20代後半女性の転職時の注意点。働き方や結婚、出産のタイミングはよく考えよう。

20代後半女性の転職時の注意点。働き方や結婚、出産のタイミングはよく考えよう。

20代後半は女性にとって何かと変化があることが多い年代と言えるでしょう。

一定の社会生活を送ってきた上でのキャリアアップや職種転換を考えることが増えたり、私生活では結婚などによるライフスタイルの変化もあります。

仕事の考え方の変化、ライフスタイルの変化どちらであれ、転職することを考える人も少なくはないでしょう。

そこで今回は20代後半の女性の転職について紹介していきます。

関連:仕事を辞めたい女性は絶対に転職するべき!転職で良かったと感じた人はこんなに多い!

関連:女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

20代後半の転職は有利?不利?

基本的には20代後半というと転職には有利である年齢です。

ある程度の経験を積んでいると同時にまだまだ今後の成長の見込める人材ということで、他の年齢に比べると有利に転職を進めることがと言えるでしょう。

しかしながら、男性と女性で印象が変わってしまうという側面もあります。

本来は男女という性別による差はつけてはいけないものであり、どの企業でも男性しか採用なんてことは言っていません。

しかし実情は様々な理由から本音では男性しか採用する気がないという企業があるのも事実です。

企業の本音

では実際、企業は20代後半の女性についてどのような印象をもっているのでしょうか。

女性を積極的に採用していきたい

企業によってはあえて女性を採用したいと考えている企業は少なくありません。

国としてももっと女性が働きやすい社会にと、ポジティブ・アクション能力アップ助成金というものを設けていますし、大企業中心にダイバーシティ推進に力を入れている企業もかなりあります。

その為、女性であることが有利に働くことがしばしばあります。

結婚してすぐ辞めるなんてことはないかな

ここからは、企業が20代後半の女性に抱くネガティブなイメージです。

まず一つ目が、採用しても結婚してすぐ辞めるんではないかという不安です。

採用するにしてもお金がかかることであり、どうせ採用するならばできるだけ長く働くことができる人を企業は望みます。

男性の場合はプライベートの変化が原因で退職する人は少ないのですが、女性、それも20代後半の女性は結婚等を理由に退職してしまうパターンが多いので、企業にとっては不安な要素になってしまいます。

採用してもすぐに育児休暇取られたら困る

退職しないとしても採用してすぐに出産となってしまって産休や育児休暇をとる可能性があるというのも企業にとってはあまり喜ばしくないことです。

人手が足りないのにすぐに働けなくなり休暇をとられてしまうと、新たに人を雇うに雇えず、特に中小企業にとってはかなりの痛手になってしまいます。

ばりばり働きたいって言っても子供どうするの?

出産に関する休暇が終わっても企業の不安は続きます。

保育園等に預けて働くにしても、残業ができなくなってしまったり、休みをとる頻度も高くなってしまい、想定していた働き方をしてもらえない可能性があります。

採用時は熱意があってばりばり働きたいと言っていても近い将来どうなるかわからないという面にどうしても採用が消極的になってしまうのです。

ネガティブな面もあるが、企業の不安を解消すれば転職はできる

ここまで、20代後半女性の転職に関して、企業の本音としてネガティブな面が多いことを中心に紹介にしてきました。

しかし転職できないことはありません。

それどころかむしろ年齢面でのメリットが多く、今回紹介した内容に関して理解がある会社であり、それらの企業にとってのリスクをないものだと思わせるようなアピールができれば採用される可能性なんて山ほどあります。

だからこそ、女性の働き方に関して理解のある企業選び、そして自分の転職活動のやり方には十分に力をいれていく必要があります。

20代女性で転職した人のうち、転職して良かったと感じている人はなんとおよそ8割にのぼります。

それほど転職にはメリットがあるものですから、あとはやり方次第です。

20代後半女性の転職活動での準備

では、ここからは具体的に20代後半女性が転職活動する際に準備しておく必要があるものを紹介します。

結婚や出産などの人生設計

どれくらいで結婚するつもりか、もしくはしたいと考えているのか、出産はいつくらいにしたいと考えているかはある程度考えておき、もし予定があまりにも直近である場合は転職するかどうかを良く考えたほうがいいです。

結婚しても特に何も変わらず働き続けることができるのであればいいのですが、結婚することで結局会社を辞めなくてはならないのではせっかく転職した意味がありませんし、出産だと転職した後で希望通りに休暇を取りたいと言いにくかったり、取った場合でも周囲から冷たい目で見られるなんてこともあります。

ただ、会社によっては理解がある場合もあり、必ずしも転職は辞めたほうがいいわけではありません。

女性の場合、採用において結婚や出産の予定があるのかどうかを聞かれることもしばしばあります。

その際に正直に答えても採用してくれる会社であれば、理解があって非常に働きやすい環境である可能性が高いです。

会社の福利厚生制度のチェック

会社の福利厚生面およびその実態は特に良くチェックしましょう。

女性にとって働きやすい環境かどうかは、会社によって本当に違います。

名目上は制度があっても取りにくい会社もある為、特に会社選びには注意しなくてはなりません。

もしも直近で結婚や出産等がなくても、いずれはそうなる可能性があり、そうなった場合にもしあまり制度が整っていない会社だとまた転職せざるを得なくなります。

せっかく転職するのですから長く働ける会社を意識し、徹底的にその会社について調べることが必要です。

転職はプロの力も借りて行おう

現在は様々な転職のサポートを無料で受けることができますから、使わない手はありません。

特に女性の場合は福利厚生面の実態も重要になるのでよりいっそう会社選びには力をいれなくてはなりませんし、採用試験をクリアする為にも高い質の履歴書、そして面接でのアピールを行っていく必要があります。

これらを自分だけの力でなんとかしようとしてはいけません。

転職活動では、転職サイトはもちろんのこと、転職エージェントも有効活用することが大切になります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:結婚、出産を機に転職する理由や転職する場合の注意点

関連:働きやすい会社、働きやすい職場とはどういうところ?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ