記憶力が悪いと感じたらやってみよう、記憶力を鍛える4つの方法

記憶力が悪い人必見!!記憶力を高める色々な方法。

記憶力が悪いと悩んでおり、記憶力を鍛えたい。そんなことを望んでる人も少なくないはず。

記憶力が鍛えることができ、高めることができれば

  • 勉強が捗る。短時間ですぐ覚えることができ、受験に強い。
  • 仕事が捗る。自分の中に記憶として残っているおかげで、調べ物に費やす時間を減らすことができる。
  • プライベートでも、人の名前を忘れてしまい、気まずくなることがなくなる。

といったように、記憶力は良ければ良いがいいですよね。

さて、その「記憶力」ですが、どのようにしたら鍛えることができるのでしょうか。

今回は、「記憶力」が良い、悪いとはなんなのか。

どうすれば「記憶力」を鍛えることができるのか紹介します。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:論理的思考とは?思考を鍛えるトレーニング方法。

関連:暗記の仕方にはコツがある!誰でもできる暗記方法

スポンサーリンク

記憶力が悪いことに年齢は関係ない!!

なんだか、ものを覚えられなくなった・・・

人の名前が覚えられない・・・

そんな経験ありませんか?

昔に比べると記憶力が悪くなったと思いますよね。

実はそれは、年齢のせいではないのです

最近の実験結果ですが、115歳の女性の脳の機能がほとんど老化していないことがわかり、脳の寿命は肉体の寿命よりも長い120年程度であると考えられるようになりました。

また、いわゆる「ど忘れ」の回数は大人も子供もたいして変わりはないという研究結果もあります。

では、なぜこうもみんなが、年齢が積み重なることで記憶力が悪くなっていると感じるのでしょうか。

これは「気にするか気にしないか」、「時間感覚の違い」等があげられます。

年をとればとるほど、時間がたつのが早いように感じますよね。

これにより大人にとっての「最近」と子供のとっての「最近」が全然違うのです。

すなわち、

子供にとっての1か月前⇒かなり前

大人にとっての1か月前⇒最近

との感覚の違いから、大人は最近のことが覚えられないと感じてしまうのです。

ようするに、記憶力が悪いということを、

年齢のせいだと諦める必要はありません。

そして、記憶力はいつまでも鍛えるとができるのです。

記憶力を鍛える方法

では具体的に記憶力を鍛える方法、向上する方法を紹介していきましょう。

鍛える方法①:食べ物で記憶力を鍛える

食べ物で記憶力を鍛えることができます。

青魚で記憶力を鍛える

有名どころですが、サバ、サンマ、イワシなどの青魚に多く含まれるDHAが記憶力アップにつながることがわかっています。

DHAは脳の中での情報伝達をスムーズにしてくれます。

以下の研究結果は、ラットにDHAを食べさせてY字型迷路で正しく餌にたどり着けるかどうかを試した結果です。

dha10101

DHAの摂取により、正解率が高くなっているのがわかります。

炭水化物で記憶力を鍛える

「ブドウ糖」は脳にとっての唯一のエネルギー源です。

炭水化物は身体の中でブドウ糖に分解される為、

ダイエット等の理由により、制限してしまうと記憶力が悪い原因の一つとなります。

チョコレート、ココアで記憶力を鍛える

チョコレートやココアに含まれる「フラバノール」が記憶力にいいという研究結果があります。

ココアの「フラバノール」で記憶力低下が改善、米研究

また、チョコレートには上記で述べた「ブドウ糖」や、記憶力に効果があるといわれている「デオブロミン」なども含まれている為、効果的です。 

サプリメントでとるなら?

上記で述べたDHAを含めて、記憶力強化につながるといわれているものがあります。

それが、

  • ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12などのビタミンB群
  • カルシウム・マグネシウム、ビタミンC、DHA、EPA、イチョウ葉エキス、アミノ酸、葉酸、卵黄コリン

これらをサプリメントで摂取することも手段の一つです。

音楽で記憶力を鍛える

 「クラシック音楽は記憶力を高める」ということは割りと有名な話です。

なかでも、効果があるといわれているのが「バロック音楽」です。

参照:バロック音楽を聴くと、記憶力が高まる「ゆっくりした曲が記憶力を高める」

「バロック音楽」の中でも1分間に60~64拍程度のテンポの曲が最適です。

バッハの「G線上のアリア」やパッヘルベルの「カノン」等があげられます。

スポンサーリンク

脳トレで記憶力を鍛えることができるのか

ゲームでも有名になった「脳トレ」ですが、記憶力を鍛えることができるかどうか、記憶力アップに本当に効果があるかはわかっていません。

2010年の研究結果に以下のようなものがあります。

BBCの科学番組「Bang Goes The Theory」とケンブリッジ大学のAdrian Owen博士が1万1000人以上を対象におこなったもので、被験者たちを「論理的思考力を鍛える脳トレ系ゲームをするグループ」「短期記憶を鍛える脳トレ系ゲームをするグループ」「脳トレ系ゲームはやらず、ネットサーフィンするグループ」の3つに分類。結果的に、3つのグループの成績には目立った差が見られなかったとした。

この結果から、脳トレには記憶力を鍛える効果はあまりないと考えられます。

一方で、以下の研究結果もあります。

2013年、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のアダム・ガザレイ博士らがNatureに発表した研究では、健康な約70~80歳の被験者16人に、注意力や集中を向上させるように設計された運転ゲームを自宅のノートパソコンで12時間プレイさせた。すると、訓練後には成績がおよそ「50歳」も若返り、マルチタスクの能力や記憶力の向上も確認されたという。

こちらは、脳トレのゲームに限らずあがったという結果になりました。

「脳トレ」のゲームは、記憶力を鍛えるという効果を期待してやるよりも、娯楽の位置づけで実施するのがいいでしょう。

なお、脳科学者・澤口俊之氏は「真の脳トレ」には以下2点が必須である述べています。

1)伸ばすべき脳機能・脳力が明確であること。
2)その脳力がトレーニングによって向上することが科学的に実証されていること。

今回に限れば

1)は記憶力ですね。

2)については、信頼できるソースのもとのトレーニングが見つかりませんでした。

わかり次第、追記しますが、実証はなかなか難しいのかもしれません。

引用:大人の「脳トレ」効果ある? 賛否両論、思考力や記憶力の研究結果は

運動で記憶力を鍛える

運動で記憶力を鍛えることができます。

 脳の中にある物質である一つ「BDNF」

脳神経細胞同士のつながりを増やし、神経細胞同士の信号を強くすることが分かっています。

この「BDNF」は運動によって増やすことができます。

実際の研究結果でも、

運動後のほうが20%も早く単語の記憶ができることが分かっています。

適度な運動が脳を刺激して、記憶力もアップしていくわけです。

もし、あなたが記憶力が悪いと嘆いているなら、それは運動不足が原因かもしれませんよ。

睡眠は重要

記憶力を向上する上で、睡眠は非常に重要です。

しっかりと睡眠をとっていないと常に脳がうまく働かずに集中力は低下、そして記録力は低下してしまいます。

まずはしっかりと睡眠をとることを心がけましょう。

また、朝の起き方も非常に大切になります。

朝、目覚ましで無理やり起きている人もいるかと思いますが、それは人間本来の起き方では無いため、悪影響につながります。

本来は朝日を浴びて自然に起きることがよいと言われています。

その結果、自立神経を平穏に保つことができ、しっかり脳が働き集中力、そして記憶力の向上につながるのです。

現在は質の良い睡眠をとる為の睡眠グッズが色々とあります。

私が使っているのは、たまたまテレビで紹介されていたintiSQUARE という目覚まし時計とYOKONE という枕。

目覚まし時計は日の出を擬似的につくるものなので、自然に起きれるというものです。割とすっきり目覚めれますよ。

枕は本当に大事。私は横向きで寝るし、肩こりや腰痛もひどかったので口コミ等を見て決めました。

後は最近では睡眠の質を向上させるサプリもでているので、気になる方は試してみるといいかもしれません。

まとめ

 色々なところで紹介されている記憶力アップの記憶術は、科学的根拠が全く無いものも多く存在しており、

また、効果がないにも関わらず、高額であったりするので気を付けましょう。

ますは

記憶力は悪くなっていない!

ということをしっかり理解し、

記憶力アップの為に、自分を鍛えていきましょう。

スポンサーリンク

関連:頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:論理的思考とは?思考を鍛えるトレーニング方法。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ