26歳で転職する場合の注意点。未経験職種、経験者採用どちらも可能!

26歳で転職する場合の注意点。未経験職種、経験者採用どちらも可能!

20代後半に差し掛かった26歳という年齢。

社会人として仕事をしていくことにも慣れると同時に、仕事について考えることが増える年齢であると思います。

大卒の人であれば、とりあえずの3年が過ぎたということをきっかけに転職を考える人もいるでしょう。

そこで、今回は26歳での転職について紹介していきます。

26歳の転職市場における位置づけ

26歳という、20代後半に差し掛かった年齢。転職市場ではどのように見られるでしょうか。

経験は十分、もしくは少し足りないくらい

高卒であれば8年、大卒であれば4年の社会人経験がるわけですが、基本的には経験が十分と見られます。

ただ、大卒の場合は会社によっては少し足りないと思われてしまう場合もあります。

経験年数3年以上と書いてあっても、もう少し経験年数が欲しいと考えている企業も中にはあるのです。

年齢面でのデメリットなし

26歳での転職で年齢面によるデメリットはほとんどないでしょう。

企業にとっても経験があって、年齢の低い人材というのは非常にありがたい存在です。

もし同レベルの能力を持った人材で26歳の人と30歳の人がいたら、前者をとる企業がほとんどです。

第二新卒としての転職はできない

26歳だと、第二新卒としての転職はできません。

その為、第二新卒限定と書いている求人に応募することができません。

第二新卒は入社3年目以内が対象であり、大卒で24歳くらいまでとなっています。

異業種、未経験職種への転職、経験者採用ともに可能

3年以上の経験を有している為、経験者採用への応募が可能ですし、年齢が低い分、異業種や未経験職種への転職も可能となります。

異業種や未経験職種への転職の場合、年齢はよりいっそう重視される傾向にあり、社会人をある程度経験した人の中でもかなり若い層となる26歳は非常に有利な年齢であると言えます。

26歳で異業種、未経験職種に転職する場合の注意点

経験者採用も未経験の職種への転職も可能となる26歳。

それぞれの転職時にいくつか注意しておくべき点があります。

まずは異業種、未経験職種に転職する場合の注意点を紹介します。

職種を変えるのは一度きりという覚悟を

新卒での就職時に就職活動が上手く行かなかったり、希望通りの配属先に行けなかったなど、自分のやりたい仕事にはつけなかったという人は多いです。

その為、職種を変えることに問題はありません。

ただ、それは職種を変えるのは1度だけという覚悟を持って転職するようにしてください。

もし2回目の転職でも職種を変えようとした場合、「キャリアに一貫性がない」、「辞め癖がある」、「飽きっぽい」といったことを思われ、不利になってしまうことが多いです。

異業種、未経験職種であってもこれまでの実績は大切

異業種、未経験の職種に転職する場合であっても、これまでの実績は非常に大切です。

関係ないスキルであったとしても、仕事の進め方はどんな仕事であっても共通点があり、アピールポイントとなります。

関係ないからと、自分のポテンシャルのみをアピールしても企業を納得させることはできないし、信用も得られません。

企業研究、自己分析は入念に

職種を変える時は、特に企業研究や自己分析を入念に行ってください。

これまで経験したことがないところに行く以上、その業界や職種についてよく知っておかなくては行けないのは当然のことです。

また、自分のことについてもよく知ってください。

転職して働いてみたらやっぱり違ったなんてことがないように注意しなくてはなりませn。

26歳で経験者採用で転職する場合の注意点

では次に経験者採用で転職する場合の注意点を紹介していきます。

経験と実績をアピール

まず何より大切なのが経験と実績。

経験者採用を行う企業が求めているのは即戦力として働いてくれることです。

だからこそ、これまでの経験、そして築き上げた実績をもとにアピールしていく必要があります。

こんな経験があればうちの会社でもすぐ活躍してくれるだろう、こんな実績を残しているなら能力が高いに違いない。

そう思われることが大切です。

若さと熱意をアピール

経験や実績だけを切り取れば、もっと年齢が高く経験年数が高い人からは劣ってしまいます。

だからこそ、26歳で転職しようと思ったら、若さと熱意も大切な要素となります。

多少能力、実績が劣っていても、今後の伸びしろ、仕事へのモチベーション面で優っていれば、十分に逆転可能なのです。

年収アップも十分可能、妥協はだめ

26歳は非常に転職しやすい年齢。年収アップも十分可能です。

だからこそ、その転職を妥協した状態で終わらせてはいけません。

この転職を妥協で終わらせていまい後悔してしまっても、また転職すればいいというわけではありません。

転職は回数を重ねるほど、年齢が高くなるほどしにくくなります。

ですから、転職するにあたり、自分が満足できる転職をすることが大切です。

仕事について理解が深まる年齢だからこそ考え始めよう

それなりに社会人経験が増え、仕事への理解が深まり、その結果色々なことが目に付くようになっていきます。

その目についたものをどう捉えるかはあなた次第。

ただ、単純に目をそらし選択肢を狭めるのだけは止めましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ