正社員で社会保険がない会社は絶対に辞めておこう。義務を守れない会社は危ない。

正社員として働く場合は社会保険に加入できることが当然だと思っていませんか?

その考えには間違いはありません。

契約社員やパート、派遣社員であれば労働時間や契約期間によって加入できない場合もありますが、正社員であれば加入することが当然のことであり、会社にも労働者側にも加入するかしないかを選択することはできません。

しかし実は正社員なのに社会保険に加入できないなんていう会社がまれに存在しています。

こういった会社に転職するというのはデメリットが多くとても危険です。絶対に避けるようにしてください。

関連:福利厚生の重要性や充実している企業の探し方、選び方

関連:福利厚生とは?意味、目的や種類

社会保険加入は会社の義務

基本的に社会保険への加入は義務。そもそも加入していないなんてことはありえないはずです。

社会保険とは

社会保険とは疾病、高齢化、失業などの将来のリスクに備え、使用者と労働者の双方が保険料を支払う制度です。

社会保険と言っても色々な種類があります。具体的には以下の通り。

  1. 健康保険
  2. 年金保険
  3. 介護保険
  4. 雇用保険
  5. 労災保険

法人化された会社は加入が義務

上記で紹介した社会保険のうち、健康保険と年金保険の加入条件は以下の通り。

  • 法人事の事業所
  • 個人事業所で常時5人以上の従業員がいる(一部の業種を除く)

まず株式会社、有限会社、合同会社など法人化している企業に関しては業種関係なく加入することが義務付けられています。

法人化していない個人事業の場合、5人未満の場合や一部の業種(農業などの一次産業、飲食店や美容室などのサービス業)などであれば社会保険の加入が義務付けられていませんが、任意で加入することが可能です。

もしも会社という形態をとっているならば加入しているのが当たり前なんですが、もしそれができていないならばこの義務を守っていない会社ということとなるわけですね。

雇用保険の加入条件は1週間の所定労働時間が20時間以上で31日以上の雇用見込みがあることとなっています。正社員であれば満たしていないことなんてほとんどありえません。しかしこちらもその義務を無視して加入していない会社があります。

社会保険加入の実態

ある程度の大企業となると社会保険に加入していない企業はまずありません。

しかし中小企業では加入していない会社も多数あります。

2014年時点で2割程度の企業が未加入。現在は国の目も厳しくなったので減少してはいると思いますがそれでもまだあるのが事実なんです。

ではなぜ企業は義務付けられていることなのに社会保険に加入しないのでしょうか。

社会保険料の支払いは労働者だけではなく会社もしなくてはなりません。

例えば月額30万円の場合の社会保険料は健康保険料が29,730円、厚生年金料が54,546円。このうち半額を企業が折半しなくてはならず、会社の負担は42,138円となります。

もし同じ給料の従業員が10人いれば毎月40万円以上、年間約500万円もの負担となるわけです。

経営に余裕があまりない中小企業にとってこれだけの金額を負担するというのはかなりきつく、その結果義務となていても加入をしていない中小企業が多いのです。

社会保険制度無しの会社で働くことのデメリット

社会保険料は高いから加入しないほうがいい。労働者の中でもそんな風に考える人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

社会保険制度が無い会社で働き、社会保険に加入してしまうとそれは大きなデメリットがあることを忘れてはいけません。

かかる費用

毎月の給料30万円、年収360万円とした場合で社会保険に加入している場合としていない場合で費用を比較しましょう。

社会保険に加入している場合は会社が半額負担してくれているので毎月約4万2千円の負担です。

一方で社会保険に加入していない場合だと国民健康保険と国民年金を合わせて約3万4千円の負担となります。

この数値だけ見れば社会保険に加入していないほうが良いと考える人もいるかもしれません。

しかしこの両者では老後に貰うことができる年金の額がまったく違います。

社会保険に加入している場合であれば厚生年金と国民年金の2階建、一方で社会保険に加入していない場合だと国民年金分の年金しか貰うことができず、到底年金だけでは生活できません。

さらに扶養している家族がいる場合であればさらに社会保険加入のメリットが大きくなります。

扶養しているのであれば社会保険の料金は変わりません。しかし社会保険料に加入していない場合だと国民健康保険や国民年金に扶養という考えがない為、人数が増えれば増えるだけ金額は高くなります。

例えばもし配偶者を扶養している場合だと社会保険に加入していれば変わらず4万2千円程度、その一方で社会保険に加入していない場合だと5万3千円程度。将来貰える年金は少ないのに支払う額が大きいという悲惨なことになります。

一括で2年分の支払いを求められる可能性

現在は社会人が未加入の会社を国も厳しく取り締まっていく傾向があり、いつかはばれて加入させられることになるでしょう。

その時、最大で過去2年分の社会保険料の支払いを求められることになります。

社会保険料の負担は会社と労働者で折半ですから、半額分は労働者が支払わなくてはなりません。

例えば月額30万円であれば1ヶ月で42,138円、2年間で100万円以上になってしまいます。

もしそうなったら2年分の重複する健康保険料や国民年金が返金される為、扶養している人がいるなら逆にプラスになる場合もありますが、扶養している人もいなかったり、年収が高い人の場合はまとめて大きな出費を強いられることになってしまうでしょう。

法律を守らない会社

社会保険という法律で義務付けられていることを守らない会社は、何かしらの欠点がある会社と考えてください。

社会保険料を支払うことができる経営状態ではない為、将来的には危ない会社かもしれません。

利益重視でサービス残業など他の法律違反行為を平然と行う会社かもしれません。

単に社会保険という面で損するだけではなく、働きやすさという点でも劣っていると考えたほうが良いでしょう。

社会保険制度無しの会社で働いてしまったら

このように正社員にも関わらず社会保険に加入しないというのはデメリットしかありません。

もしあなたがすでに社会保険制度が無い会社で働いてしまっているならば、その状態を放置せずにできるだけ早くなんらかの行動に移したほうが良いでしょう。

未加入であることを年金事務所に相談

現在は法人にしているにもかかわらず社会保険に未加入である会社に対してとても厳しくなってきています。

その為、もし未加入であることを相談すれば十分に対応してもらえる可能性があります。

いさぎよく転職

社会保険の加入に関してはとりあえず相談して加入することができたとしても、他の点でも労働者にとって不都合な点は色々とあるはずです。

ですから思い切って転職してみるということも考えてください。

今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:家族手当、扶養手当、配偶者手当とは?支給条件や金額の相場、支給されている会社の割合

関連:住宅手当がでないのはかなり損!?住宅手当、社宅の概要や相場。