仕事で大失敗。どう対処し、どう挽回するか。

仕事で大失敗。そんな経験ありませんか?

長い仕事生活で何度もあるのではないでしょうか。

はっきり言って、仕事に失敗はつきものです。

しかし、失敗すると周囲から怒られたり、自分自身が嫌になってしまったりで、ストレスはたまる一方。

ただ、落ち込んでばかりいては何も進みませんから、うまく解決していくことが大事です。

今回仕事での大失敗に対する、対処法を紹介します。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

仕事で失敗。何が起こるかまで理解できていますか。

仕事で失敗した時には何が起きるのでしょうか。

大きなミスを犯した結果、会社全体に多大な不利益を生んでしまうかもしれません。

あなたの仕事が遅れることによって、誰かが挽回の為に動かなくてはならないかもしれません。

対処法を知る前に、ここをしっかり認識しなくてはなりません。

失敗した時にあなた以外の誰かが影響を受けるのです。迷惑をかけることになるでしょう。

あなただけの問題ではないということを認識してください。

そして多くの場合、怒られることになるでしょう。

あなたの評価も落ちてしまうかもしれません。

隠ぺいに走ってしまいたくもなりますよね。

ただ、そういった隠ぺいはいずればれます。そしてそのころにはもっともっと大きな問題になってしまいます。

そうなるとさらに強く怒られますし、評価なんて最悪です。

隠ぺいは避けなくてはならないのです。

仕事で大失敗。どのように対処していくか。

では、具体的に仕事で失敗した時にどのように対処していけばいいのでしょうか。

言い訳せず、まずは謝る

仕事で失敗した時に、ありがちなのが、誰々のせいだとか、思わぬ何かが起きてしまっただとか言い訳をしてしまうこと。

上司であったり、関係者にしてみては失敗は失敗で、最初に言い訳から入ってしまうと印象はよくありません。

もちろん、失敗には色々な理由がありますし、言い訳したくなることもあるでしょうが、まずは謝ることを心がけましょう。

そうすることで、印象はよくなり、その後の挽回する際にも周囲の人々は味方になり、助けてくれるようになります。

失敗した理由を認識する

最初に謝った後に必要なのが失敗した理由です。

なぜ失敗したのかを明確にしなければ、その後の解決策にも結びつきません。

特に、失敗した理由についてはできるだけ客観的な視点をもって把握しなくてはなりません。

この際、人のせいだけにするのはやめましょう。

例えば、部下や後輩が仕事をしなかったなどということはNG。

部下や後輩を管理するのも、あなたの仕事の一部です。

たいてい人のせいだとしても多かれ少なかれ、非はあるはずです。

解決策も準備しておく

失敗した理由を明確にするだけで終わってしまっていてはだめです。

失敗にたいしてどのように動くか、どのように解決していくかも考えておく必要があります。

これがないと、「じゃあ、どうすんだよ」となってしまいます。

失敗を報告するときにはここまでが1セットです。

ただ、どうにもこうにも解決策が見つからないという場合もあります。

そういった時は、色々考えたけど、自分の力では見つけることができなかったということをさりげなくアピールしましょう。

先延ばししない

仕事で失敗した時、報告したくないからとついつい、先延ばしにしてしまうことありますよね。

ただ、それは問題を大きくするだけのこと。

自分の中で抱えてしまうことは精神衛生上もよくありません。

とにかく先延ばしせずに、把握したときにはできるだけ報告し、手をうたなくてはなりません。

誰にでも失敗はあるということを知る

仕事で失敗すると、自分自身のだめさ加減に嫌になってしまい、悲しくなってしまうという人もいます。

ただ、仕事で失敗なんて誰にでもあることなんです。

では優秀な人と優秀ではない人の違いは何か。

それは失敗した後の対応と、同じ失敗を繰り返さないようにすることです。

失敗したことに悩まずに、先を見据えることが大事です。

事後処理で評価をあげる

サラリーマンというのは不思議なもので、

失敗せずに何事もなく仕事を終わらせるよりも、失敗した後の事後評価をうまくこなした場合のほうが評価が高いという状況がよくあります。

本来であれば失敗しないほうがいいに決まっているのですが。

失敗すると、その仕事に注目の目があつまります。

そして、注目された中で失敗を取り返し、うまく終わらせることで、より上位にあなたの仕事ぶりが評価されるのです。

何事も起こさずに終わると、目立たない為、上位の目になかなかとまらないのです。

ようするに、失敗して注目されている時はむしろチャンスなのです。

最後に

仕事で失敗はよくあること。

大事なのは失敗してしまったことよりも、失敗した後のことです。

仕事で失敗してしまったことをくよくよせずに、前を向くことを心がけましょう。

ただ、たまに仕事での失敗を強く追求したり、それだけで評価を下げて出世コースからはじいたりという場合があるのも事実です。

また、損害を失敗した本人におわせたりするような労働基準法に違反している会社があります。

そんな会社にいることはあなたにとってなんのメリットもないので、転職を考えてみるのもいいでしょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は約10万件、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと