ホテル業を辞めたいと感じる理由おすすめの転職先について。未経験でも強みを活かせるキャリアアップ

ホテル業界で仕事をしていると土日・祝日は仕事だったり、夜勤があったり、残業が多かったりと辛い部分が多いでしょう。

なかなか友達や家族との時間が作れないので、別の仕事に転職したいと考える方もいるはずです。

しかし、いきなり転職を考えても「どのような業種を選べば良いの?」「ホテル業界でのスキルを活かすには?」など悩む点が出てきます。

その状態で闇雲に転職活動を開始しても、失敗する可能性が高いでしょう。

反対に、ホテル業界で得たスキルを活かせる職場を明確にしたり、アピールすべきポイントを把握していたりすると転職活動がスムーズに進むのです。

そこで今回は、ホテル業界から異業種への転職を考えるあなたに向けて、転職しやすい業界や活かせる強みを解説します。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

ホテル業を辞めたい理由

ホテル業を辞めたい理由

ホテル業界を辞めたいと考えるのは、あなただけではありません。多くのホテル関係者が仕事の辛さを理由に辞めたいと考えているのです。

では、すでにホテル業界から転職した方は、どのような理由で辞めたいと考えたのでしょうか、確認していきましょう。

労働時間が長い

1つ目の理由は労働時間が長いという点です。

ホテルでは常にお客様が宿泊しているため、当然スタッフは24時間体制で対応します。もちろん夜勤もあるのがホテル業界です。

そのため、月10日前後の夜勤は当たり前で、労働時間も1日16~18時間の連続勤務となるケースが珍しくありません。月の総労働時間を見ると300時間を超えるケースもあるのです。

このような状態が続くと、生活が不規則になり身体を壊す人も出てくるでしょう。体に影響がなくても、友達や家族と時間が合わずにストレスが溜まってしまいます。

このような労働環境が辛くて、辞めたいと考える方が多いようです。

給料が安い

2つ目の理由は給料が安いという点です。

長時間労働にもかかわらず、他の業界と比べて給料が安いのがホテル業界なので、その点に不満を持つ方は少なくありません。

実際、厚生労働省が発表した「平成30年賃金構造基本統計調査の概況」を見てみると、全業種の平均年収は306.2万円で男性が337.6万円、女性が247.5万円となっています。

それに対して、宿泊業・サービス業は平均264.5万円で男性正社員が288.3万円、女性正社員が218万円と低い値です。労働時間の長さも考えると、額面以上に少ないのが実態でしょう。

ハードな労働にもかかわらず賃金が安いという点は、辞めたいと思う理由の中でも上位に位置するようです。

体力的な負担が大きい

3つ目の理由は体力的な負担が大きいという点です。

華やかなイメージが強いホテル業界ですが、実際は常に立ち仕事なうえに、お客様の荷物やホテルの備品を運ぶ業務があるので体力勝負なところがあります。

繁忙期になるとトイレや食事もできないといった経験をした方は多いのではないでしょうか。

そのうえ、労働時間は長時間で夜勤まであるとなると、かなり体力がないと続けるのが辛い仕事なのです。

この大変さから、転職を考える方が多くなっています。

ホテル業界経験者が転職する際に活かせる強み

ホテル業界経験者が転職する際に活かせる強み

ホテル業界で培ったスキルや経験があるなら、それを転職や次の仕事で活かさないのは勿体ないでしょう。では、ホテル業界経験者は、どのような強みがあるのでしょうか解説します。

強み1.コミュニケーション能力

1つ目の強みはコミュニケーション能力です。

フロントやドアマンなどとして活躍していたかたなら、お客様とコミュニケーションをとる機会も多かったでしょう。その際に培ったコミュニケーション能力は、他の業界で仕事するうえでも非常に大きな強みとなります。

また、細かい身だしなみに気を配ったり、一つひとつの所作を学んだりしているため、どの業界に行っても良い人柄を印象付けられるはずです。特に接客業への転職は有利になるでしょう。

強み2.ビジネスマナー

2つ目の強みはビジネスマナーです。

ホテル業界は、他企業や団体とのかかわりが深いため、汎用的なビジネスマナーが身に付きます。

基本的なビジネスマナーはもちろん、企業や個人への利用を促すための市場調査や顧客分析などもしていれば、マーケティングの能力も身に付いているはずです。

これらの能力は、どの業界に行っても重宝されるので、非常に有効なアピールポイントとなります。

強み3.企画力・運営力

3つ目の強みは企画力・運営力です。

ホテルはお客様が宿泊するだけではありません。結婚式やパーティーの場所としても利用されます。当然、企画から運営までホテルスタッフが担当するため、そのような部署で働いていたなら、企画力と運営力が身に付いているでしょう。

強み4.マネジメント能力

4つ目の強みはマネジメント能力です。

ホテル業界の中でも、総務や経理、人事といった管理部門に所属していた方なら、高いマネジメント能力が身に付いています。

例えば、ホテル全体をまとめる総務なら高度なマネジメント能力が身に付くでしょう。

会計管理が複雑化するホテル内において経理を担当していたなら、お金や計算に対して高い知識と技術が養われているはずです。

人材の入れ替わりが激しいホテル業界で人事を担当していたなら、雇用に関する管理能力が強みとなります。

ホテル業経験者が転職しやすい業界や職種について

ホテル業経験者が転職しやすい業界や職種について

続いては、ホテル業界経験者が転職しやすい業界・職種について解説します。

一般職や事務職

1つ目の業界・職種は一般職や事務職です。

書類の作成や管理はもちろん来客時の対応など、オフィスにおける様々な業務を担当する仕事になります。

日頃からお客様を満足させるために、細かい気配りをしてきたホテル業界の方なら、職場の社員のサポート役に徹する一般職・事務職は適任と言えるでしょう。

ただし、一般職・事務職はたくさんの人材が必要なわけではありません。そのため、求人数は少なく給料も安いのが欠点です。

医療事務や調剤事務といった資格を取得してから、転職を考えると良いでしょう。

接客業

2つ目の業界は接客業です。

ホテル業界は接客業なので、当然飲食店やショップなどで接客業する際にも役立ちます。

また、ホテル業界は接客業の中でも特に細かい所作やマナーが求められるため、それを経験した方なら他の接客業は難なくこなせるでしょう。

飲食店やショップ店員であれば、ホテル業界のような夜勤もないところが多いため、退職的な辛さは確実に軽減されます。

営業職

3つ目の業界は営業職です。

営業職は広い意味で考えると接客業になります。また、お客様がかかる悩みを引き出して、最適な提案ができるかが成功のカギです。

ホテル業界で経験を積んだ方なら、常日頃からお客様の求める要望は何なのか考えて行動していたはずなので、営業としてお客様のサポート役に徹する仕事はピッタリでしょう。

特に高級車のディーラーなどでは、ホテル業界で培った洗練された所作が高い評価を受けるので、非常に狙い目です。

外資系企業

4つ目の業界は外資系企業です。

ホテルには日本人以外にも世界各国からお客様が訪れます。特に日本から近い中国や韓国からは多くの観光客が訪れていたでしょう。当然、英語圏の方も多いため、これらの言語は必要とされる機会が多いのです。

英語や中国語、韓国語などの言語が話せるなら、外資系企業でも非常に役立つでしょう。

転職する際は、自身の語学力を証明できる資格を取っておくと有利に転職活動が進められます。

旅行業界

5つ目の業界は旅行業界です。

ホテルで働いている際に接するお客様の多くは旅行客なので、実はホテル業界と旅行業界と同じタイプのお客様と接しています。

当然、お客様からするとホテルスタッフも旅行先で出会う人の一人です。ホテル業界と同じお客様と接する旅行業界なら、今までと同じ感覚でリラックスしながら接客ができるでしょう。

また旅行業界からみても、強い連携を有するホテル業界に詳しい人材は何としても獲得したいと考えるので、非常に転職しやすい業界です。

イベント業界

6つ目の業界はイベント業界です。

ホテルでは結婚式や大企業のパーティーなども開催されているため、イベントの企画や遂行に対しても高いスキルが身に付いているでしょう。

特に、ホテルで開催されるイベントはホスピタリティーが求められるものなので、一般的なイベントを開催する業界から重宝されます。

IT業界

7つ目の業界はIT業界です。

IT業界は、意外に未経験でもOKというところが多くなっています。また、中途採用の求人も豊富に市場に出回っているため、比較的転職がしやすい業界です。

多少のパソコン操作はできた方が良くても、最初から高度なスキルが求められる職場ばかりではないため、転職先の候補として考えると良いでしょう。

人材業界

8つ目の業界は人材業界です。

近年は転職活動する方が増えて、日本の終身雇用制度はなくなりつつあります。今後は、働き方改革や新型コロナウイルス蔓延による雇用の不安などから、転職を考える方は増加するでしょう。

そのため、現在人材業界は新規求人数も増加していて、転職もしやすい環境にあるのです。

未経験でもOKという職場も多いので、基本的なビジネスマナーを身に付けたホテル業界の方にとっては狙い目の業界となっています。

転職は年齢に関係なく確かなスキルがあれば期待できる

転職は年齢に関係なく確かなスキルがあれば期待できる

転職活動と言えば、20代前半など若い世代の方が有利といったイメージがあるでしょう。

しかし、近年は20代後半や30代、40代の中でも転職を考える方が増えてきました。

また、社会人として一定の経験を積んだ方なら、高いコミュニケーション能力、ニーズを満たす対応力、マネジメント能力なども持ち合わせていると考えられ、転職でも優遇されやすくなっています。

特に、ホテルのような高いビジネスマナーや、細かい所作が求められるような業界にいた方なら、有用な人材として重宝してもらえるでしょう。

年齢はネックになりにくいので、積極的に転職活動に臨んでみてください。

ホテル業経験者の転職先はたくさんある。強みを活かして転職先を選ぼう

ホテル業経験者の転職先はたくさんある。強みを活かして転職先を選ぼう

ホテル業経験者が転職する場合、多くの転職先候補が挙げられます。未経験の業界でも、自分のスキルが活かせるならチャレンジしてみて良いでしょう。

特に、ホテル時代に培ったコミュニケーションスキルや柔軟かつ臨機応変な対応、ビジネスマナーなどが活かせる業界や職種はたくさんあるので、自分の得意分野や好きな業界を選んでみてください。

あなたがホテル時代に身に付けた、お客様の立場になって対応する能力や相手が気持ち良く過ごせるための配慮・行動は、対お客様の業界において役立つスキルです。

ニーズを満たせる対応・助言ができるなら、未経験の業界や職種でもチャレンジする価値あります。

自分のスキルや経験を振り返り強みを把握したうえで、最適な転職先を見つけてみてください。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)