50歳代の平均年収や平均貯金額、今後に向けてどうする?

50歳代の平均年収や平均貯金額、今後に向けてどうする?

50歳代となると、いよいよ定年退職、老後の生活も頭をよぎる頃。

老後にそなえて貯金も必要ですよね。

そこで今回は50歳代の平均年収や年収分布、平均貯金額をまとめてみました。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:社内ニート、窓際族、社内失業。仕事がない状態から脱出するには?

関連:40歳代の平均年収、平均貯金額、結婚、趣味について

スポンサーリンク

50歳代の平均年収や年収分布、就業率など

50歳代の平均年収や年収分布、就業率は以下の通りとなっています。

50歳代の平均年収(平成27年度)

50歳代の平均年収を見ていきましょう。

国税庁「民間給与実態統計調査」(平成27年度)によれば、

50代前半(50歳~54歳)の平均年収は、509万円となっています。

男女別では、

  • 男性:670万円
  • 女性:296万円

50代後半(55歳~59歳)の平均年収は、491万円となっています。

男女別では

  • 男性:652万円
  • 女性:278万円

となっています。

50歳代の平均年収の特徴は、

男女の差が大きい。

全年齢では50代前半が最も平均年収が高い。

50代後半では年収が下がる。

この2点があげられます。

男女差は、やはり男性のほうが勤続年数が長く、出世している人も男性が多いことが要因とあげられます。

50代後半で年収が下がるのは、55歳で役職定年を迎え、年収が下がる会社が多いことが要因としてあげられます。

50歳代の平均年収(平成26年度)

50歳代の平均年収について、平成26年度分も載せてきます。

国税庁「民間給与実態統計調査」(平成26年度)によれば、

50代前半(50歳~54歳)の平均年収は、496万円となっています。

男女別では、

  • 男性:656万円
  • 女性:291万円

50代後半(55歳~59歳)の平均年収は、480万円となっています。

男女別では

  • 男性:632万円
  • 女性:270万円

となっています。

50歳代の年収分布

次に50歳代の年収分布を紹介します。

転職サイトDODAの調査結果によると、

  • 300万円未満:4%
  • 300~400万円未満:9%
  • 400~500万円未満:12%
  • 500~600万円未満:12%
  • 600~700万円未満:13%
  • 700~800万円未満:12%
  • 800~900万円未満:10%
  • 900~1000万円未満:7%
  • 1000万円以上:21%

なんと、年収1000万円以上もらっている人が5人に1人もいて最も多いという結果になっています。

格差が最も大きい年代ですね。

このデータでは年収1000万円以上は21%とひとくくりにされていますが、年収1000万円を大きく超えた人も多そうです。

年収600万円以上だと、データからわかるように、年収が増えるほど割合は減っていっていますから年収1000万円以降でもそうなることが推定できます。

年収1000万円:5%、年収1100万円:4%、年収1200万円::3%といった感じになると考えることができますが、その合計が21%になるわけですから、年収2000万円以上の人もそれなりにいそうですね。

なお、この調査はホワイトカラー系職種の人のみが対象となる為、国税庁の調べた調査結果に比べるとかなり高い数字になっています。

50歳代の就業率

50歳代の就業率は以下の通りとなります。

n4102030

出典:総務省 労働力調査

50代前半では男性の就業率は92.1%、女性の就業率は72.5%

50代後半では男性の就業率は89.5%、女性の就業率は64.4%

男性の就業率は30代後半~40代前半をピークに年齢が増えるほどに下がっていきますが、50代後半(55歳~59歳)で、下がり幅が増えています。

早期退職などが理由であると考えていいでしょう。

女性も大幅に50代後半で大幅に減っています。

スポンサーリンク

50歳代の平均貯金額

定年退職後の老後の生活費の為に、それなりに貯金が必要となります。

50歳を超えてくるとかなり意識しなくてはならないころでしょう。

では50歳の平均貯金額はいくらくらいなのでしょうか。

家計の金融行動に関する世論調査によれば、

50歳代の平均貯金額は単身世帯が1870万円、2人以上の世帯で1524万円となっています。

老後のことを考えて、かなり貯金していますね・・・と考えそうですが、実はこれは多くの人が高いと感じてしまう数字。

50歳代には、先ほど述べたように平均年収の差が大きく貯金額にも大きな差がついてきます。

一部の人達がかなりの貯金をもっている為、平均貯金額を引き上げてしまっているのです。

ですので、中央値のほうがしっくりくるはずでしょう。

貯金額の中央値は、単身世帯で、930万円2人以上の世帯で、900万円となっています。

老後のことを考えてある程度貯金をしていくという意識を持つことは必要です。固定費を見直すなど、少しでも貯金ができるような体制を整えていきましょう。

固定費節約の為にまずは保険から

スポンサーリンク

50歳代の生き方、変えることはできる?

平均年収や平均貯金額を紹介してきましたが、あなたはどの位置にいましたか?

低いからといって転職する、出世を目指すといった形を簡単に選べた20代や30代と違い、50歳を超えるとなかなか難しくなってきます。

では今のまま行くしかないかというとそうではありません。

中高年の転職はかなり厳しい、不可能だとか言われていましたが、好景気のおかげで昔よりは転職が可能になっています。

変えたいと思っているのであればチャンスする価値はまだあります。

今は人手不足から転職サイトに載っている求人も以前より増えていて、選択肢も広がっていますし、登録すると来るオファーの数も増えている為、好条件で転職しやすい状況です。

従来よりも倍率が低く、転職したいという人にとって、絶好のタイミングであると言えます。

転職サイトは、多くの情報を得ることが出来るので、転職だけでなく会社生活にも役立ちます。

無料で簡単に使え、かつ得られるものは多いですから使わないのは損です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングでエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多く、スカウトが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強みや市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

転職の方向性が決まったら、リクルートエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。

また、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習などを行ってくれます。

リクナビNEXT 同様、リクルートが運営しており、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:リストラされて再就職しなくてはいけなくなった時にすべきこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ