準社員とは何?正社員との違いや準社員から正社員になれる可能性

求人票を見ているとたまに準社員という言葉を使って求人募集をしている会社を見かけますよね。

でもこれってどう正社員と違うのか契約社員とはどう違うのか、今いちよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

当然準社員とは何かを知らないままでは応募することなんてできません。

ただ、知らないまま候補から外すというのも実は人によってはチャンスを逃すことになりかねないことになります。

そこで今回は、準社員とは何なのか、準社員から正社員になることは可能なのかということについて紹介していきます。

関連:派遣社員、契約社員は基本的に契約途中に辞められない。転職タイミングはどうする?

関連:正社員登用あり、直接雇用ありの求人には嘘が多いので要注意!可能性なんてごくわずか!

準社員の概要

ではまずは準社員の概要を紹介していきましょう。

準社員とは

準社員とは何か、実はそれに対して一つの答えはありません。

正社員や契約社員と違って準社員には決められた定義がなく、それぞれの会社によって異なります。

期間に定めがない無期雇用である場合もあれば、契約社員と全く同じ意味で使われて有期雇用となっていることもあります。

職種、勤務時間、勤務地などが限定された、限定正社員との準社員と呼んでいる場合もありますね。

その為準社員がどういった扱いを受けるかというのは、それぞれの会社について調べる必要があります。

正社員と準社員の違い

各会社によって異なる準社員ですが、最も一般的なのは契約社員同様の有期雇用ではなく、期間に定めのない無期雇用です。

ただだからと言って正社員と同じではありません。正社員と準社員という分け方をしている以上、やはり正社員との違いはあります。

会社によってあまりにも大きい差がある場合もあるので、注意が必要です。

まず待遇面でいえば、基本給自体に差があることがほとんどで、昇給にもかなり差があり、年齢が増えるごとに差が広がっていく傾向にあります。

手当についても住宅手当や家族手当などを正社員と同様に貰える場合もあれば、準社員には支給されないという場合もあります。退職金も正社員のみなんて会社もありますね。

仕事内容はさすがに待遇が悪い分、責任が軽い仕事であることが多いのですが、中には正社員と全く同じ仕事をさせられていると不満を持っている人もいます。

ただ悪いことばかりではなく、正社員と違って地域限定となっていて転勤がなかったり勤務時間にしばりがあって残業がなかったり職種が限定されていてやりたくもない仕事に異動させられることもなかったりと、メリットがある会社も多数あるので、自分に合った働き方を見つけやすい可能性があります。

契約社員から準社員になることも多い

契約社員として働いている場合に正社員登用されることもたまにあります

ただ正社員ではなく準社員としての採用になる場合も多いので注意しましょう。

正社員登用の可能性に期待して働き続けていたら、実際は準社員としての採用になり、有期雇用から無期雇用にはなったものの、待遇面では一切上がらなかったなんてこともあるのです。

準社員から正社員になれる可能性はある?

正社員を希望していたけれど正社員の仕事が決まらずに準社員になった人、契約社員から準社員になった人の中には、準社員から正社員になることを希望している人も多いかと思います。

可能性があるかないかでいうと、可能性はあります。

会社にもよりますが、それなりに結果を残している上で正社員を希望したら了承されるなんて場合もありますし、定期的に準社員から正社員への登用試験が行われている会社もあります。

一定期間働いている実績、上司の推薦が必要などなかなか困難ではありますが、可能性はなきにしもあらずです。

ただ、会社によっては全くない、ほぼ不可能なんていう場合もあります。そういう会社に勤めているのであれば諦めたほうがいいでしょう。

あなたが勤めている会社では過去に準社員から正社員になれた人がいるか、上司に可能性はあるのか、どういった手順でなれるのかなどを聞いてみればわかると思います。

無理なら無理で仕方ありません。それでも正社員として働きたい、もっと良い待遇で働きたいと思うのであればやはり転職するしかありません。割り切って会社を変えることを考えましょう。

今はかなりの売り手市場になっていますから、転職で正社員になれる可能性はかなり高くなっています。

転職に向けて

転職活動では転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:20代後半の人が派遣社員から正社員に早めに転職しておくべき理由

関連:契約社員の雇い止め、クビの現実。甘く考えていてはいけない。