仕事しながら転職活動するのが辛い、しんどいと感じた時のストレスを少なくするには?

転職願望があっても、実際に転職活動を始めてみると「働きながらの転職は辛い、難しい」と感じる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は在職中に転職活動をする際に、極力ストレスを減らすためのポイントを紹介していきます。

関連記事

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

在職中に転職活動をするのは辛い

仕事しながら転職活動するのは辛い

在職中に転職活動をすることは、無職期間発生のリスク回避のルートがあり賢明な判断だといえます。

転職活動が思うように進まなくても現職を続ける選択肢が残っていますし、収入が途絶えることも無いので、焦りによる判断ミスも防ぐことができます。

ただ、朝から晩まで仕事をしている中で、帰宅後や休日の時間を割いて転職活動をするというのはやはり大変なことです。

転職活動に割ける時間が少ない

転職活動に割く時間が少ないと、求人選びに集中できず、良い求人が見つかっても履歴書を書く時間を作れない場合もあります。

思うように転職活動を進められないと「こんなペースでいつ転職できるのだろう?」とゴールが見えなくなってしまう人もいるでしょう。

しかし、限られた時間だからこそ目的を見失わずに行動することが大切です。

焦らず行動し少ない時間でもコツコツ準備を進めていきましょう。

プライベートの時間がなくなり、ストレスが溜まる

在職中の転職活動はプライベートの時間を割く必要があることは覚悟が必要です。

仕事の疲れをとる時間を犠牲にすることで、普段の仕事に対するストレスも溜まりやすくなります。

特に残業が多い人はただでさえプライベートの時間が少ないのにさらに削られるのは辛いことです。

面接のスケジュール調整が難しい

在職中に転職活動をする最大の難点は、面接が平日に行われる企業が多いことです。

その中で転職検討先企業との面接日の交渉も行わなくてはならないのです。

面接のために有給や半休を取ることや、休むために日ごろから仕事の調整をしなければならないでしょう。

中には、せっかく書類選考を通過したのにも関わらず、仕事が休めなくて途中で辞退せざるを得ない人もいます。

おすすめの2サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビAGENT
利用者満足度No.1
若手社会人から強い支持
営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

※リクルートエージェント・マイナビのプロモーションを含みます。

転職活動は、在職中か退職後どちらにすべき?

在職中の転職活動は大変ですが、その分メリットもあります。

在職中と退職後の転職活動のメリットを比較して、自分にはどちらが合っているか考えていきましょう。

基本的には在職中に進めるべき

在職中に転職活動をする一番のメリットは、継続的に収入を得られるので金銭面・精神面で余裕を持って転職活動に専念できることです。

金銭面の余裕があることで、「お金がない、中々転職先が決まらない」と焦り妥協して転職先を決めてしまうリスクを避ける事ができるのです。

その他にも、ブランク期間が発生しないので企業側から「離職しやすい人」といったマイナス印象を持たれる可能性も低くなります。

このように、空白期間を作らないことで企業からの印象も大きく変わるので、基本的には在職中に転職活動を進めることをおすすめします。

退職後に進めても良い場合もある

もちろん会社を辞めてから転職活動をすることが必ずしも悪いとは限りません。

特に、下記に当てはまる人は退職後の転職が良い場合もあります。

  • 精神的に限界で仕事を続けることができない
  • 有給休暇がまともに取れる環境ではない
  • 残業が多くて転職活動をする時間が一切ない

特に、精神的に限界を感じていて日常生活に支障が出ている状態ならば、転職先が決まるまで勤め続けるのは危険です。

在職中に限界を突破して体調を崩してしまったら、それこそ転職活動どころではなくなってしまいます。

しかし、これらに該当しないなら、転職活動は在職中にすることを基本としてください。

在職中の転職に困難を感じていても、必ず乗り越える方法はあるので一緒に確認していきましょう。

やはり在職中に転職する人は多い

総合求人・転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン株式会社のユーザーアンケートによると、「エン転職」のユーザーのうち86%が在職中に転職活動を行うと回答しています。

転職を検討する方のほとんどが在籍中に行動していることがわかります。

ただ、在職中の業務と転職活動の両立はストレスが溜まりやすく、思うように進められないこともあるのが現実です。

次は、在職中に転職活動をする際のストレスを減らす方法を確認していきましょう。

在職中の転職活動でストレスを減らす3つの方法

在職中の転職活動でストレスを減らす3つの方法

では、在職中の転職活動で極力ストレスを少なくするにはどうすればいいでしょうか。

ここでは、転職活動中に実践してほしい3つのポイントを紹介していきます。

1.転職活動が辛いと思ったら一度休む

在職中に転職活動をしているからこそ「次の仕事を早く見つけなくてはいけない」と焦る必要はありません。

ゆっくりじっくり考えて、自分が納得いく結論を出してください。

また、辛いと感じたら一度休んでリフレッシュすることが大切です。

辛いと感じるときは、冷静な判断をしにくくなりミスマッチを起こす可能性も高くなります。

1日だけでも転職活動から離れる、好きなことをしてリラックスするなど、行き詰まった状態を緩めてみましょう。

2.応募社数を減らす

多くの会社に応募すると、その分準備にかかる手間や時間はどんどん増えていきます。

そのため、一度に10社以上応募するなどの無茶はせず、事前にある程度絞っておくことが大切です。

また、新卒の就活では数打てば当たることもあったかと思いますが、在職中の転職は訳が違います。

自分の条件と企業の条件をしっかり照らし合わせて、マッチしている企業に応募することが重要です。

応募社数に制限はありませんが、本当に転職したい会社に絞ることで準備にかかるストレスを軽減することができるでしょう。

3.転職エージェントの力を借りて転職活動を進める

転職活動を一人で進める場合、履歴書などの準備をはじめ面接の日程調整など手間のかかることも自分でやらなければなりません。

在職中の仕事と転職活動の両立は、時間がないだけでなくすべて自分でやらなければならない点もストレスにつながります。

そのため、転職のプロである転職エージェントの力を借りて、一緒に転職活動を進めていくことをおすすめします。

彼らは、日程調整などをスケジュール管理を行ってくれるので、仕事と転職活動の両立もしやすくなるメリットがあります。

その他にも、あなたの希望条件に合った企業を厳選して紹介してくれる、面接練習の実施や年収交渉などもしてくれるなど、あなたの負担を減らすサポートを提供してくれます。

面倒なことは自分ではやらなくても良い時代、任せられるものはプロに任せてしまいましょう。

在職中の転職活動をする上での注意点

在職中に転職活動を進めるのは精神的にも体力的にも大変なことです。

なかなか選考に通らないと、めげてしまう日もあるでしょう。

しかし、在職中に進めるからこそメリットがあるのも事実です。

転職エージェントの力を借りながら進めればきっと乗り越えられる日がきます。

とはいえ、転職活動をする際はいくつか注意したいことがあります。

在職中だからこそ気をつけたい点を紹介するので、意識して取り組んでみてください。

目標の時期を決めておく

在職中の転職活動は、企業選びや応募までの準備期間に時間を取られます。

多くの求人を見るほど、どこにしような悩むこともあるでしょう。

転職検討先企業の絞り込みに時間がかかってしまう人は、自分の譲れない条件を優先するなど企業の選び方の工夫をしてみてください。

また、転職活動は時間をかければ良いものではなく、何社も受けて落ち続ければ時間とお金のロスにもつながります。

そのため、いつまでに転職する! などのように転職活動を終わらせる目標の時期を決めることをおすすめします。

期限を設けることで、逆算して今するべきことを見極め行動することができるでしょう。

在職先への配慮は忘れずに

たとえ転職先を決めることができたとしても、現状の業務で手を抜くようなことは避けてください。

職場の人に迷惑がかかるほか、退職する際に「仕事ができないから辞める」などのネガティブな印象を与えることも考えられます。

転職活動中だと周囲にバレないためにも、普段の業務は周囲に迷惑をかけない程度にこなすことが必要です。

また、辞めるタイミングは繁忙期を避けることも忘れてはいけません。

通常業務のタイミングの方が上司も話を聞く時間を取りやすく、引き留められる可能性も下げることができます。

これらの配慮をしておくことで辞める際のトラブル回避にもなるでしょう。

自己分析をして、応募先に合わせたアプローチを心がけよう

転職先を選ぶ際は、自己分析や企業研究をしっかり行ってください。

転職先に自分を売り込むためには、その企業にどれだけ自分が貢献できるかをアピールすることが大事です。

面接に進むためには人事が気になるような履歴書作成がポイントとなり、面接でしっかり自己アピールできれば選考通過の可能性も出てきます。

そのため自己分析や企業研究に力を入れて、自分の強みを知り転職先がどんな企業なのかを知ることが重要なのです。

ただ、在職中だとなかなか転職活動に時間を割けない人もいるでしょう。

そのため、転職エージェントの力を借りてあなたのアピールポイントなどを考えてもらい、あなたにぴったりの企業を紹介してもらうことをおすすめします。

転職エージェントを活用してスムーズに在職中の転職を進めよう

在職中に転職活動をする際は、現状の仕事との両立が辛くてストレスを感じる人もいるでしょう。

転職エージェントに相談しながら進めれば、在職中に手が回りにくい部分もサポートしてもらうことができます。

例えば、履歴書などの書類の添削や面接・入退社日のスケジュール調整などが挙げられます。

そのほか、面接練習などあなたが不安を感じる部分を中心にさまざまなアドバイスをもらえることが特徴です。

面談を通してあなたにマッチする企業を紹介してくれるので、1人で転職活動をするよりも自分に合う企業を見つけやすく、選考通過率も上げることにつながるでしょう。

転職エージェントは登録や利用に一切料金がかからないので、在職中の転職を成功に導くためにも、この機会に登録して相談してみることをおすすめします。