もう仕事が限界、やばいと感じたら会社に見切りをつけて退職、転職することも重要

もう仕事が限界、やばいと感じたら会社に見切りをつけて退職、転職することも重要

一つの会社で働いていると、仕事に対する感じ方、周囲の取り巻く環境、会社の状況など非常に様々なことが変わっていきます。

そういった中で新卒で入社してから、定年まで充実した気持ちを持ちながら働くことができれば非常に幸せなことでしょう。

しかし、実際はそういった人は少数派であり、途中で仕事を辞めたくなる人、環境、会社の状況が変わり会社に居続けることができなくなってしまう人はたくさんいます。

そういった中で、自分から会社に見切りをつけて退職し、そして転職するということは非常に大切になってきます。

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

自分で見切りをつけないと悲惨なことになることも

退職するタイミングとしては2通りあって、自分から会社に見切りをつけて退職する場合と、もう退職せざるを得なくなってから退職する場合です。

退職せざるを得ない状態になってしぶしぶ退職するという人もかなりいますが、これは非常にリスクの高いことです。

仕事が嫌で嫌で限界になって辞めることになるのは、精神的に大きなダメージを負うことになるし、一歩間違えば退職する前にうつ病になってしまうリスクがあります。

経営状態の悪化が原因で退職せざるを得なくなった場合、これまでの経験を生かして同じ業種に転職しようとしても、そのタイミングでは他の会社も同様に経営状態が悪化している可能性が高く、全然転職先が見つからないなんてことになりかねません。

転職のしやすさは、かなり時期に左右されるものです。

景気が良い時期であれば、企業は人手不足に陥り有効求人倍率も高く転職しやすい状況になりますが、逆に景気が悪くなると人手超過となって中途採用で人を新たに雇うことはなくなり転職しにくくなります。

この時期による差はかなり大きく、現在の有効求人倍率が1.3倍以上となっているのに対し、リーマンショック時は0.5倍を切っています。

自分から見切りをつけて退職、転職時期を見計らえば有利な時期に転職することが可能ですが、成り行きにまかせてしまうと、最悪な時期に退職せざるを得なくなるかもしれません。

良いタイミング?見切り発車?

とは言っても、見切りをつけるタイミングがわからない、もしかしたら見切り発車なのではないかと考える人もいるかもしれません。

ただ、タイミングというのはあまり深く考える必要はありません。というのも深く考えたところで正確なことなんて誰にもわからないからです。

経営が危なそうだからと転職したものの、転職したら前の会社が業績を回復させたどころか、以前よりもっと良くなったなんてことはありえます。ただこれは見切り発車でもなんでもありません。たまたま危機を脱したからいいものの、下手したら潰れていたということを考えれば、リスクを減らした良い行動であるといえます。

もっと自分の考えていることを信じてみましょう。

あまりにパワハラがひどい、会社自体が法律を全然守っていない、周囲の人がどんどん辞めているといったことがあれば、悩む必要もなく転職すべきですが、何か不満があって仕事を辞めたいと思っている感情でもいいし、会社に不信感を持ったことでも、時にはその考えのまま動いてみることも必要なことです。

もしもこれが景気が悪く転職しにくい状態であれば話は別です。多少の不満は我慢することも必要になるでしょう。

ただ、今は景気が良く転職がしやすい時期です。だからこそ転職活動してみて、良い会社が見つかれば転職するとしていれば、間違ったタイミングとはならないでしょう。

見切りをつけて退職、転職する勇気をもとう

見切りをつけて退職できるか、見切りをつけて転職できるかというのは、勇気があるかないかです。

勇気を持てない人は、悩んだまま結局現状維持を選びます。ただ、そのことを後悔してしまう人がまた非常にいます。

どうしても見切りをつけることを決断できないならば、とりあえず転職活動を始めてみるのもありです。もしかしたら良い会社が見つかって考え方が変わるかもしれません。

転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

関連:ホワイト企業に転職したいなら、最低限これだけはやっておこう


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ