退職挨拶で気を付けたいマナー。スピーチ・メール・挨拶回り

退職挨拶で気を付けたいマナー。スピーチ・メール・挨拶回り

退職をする際、色々な人に色々な場面で挨拶することになります。

どうせもう退職だし会うこともないからと、適当にやり過ごすのではなく、しっかりマナーに気を付け、すっきりした状態で退職したいものです。

そこで、今回は退職時の挨拶でのマナーについて、スピーチ、メール、挨拶回りの場合について紹介していきます。

関連:仕事を辞める時期はいつがいい?会社や転職、お金のことなど

関連:パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

関連:退職時に受け取る源泉徴収票は要保管。確定申告、転職時の提出に必要

スポンサーリンク

退職挨拶のマナー、スピーチの場合

退職日の当日、朝礼や昼礼、夕礼の場面で、その職場で挨拶することになることが多いです。

挨拶の流れは、

  • 退職報告
  • 思い出話、感謝の言葉
  • 今後の抱負
  • 締めの言葉

という流れが一般的です。

スピーチの時間は1,2分程度に抑えましょう。

退職報告

最初に述べるのは、退職することの報告です。

特にひねる必要もなく「本日付で退職することになりました○○です。」、「○月○日付けで退職することになり、本日が最終出社日となります○○です。」など、簡単なもので良いです。

退職理由が結婚や出産、会社から指示された転籍であれば、冒頭に「○○の為」など、退職理由をつけても言いですが、転職や家庭の事情といった場合には退職理由には触れず、言うとしても退職「一身上の都合」とするのが良いでしょう。

思い出話、感謝の言葉

思い出話は無くてもよいですが、思い出話を交えながら感謝の言葉を述べるとより良いです。

長すぎるのはNGですが、その職場で経験し一番印象に残った仕事、そして指導、協力してくれた上司や同僚に対し感謝を述べましょう。

この時、ネガティブな言葉は避けてください。少なくとも良い印象はいだきません。

会社に対して不満がある場合でも、無難に終わらせるようにしましょう。

今後の抱負話の流れとして、今後の抱負を入れるのが一般的です。

結婚であれば家庭を守る、定年退職であれば趣味を楽しむといった内容が良いでしょう。

ただ、転職等の場合には、今後のことについて触れないのが良いので、飛ばしてしまって構いません。

「これまでの経験を糧に」など言ってしまうと、会社は育てる為に給料を払っていたのではない!という考えを持つ人もいる為です。

締めの言葉

思い出話などで、職場の雰囲気にあわせて笑いを交えるのもありですが、最後はきっちり締めましょう。

「最後になりますが、皆様の益々のご活躍を心よりお祈り致しております。本当にありがとうございました。」といった具合です。

スポンサーリンク

退職挨拶のマナー、メールの場合

メールで退職お挨拶をすることも一般的になりました。

親しい関係の人は直接会う必要がありますが、全員に会って伝えることは難しいですから、メールで済ませることも失礼にはあたりません。

直接会って挨拶した人も含めて、最終出社日に送るようにしましょう。

メールは社内向け、社外向けで分ける必要があります。

注意点

社内向け、社外向け問わず、宛先はBCCとし、送付先がわからないようにしてください。

メールの内容は、スピーチと同様、退職の報告、感謝の言葉、今後の抱負、締めの言葉で良いですが、

一言メールで挨拶となる点について述べる必要があります。

具体的な文面は以下を参考にしてください。

社内向けメールの例

【件名】退職のご挨拶

【本文】

各位

○○部○○課○○です。

この度、一身上の都合により○月○日をもって退職することになり、本日が最終出社日となりました。

本来であれば、直接ご挨拶すべきところですが、メールでのご挨拶にて失礼致します。

○○年という短い期間ではありましたが、多くの方々にご指導、ご鞭撻いただき、多くのことを学ばせて頂いたことに、心より感謝申し上げます。

最後になりますが、皆様の益々のご活躍を心よりお祈り致しております。

本当にありがとうございました。

社外向けメールの例

【件名】退職のご挨拶

【本文】

○○会社○○様

○○会社○○部○○課○○です。

この度、一身上の都合により○月○日をもって○○会社を退職することになり、本日が最終出社日となりました。

本来であれば、直接ご挨拶すべきところですが、メールでのご挨拶にて失礼致します。

○○様には、様々な面でご協力頂き、心より感謝申し上げます。

私が担当しておりました○○の業務は、今後○○が担当させて頂くことになり、後日ご挨拶させて頂きますので、今後ともよろしくお願い致します。

最後になりますが、○○様の益々のご活躍を心よりお祈り致しております。

本当にありがとうございました。

退職挨拶のマナー、挨拶回り

退職時、親しい人、関係が深かった人には出来るだけ直接挨拶することが望ましいです。

その場合の注意点を紹介します。

ネガティブな発言は避ける

直接会って話すのですから、多少ざっくばらんに話して問題ありません。

ただ、相手は今後もその会社で働く人であるということを認識し、不平不満を言ったりするのは避けましょう

お菓子があると望ましい

退職の際、親しい人にお菓子を配るのが一般的です。

もちろん絶対ではありませんが、ないよりはあるほうがベストでしょう。

お菓子は、100円程度の小分けになったものを選びましょう。ただ、人数が多い場合には、自分の予算に合わせて選んでも構いません。

また、少し多めに買っておくようにしたほうが良いです。

配っていると、当初の予定よりも多くの人に渡すことになることが多いです。

挨拶は3日前程度から

最終出社日当日だけでは、中々会えなかったりしますし、一人ひとりの挨拶すると想像以上に時間がかかるので、3日前から挨拶回りを始めるといいでしょう。

不在の場合にはメモを添える

挨拶に伺った際に不在で、どうしても会えなかった場合には、感謝の言葉をメモに残し、お菓子を添えて置いておきましょう。

最後はすっきりと

退職する理由によっては、円満退職なんてする必要ない、マナーなんて守らなくてもいいと思ってしまうかもしれませんが、

最後はマナーを守ってすっきり辞めるほうが絶対に良いです。

ただ、あまり考えすぎる必要もありません。

正直、退職が近づくと挨拶回りなどが面倒で嫌になってきますが、終わってしまえばなんてことはないものです。

転職先が決まっていない人はこれから転職活動が待っています。少しくらい休むのはいいですが、転職サイトや転職エージェントへの登録といった準備だけは先に進めておきましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

関連:一身上の都合により退職、この退職理由はどんな時に使っていい?

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ