仕事を会社に評価されない!過大評価される人と過小評価される人の違い

仕事を会社に評価されない!過大評価される人と過小評価される人の違い

頑張って仕事しているにも関わらず、会社に評価されないと不満を抱いている人も多いのではないでしょうか。

会社の評価制度は曖昧であり、なかなか正しく評価されることはありません。

過大評価される人もいれば、過小評価される人もいます。

ではどんな人が仕事を評価され、どんな人が評価されないのでしょうか。

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

関連:嫌われる人の特徴や性格。当てはまっていませんか?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

 過大評価される人、過小評価される人の違い

仕事を過大評価される人、過小評価されてしまう人には、仕事の進め方や会社での振る舞いが異なります。

顔が広さ

例え直接仕事では関係しなくても、様々な部分で付き合いを広げている顔が広い人は評価されやすいです。

一方、仕事で関係する人だけにとどまり、関係ない人とはほぼ絡まない人は、評価されないことが多いです。

顔が狭いということは、相手も自分のことを知らないということ。

同じ仕事で成果をあげたとしても、知っている人のほうが印象に残ります。

目立つ仕事をしているか

仕事には目立つ仕事と目立たない仕事があります。

実は目立たない仕事のほうが重要であることが多いのですが、評価される為には目立つ仕事をしなくてはなりません。

チームで仕事をしている時、皆が気づきにくいけれど、やらなくはまずい仕事を黙々と潰す人がいます。

しかし、そういった仕事は目立たない為に評価されず、とにかく目立つ仕事ばかりしている人が評価されてしまう、すなわち過大評価されるということが起きます。

プレゼン、報告の上手い、下手

プレゼンや報告が上手い人ほど過大評価され、下手な人ほど評価されないことが多いです。

実際の仕事ぶりがどうかということは、上の人ほど見ていないし知らないことがほとんど。

ですからプレゼンや報告が全てとなってしまうのです。

たとえたいして仕事ができなくてもプレゼン、報告が上手ければ仕事ができる人間と思われ過大評価され、逆に下手だと仕事ができないと思われ過小評価されてしまうのです。

敵が多い、嫌われている

職場に敵が多かったり、嫌われているとどんなに仕事ができても評価されないことが多いです。

たとえ上司等、実際に評価する人にはそう思われていなくても、悪評は耳に入ってしまいます。

成果をあげればいいと思っている

よく、成果をあげればいいと思っている人がいます。

しかし、そういう人は評価されないことが多いです。

仕事で大切なことは実際に成果をあげることだけではありません。

後輩の指導することや、職場運営を良くしたりすることも大切なことです。

そこを疎かにしてしまうことはNGです。

これは過大評価や過小評価ではなく、自分の評価の認識が間違っていると言えるでしょう。

自信の有無

自信を持つことは、実は評価にもつながっていきます。

自信を持っていると、周囲に安心感を与えます。

逆に自信が無い人は周囲を不安にさせます。

たとえ後者のほうが仕事ができても、評価されるのは前者です。

自分の誤認識

頑張っているのに評価されない。成果をだしているのに評価されない。

実はそれは自分が考えていることだけであって、客観的に見ると実はそうでもないこともあります。

単なる自分の誤認識です。

実は正当な評価であっても、評価されていないと感じてしまっているのです。

やる気が見られない

本当にやる気があるかどうかではなく、やる気があるように見られるか、やる気が無いように見られるかでも評価は変わります。

評価する上司にとってみれば、やる気があるように見えるほうが良いに決まっています。

実際のところはわかりませんが、どう見られるかは大切なのです。

スポンサーリンク

仕事で評価されていないと感じたら

せっかく仕事を頑張って、成果もあげているにも関わらず、評価されずに出世できずに給料もあがらないのではモチベーションも下がります。

仕事で評価されていないと感じたら、自分が周囲からどう見えるかということを意識してみてください。

結局、仕事の評価をするのも機械ではなく人です。

もし評価されていないと不満を感じているのであれば、文句を言うだけでなく評価される為の方法を考えてみましょう。

とは言え、極端にひどい評価をされ、どうしようもない場合もあります。

それは上司がひどい場合、会社自体がひどい場合、同僚の策略など様々な理由があります。

また、一度評価が低くなってしまった為に、挽回不可能という場合もあります。

あまりにひどい状況となってしまった場合には転職して自分を評価してくれる会社に移るということを考えてもいいかもしれません。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ