平均離職率とその内訳、業界別の状況。自己都合で辞める人は意外に多い!

定年や転職、結婚や出産など様々な理由から会社を辞める人は多いです。

では日本では1年間にどれくらいの人が会社を辞めているのでしょうか。

新卒3年以内の離職率が高卒で5割、大卒3割ととても高い数字になっているというのはよくニュースでも取り上げられていますが、労働者全体に関しては知らない人も多いと思います。

そこで今回は労働者全体の1年間の離職率とその内訳。業界別に離職率の高さを見ていきましょう。

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

関連:大手優良企業に転職する為の転職戦略。難易度は高いけどやらなければ何も起きない。

1年間の平均離職率

離職率とは、一定期間内でどれくらいの人が仕事を辞めたかを示す値。新卒であれば3年以内が一つの期間として注目される場合が多いですね。

では労働者全体としての離職率はどの程度となるでしょう。

厚生労働省の「雇用動向調査結果」によると、1年間の離職者数は724万人。常用労働者数は4971万人の為、14.6%という結果になっています。

これを一般労働者に限ると11.3%、パート社員に限ると23.6%。

男女別にみると、男性が12.5%、女性が17.1%となっています。

平均して見ると100人いれば15人は辞めてしまうというのが、今の会社の状態なのです。

平均離職率の推移

過去10年間の平均離職率の推移は以下の通り。

  • 2018年・・・14.6%
  • 2017年・・・14.9%
  • 2016年・・・15.0%
  • 2015年・・・15.0%
  • 2014年・・・15.5%
  • 2013年・・・15.6%
  • 2012年・・・14.8%
  • 2011年・・・14.4%
  • 2010年・・・14.5%
  • 2009年・・・16.4%
  • 2008年・・・14.6%
  • 2007年・・・15.9%

過去10年見ても大きく変動しているわけではなく、毎年一定数の人が離職しているという結果になっています。

離職率の理由別内訳

会社を辞めることになる理由には色々なものがありますよね。

会社に対する不満等から転職する為に会社を辞める人もいますし、定年で辞める人ももちろんいます。他にも有期雇用者であれば契約期間の満了という場合もあれば、リストラなんてこともありえます。

ここではそれらの理由の内訳を紹介していきましょう。

全体

まずは離職者全体の結果から。

  • 契約期間の満了・・・13.9%
  • 経営上の都合・・・2.7%
  • 出向・・・3.1%
  • 出向元への復帰・・・1.5%
  • 定年・・・4.3%
  • 本人の責・・・0.7%
  • 結婚・・・1.6%
  • 出産、育児・・・1.3%
  • 介護、看護・・・1.2%
  • 転職等の個人的理由・・・67.6%
  • けが等・・・2.1%

定年になって辞める人の割合は少なく、転職等の理由で辞める人の割合がかなり多くなっています。

また全体の中には契約社員等の有期雇用者もいて、契約期間が満了したことで辞めることになったという人も一定数いることがわかります。

一般労働者(雇用期間なし)

では全体の中から契約社員等の有期雇用者を除いた場合ではどうでしょうか。

  • 契約期間の満了・・・0%
  • 経営上の都合・・・4.4%
  • 出向・・・6.7%
  • 出向元への復帰・・・3.1%
  • 定年・・・9.6%
  • 本人の責・・・1.1%
  • 結婚・・・2.8%
  • 出産、育児・・・1.4%
  • 介護、看護・・・1.1%
  • 転職等の個人的理由・・・66.4%
  • けが等・・・3.4%

一般労働者(雇用期間あり)

では次に契約社員等の有期雇用者に限った場合。

  • 契約期間の満了・・・45.7%
  • 経営上の都合・・・2.4%
  • 出向・・・0.8%
  • 出向元への復帰・・・0.8%
  • 定年・・・0.0%
  • 本人の責・・・0.1%
  • 結婚・・・1.7%
  • 出産、育児・・・0.7%
  • 介護、看護・・・1.0%
  • 転職等の個人的理由・・・45.6%
  • けが等・・・1.1%

有期雇用者だと契約が満了して退職となる人が多い気がするのですが、半数にも満たないんですね。

パートタイム労働者

では続いてパートタイム労働者の場合。

  • 契約期間の満了・・・15.8%
  • 経営上の都合・・・1.2%
  • 出向・・・0.5%
  • 出向元への復帰・・・0.2%
  • 定年・・・0.6%
  • 本人の責・・・0.5%
  • 結婚・・・0.5%
  • 出産、育児・・・1.5%
  • 介護、看護・・・1.3%
  • 転職等の個人的理由・・・76.8%
  • けが等・・・1.2%

業界別の1年間の離職率ランキング

では続いて業界別の離職率を見て行きましょう。

業界別離職率ランキングは以下の通りになっています。

  1. 宿泊業、飲食サービス業・・・30.0%
  2. 生活関連サービス業、娯楽業・・・20.3%
  3. 教育、学習支援業・・・15.0%
  4. 医療、福祉・・・14.8%
  5. 卸売業、小売業・・・14.0%
  6. 学術研究、専門・技術サービス業・・・13.4%
  7. 運輸業・・・12.3%
  8. 不動産業、物品賃貸業・・・11.5%
  9. 製造業・・・11.4%
  10. 情報通信業・・・10.2%

1位の宿泊業やサービス業だと3割、10人に3人は会社を辞めることになっています。

宿泊業なんかは元々転職してキャリアアップしていくという風習がある為、他の業種で働いている人に比べると転職に対する抵抗感が少ないというのも離職率の高い理由の一つ。

ただそれよりも大きいのは待遇面での悪さですね。

上位にある業界は他の業界に比べて年収が低く、休みが少なく、有給休暇取得率も低い傾向にあり、そういった不満から会社を辞めていく人が多くなっています。

転職時には離職率が高い企業を避ける為には

1年のうちに会社を辞める人は意外に多いことがわかりました。

ただそれもかなり会社によりますよね。

定年や結婚などのやむを得ない理由ではない限り全然辞める社員がいないという企業もあれば、離職率が脅威の50%越えなんて会社もあります。

もしあなたがこれから転職することを考えているならば、この離職率はブラック企業かどうかを判断する一つの指標ですからできる限り確認し、入社を避けなくてはなりません。

就職四季報を使えば、ある程度の規模の会社なら新卒3年以内の離職率は確認することができますね。

他にも社員の勤続年数や年齢構成といった点からも離職率を想定することが可能でしょう。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. ビズリーチ

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

ビズリーチ

対象の年代30代~50代
どんな人に向いている?・キャリアアップ・年収UPを実現したい方
・現在の年収が400万円以上の方
・積んだキャリアを生かして転職したい方
・スカウトを受けたい方、転職を受け身で進めたい方

ビズリーチは大半の求人が年収600万円以上ミドル~ハイクラス向けの転職サービスです。

ビズリーチでは企業かヘッドハンターからスカウトを受けることで転職活動が始まり、転職エージェントとは転職の流れが異なります。

「スカウト」と聞くと、難しそう・敷居が高そうなどというイメージがあるかもしれません。しかし現在の年齢が30代以上、年収が400万円以上であればスカウトを受けられる可能性は十分にあります。

求人数も12万件以上と申し分なく、スカウトを行うヘッドハンターは4,000人以上在籍しています。

ビズリーチは自分の経験を生かして年収アップ、キャリアアップをしたい方にお勧めの転職サービスです。