大卒で工場勤務ってどうなの?転職する際に知っておきたい働き方の特徴や転職方法

大卒で工場勤務と聞くと、「大学を卒業してまで工場で働いているの?」なんていう風に思う人もいるかもしれませんが、実際には工場で多くの大卒者、中には大学院まででた人が働いています。

工場勤務には魅力的な面もあるので、最初のイメージだけで敬遠してしまうのはもったいないかもしれません。

そこで今回は大卒で工場勤務となる場合の仕事の種類や労働事情、転職方法などを紹介していきます。

24歳以下の方には、内定率トップクラスのハタラクティブがおすすめ

24歳以下で転職を考えている方は、80.4%の内定獲得率を誇るハタラクティブに登録してみましょう。
求人数は多くないものの、内定を獲得するためのサポートが充実しているのが特徴です。

利用者は平均約1ヶ月程度で内定を獲得していますが、最短で1週間で内定を獲得できる場合もあります。

ハタラクティブでは学歴や職歴を重視しない求人も多く扱っており、これらに自信がない方にもお勧めできますよ。

 

ハタラクティブで転職活動を行うと、以下のメリットがあります。

  • アドバイザーと一緒に転職活動の方向性を考えられる
  • 求人サイトに載っていない非公開求人に応募できる
  • 日程調整や履歴書の提出など、企業とのやり取りを代行してもらえる
  • 自己PRや志望動機などをアドバイザーが一緒に考えてくれる
  • 面接対策を行ってもらえる
  • 給与交渉、入社日交渉などを代行してもらえる

       

公式サイトで登録する

 

工場勤務と言っても種類は様々

大卒で工場勤務となる場合でも、様々な種類の仕事があります。まずはその種類から紹介していきましょう。

事務系工場勤務

まず一つ目が事務系職種。文系の大学を卒業した人がよく就く仕事です。

工場も一つの事業所として、管理、人事、経理、総務などがありますから就職後に配属されれば工場勤務になります。

最初は工場に配属されても異動によって本社に行く可能性も十分にありますし、その逆もありえます。

技術系工場勤務

次に技術系職種。理系の大学を卒業した人が配属される可能性があります。

仕事としては色々とあり、保全関係や品質管理、安全管理や生産技術といったものがあります。

こういった仕事は本社にいるよりも工場にいるほうが効率が良い為、工場に席がおかれていることが多いです。

異動の可能性もないわけではありませんが、本社の仕事との違いが大きいと本社に異動することがあまりなく、他の工場に異動する可能性のほうが高くなります。

ライン工

工場のラインに入って、現場作業にあたるライン工は基本的に高卒社員が主体でがありますが、大卒の人もいないわけではありません。特に中途採用枠で入ってくる人が多いですね。

どの会社でも基本的に高卒以上であることが条件になっている為、大卒の資格があっても応募すれば採用される可能性があります。

それぞれの労働事情

では次に、それぞれの仕事での労働事情について紹介していきます。

昇格、出世

事務系と技術系であれば名目上は昇格、出世に関して、他の大卒社員と変わりません。優秀な成績を残せるかどうかです。

ただ、現場に近い工場勤務のほうが出世はしやすいという場合もあれば、逆に本社のほうが出世はしやすいという場合もあって、そればかりは会社の事情によってきます。

まあ少なくとも工場勤務だけ昇格や出世の考え方が違うなんてことはありません。

ただライン工の場合だと昇格や出世に違いがあります。事務系や技術系などは総合職と言わることが多いですが、ライン工だと現業職や技能職なんかと言われ、総合職とは昇格や出世の考え方がそもそも違う場合がほとんどです。

基本的に総合職よりも昇格、出世は遅く、また限度もあるのが一般的です。

残業

事務系や技術系だと残業は割と多くなりがちの会社が多いですね。

特に2交代制、3交代制を行っている工場だと、定時の時間以外でも工場は動いているので何かトラブルがあると対処に追われてしまうなんてこともよく聞きます。

一方で、ライン工の場合は残業は少なめです。

特に交代制をとっている場合だと、自分の仕事が終わる時間になるとまた次に働く人が来るので、そもそも残業ができないという場合も多いです。

給料

給料に関しては昇格、出世の早い事務系、技術系が高いです。大手のメーカーであれば、20代のうちに6,700万円を超えるのも珍しいことではありません。

それに比べるとライン工の場合は基本給は低い場合が多いです。ただライン工の場合で交代制勤務があると、交代勤務手当や深夜残業手当などもつくので、他の会社で働く人よりも多めに貰える場合が多いです。

大手の会社であれば40代で1000万円超す人だっていますからね。

勤務地

工場がある場所は基本的に田舎ですから、当然田舎に勤務することになりますね。

本社が東京にあっても、工場は全国各地に散らばっているなんていう会社もたくさんありますから、田舎に住むことは覚悟しなくてはなりません。

工場は基本的に土地が安いところに建てられますから、そればっかりは仕方ありませんね。

周辺には同じ会社、もしくは関連会社で働いている人ばっかりなんてこともよくあることです。

どうすれば転職できる?

では次に転職の方法についてです。

事務系、技術系の転職方法

事務系や技術系で転職する場合は基本的に転職サイトや転職エージェントを利用して、対象の求人に応募することがメインになります。

工場の求人って意外に多くて、検索すれば割とでてはくるのですが、大手メーカーの求人は公開されていないことが多いので検索してもでてこないことが多く、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントからの紹介といった形を利用してくることができます。

ライン工の転職方法

ライン工も基本的には同じで、転職サイトや転職エージェントを利用するといった方法にはなるんですが、事務系や技術系の転職に比べるとちょっと少ないですね。

メーカーは需要変動に対応する為に期間従業員を採用しているんですが、正社員を増やそうと思ったら期間従業員の優秀な人を採用する人が多いという特徴があります。

ですから、大手メーカーでライン工として働きたいと思ったらまずは期間従業員として働くという方法があるんですが、正社員に採用される可能性はかなり低いので狙ってやるものではないかもしれません。

ですから、転職サイトや転職エージェントに登録してよい求人が出るまで待つのが現実的ですね。

まずは求人情報をチェック

まあ何にせよ転職するなら転職サイトや転職エージェントで求人情報を見てみなければ始まりませんから、まずは登録してチェックするところから始めましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。