夜勤手当とは?深夜勤務手当との違いや支給時期、支給金額、注意点

深夜の時間帯に働くと支給される夜勤手当ですが、これは必ずしも支給されるというわけではありませんし、金額も会社によってばらばらのものです。

本記事では、この夜勤手当について、概要や支給金額などを紹介していきます。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

夜勤手当とは?深夜勤務手当とどう違う?

看護師や介護士、工場勤務など深夜の時間帯に働く仕事というのはたくさんありますが、そういった仕事で深夜の時間帯に働くと、「夜勤手当」という名目で幾分かの手当がつく場合があります。

この夜勤手当とは何なのでしょうか。

夜勤手当の特徴

夜勤手当は深夜という時間帯に働いた場合に支払われる各企業が独自に設けている手当のことです。

深夜というきつく負担の大きい時間帯に働いた人へのねぎらいとして支給されます。

ただ法律上で支給することが義務付けられているものではなく、〇円以上支給しなければならないということもなければ、全く支給しないという場合もあります。

常時夜勤の仕事や工場などで深夜に働く場合はないケースの方が多いです。

深夜勤務手当との違い

夜勤手当と似たものに、「深夜勤務賃金」というものがあります。

この深夜勤務割増は法律上定められた割増賃金です。

労働基準法第37条4項

使用者が、午後十時から午前五時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の二割五分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

夜勤手当は1回につき〇円という形で支給されますが、深夜割増賃金は夜間22時から5時までの時間帯で働いた時間分、その人の時間給が25%以上割増されて支給されます。

たとえば時間給が1,500円だとするとこの時間帯では1,875円になるということです。

この時間給で日中に7時間働いた場合だと日給は10,500円となりますが、この時間帯で7時間働くと日給は13,125円。2,625円多く貰えるわけです。

この深夜割増賃金は残業代がつかない管理職、裁量労働制で働く人にも適用されるものです。

参考:厚生労働省「法定労働時間と割増賃金

夜勤手当の支給金額、いくらくらい貰えるもの?

先ほども述べたように夜勤手当というのは法律で定めらているものではなく、支給しない会社もあれば、支給される場合も金額はまちまちです。

支給される場合はおおむね1回につき2,000円から6,000円の場合が多いようですが、1,000円しか貰えない場合もあれば、1万円を超える額を支給してくれる場合もあります。

もし1万円も貰えたら大きいですよね。1ヶ月で夜勤を5回したらそれだけで5万円。さらに深夜割増賃金も加わるわけですから、月給はかなり多くなります。

夜勤すると給料はいくらになる?

夜勤をすると、基本給に深夜割増賃金と夜勤手当が加算されることになります。

ここでは具体的にその金額がいくらかを、22時から7時(休憩2時から3時、深夜割増該当時間6時間)で働いた場合に計算してみましょう。

まず各日給(月給÷平均所定労働日数)別に深夜割増賃金を計算すると以下の通りになります。

時間給日給深夜割増分合計
1,000円8,000円1,500円9,500円
1,200円9,600円1,800円11,400円
1,400円11,200円2,100円13,300円
1,600円12,800円2,400円15,200円
1,800円14,400円2,700円17,100円
2,000円16,000円3,000円19,000円

ここに夜勤手当が加算されます。たとえば夜勤手当が5,000円だとすると、日給8,000円の場合でも14,500円となり基本給の1.8倍にもなります。

これは1回あたりの金額であり、夜勤をする回数が多ければ多いほど給料は増えます。

たとえば夜勤(手当5,000円)が5回あっただけで、日給8,000円の場合でも7万円以上も増えることになりますね。

夜勤で給料は高くなる、けれどデメリットもあるので要注意

このように、夜勤手当を貰える会社で夜勤をすると給料はかなり多くもらえます。

たとえば基本給が20万円であっても、夜勤手当が3000円で夜勤が5回あるだけで残業をしなくても月給は25万円以上貰えるわけです。

しかしデメリットがあることも忘れてはいけません。

本当なら寝ているはずの時間に働くわけですから、体に与えるダメージは思った以上に大きいです。

たとえば生活習慣病やがんになうリスクが高まる、うつ病などの精神疾患にかかるリスクが高まるといったことが起こりえます。

またなにより、深夜勤務というのはかなりしんどいです。日中に1、2時間残業をするよりもきついと感じる人も少なくないでしょう。

確かに給料面は魅力的でありますがやはり健康第一。合わない場合は避けた方が良い働き方でもあります。