転職回数の平均はどれくらい?実は転職している人は多く、していない人は少ない

転職回数の平均はどれくらい?実は転職している人は多く、していない人は少ない

まだ転職したことがない人にとって、転職することは何か特別なことのように感じるもの。

日本では、終身雇用制度という新卒で入社した後、定年まで同じ会社で働き続けるというものがあります。

これによって、転職せずに同じ会社で働き続けるのが当たり前、転職することは特別なことであると考える人が多いです。

しかし、実際は転職する人は非常に多く、何ら特別ではないことを知っていますか?

むしろ転職しない人のほうが少ないのです。

関連:転職回数は多いと不利?一回目の転職は気にしなくていい!

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

スポンサーリンク

転職を経験した人の割合、転職回数の平均

実際に転職する人はどれくらいいるのか、そして何回くらい転職を経験するものなのか。

これから転職する人にとっては気になることだし、転職することが特別ではないことがわかることは心強いもの。

エンジャパンは社会人の転職経験に調査しました。

その結果が以下の通り。

転職回数

引用:en ミドルの転職「退職について」

転職を経験した人の割合

転職を経験した人の割合は全体だと83%、各年齢では以下の通りとなっています。

  • 20代・・・63%
  • 30代・・・80%
  • 40代・・・86%
  • 50代・・・84%
  • 60代・・・82%

この結果からわかるように、転職を経験する人は非常に多いです。

5人に4人以上が一度は転職を経験するのです。

むしろ、生涯で転職をしない人のほうがかなり少数派であると言えます。

まだ働き続けて間もない20代ですら、転職したことがない人は37%。

3人に2人は転職したことがあるのです。

新卒入社後の離職率は大卒でも3割以上、高卒では5割もいることから確かに妥当な数字ではあります。

参考:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

もし、転職することを特別なことであると思っているのであれば、それは誤認識。

当たり前のことなのです。

スポンサーリンク

転職回数の平均

では、転職回数の平均はどうでしょう。

上記のデータで、転職回数5回以上の人を5回とまとめてしまうと、平均転職回数は2.35回。

最初の会社も考えると、3社以上で働くことになっています。

各年齢での平均転職回数は以下の通り。

  • 20代・・・0.97回
  • 30代・・・1.95回
  • 40代・・・2.55回
  • 50代・・・2.57回
  • 60代・・・2.36回

あくまで、転職回数5回以上の人を5回とまとめて計算している為、実際はもっと多いです。

当然、年齢を重ねるほど、転職回数は増えていきます。

最終的には、サラリーマン生活で2,3回の転職を経験する人が多いです。

この結果からも、数回転職することは何ら特別ではないことがわかりますね。

転職を2,3回繰り返すと、転職回数が多いと思いがちかもしれませんが、全体的にみれば真ん中くらい。

多いなんてことはないんです。

転職することは当たり前、悩む必要はない

確かに、日本は海外に比べて転職回数は少ないです。

アメリカなんかだと平均転職回数は6回なんていうデータもあります。

確かに、海外の会社と仕事をしていると、ころころ人が変わります。

それに比べると、日本では転職することが普通のことではないかもしれません。

ただ、上記の結果からみても、転職することは当然のことであり、何ら特別なこととは言えないでしょう。

むしろ一度も転職を経験したことがない人のほうが少ないのですから、その実態を考えると、なぜ未だにそのような考え方にあるのか、不思議なものです。

もし転職したいと考えているにも関わらず、普通の人とは違うことはやりにくい、周囲にどう思われるかと気にしてしまっているのであれば、その考えは捨てましょう。

転職は自分の会社生活をよりよくする為に行うもの。それがおかしいなんてことはないのです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:転職すべきか、転職しないほうがいいか迷った時に確認しておきたいこと

関連:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ