平日だって充実させられる。もっと平日を充実させたい人に教えたいこと。

あなたにとって平日はどんな日ですか?

土日休みの人なら、「平日は仕事をしています」と答えるでしょう。

しかし、世の中にはあなたと同じように土日休みににもかかわらず、平日が仕事だけの日ではないという人がいるのです

例えば、仕事が終わったらジムに通って汗を流したり、本業の前後に副業や勉強をしたりして充実した平日を送っている人がいます。

では、平日が仕事だけになる人と充実した日にできる人にはどのような違いがあるのでしょうか。

本記事では、平日が仕事だけで終わる人の特徴平日を充実させるためにやってみて欲しいことなどについて解説します。

あなたが「平日=仕事の日」と思っているなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

その考えが変わるかもしれません。

平日は仕事以外何もしていない

平日は仕事以外何もしていない

平日に働いている人だと、大抵の場合は仕事だけで1日が終わってしまうでしょう。

あなたも次のようなスケジュールを送っていませんか。

  • 7:00 起床
  • 7:10 朝食&身支度
  • 7:45 通勤
  • 8:30 会社に到着
  • 9:00 始業
  • 12:00 お昼休憩
  • 13:00 午後の仕事開始
  • 17:00 終業時刻
  • 18:00 帰宅
  • 19:00 夕食
  • 20:00 入浴
  • 21:00 自由な時間
  • 23:00 就寝

朝は、仕事に向かう準備などがあるため、とても趣味の時間に使うなんて想像できないでしょう。

そして、始業時間を迎えれば仕事に真剣に取り組み、仕事が終わったら夕飯や入浴の時間を確保しなければなりません。

当然、会社と自宅を行き来する時間も含まれてきます。

ちなみに、東京都内勤務のサラリーマンの方の通勤時間は次の通りです。

画像:at home「「通勤」の実態調査2014~首都圏版~」

片道1時間程度かかっている人が多く、往復2時間も時間を取られています。

帰宅後に自由に使える時間があっても、仕事で疲れていたり次の日の仕事の準備などを考えたりすると、頑張ってなにかをしようとは思えずダラダラ過ごしてしまうでしょう。

しかし、「平日に充実を求めるのは難しい」とあきらめてしまっている方が多い一方で、同じようなスケジュールでも平日を充実させている方がいます

実際のところ、平日を充実させるかどうかは自分次第なのです。

平日が仕事だけで終わる人の特徴

平日が仕事だけで終わる人の特徴

続いては、平日が仕事だけで終わる人の特徴について解説します。

朝起きて何もしない

1つ目の仕事だけで終わる人の特徴は、朝起きて何もしない人です。

朝起きてから仕事に行くまでの時間、食事や身支度しかしないという方は多いでしょう。

しかし、起床してからの時間を有効活用しないのはとてももったいないことです。

なぜなら、起床してからの数時間はゴールデンタイムと呼ばれており、なにか物事を覚えるのに最適な時間とされているからです。

朝目覚めてから3時間は、夜の睡眠によって脳の疲れがリセットされており、新たな気持ちで活動を開始できます。

運動能力や記憶力が上がりやすい時間帯なので、この時間に勉強すれば効率よく学習内容が定着していきます

もし寝起きが悪くて悩んでいる場合は、起床後すぐに太陽光を浴びるようにしてください

網膜から太陽光が入ると、脳に覚醒を促すセロトンと呼ばれるホルモンが分泌されて、乱れた身体のリズムをリセットしてくれます。

通勤時間は寝るかスマホをいじるだけ

2つ目の仕事だけで終わる人の特徴は、通勤時間は寝るがスマホをいじるだけの人です。

片道の通勤時間は大体30分~1時間なので、勉強などをするには最適でしょう。

特に、近年はスマホでも本が読めたり動画を観られたりするので、資格取得や副業の勉強をする時間にはピッタリです。

片道1時間なら往復2時間なので、1週間で10時間も勉強ができてしまいます

帰ってきてから一息つくのが早い

3つ目の仕事だけで終わる人の特徴は、帰ってきてから一息つくのが早い人です。

帰宅してすぐなら、仕事終わりで疲れているのは仕方ありません。

しかし、そこで一度座ってしまうと一日の疲れをどっと感じ、立ち上がれなくなり何もする気が起きなくなります。

一息つく前に他の頑張れることに取り組んでみてください。

自宅に帰ってから勉強してみる、自宅に帰る前にジムによって身体を鍛えてみるのも良いでしょう。

集中力を維持したまま別の作業に移れば、仕事中のモチベーションのまま別の作業に取り組めるでしょう

目的のない暇つぶしの時間が多い

4つ目の仕事だけで終わる人の特徴は、目的のない暇つぶしの時間が多い人です。

通勤時間や帰宅後など、平日でも自由に使える時間は多くの方にあります。

しかし、そのような時間を勉強に充てるなど目的のある過ごし方をする人と、目的なくスマホをいじったりテレビを観たりしているだけという人がいます。

当然、平日が充実していると答えるのは前者の方です。

もちろん、スマホやテレビがダメなのではなく「暇だから」という理由が良くないだけなので、時間を決めて本当に好きなテレビを観たりゲームをプレイしたりしてみてください。

平日を充実させるためにやってみて欲しいこと

平日を充実させるためにやってみて欲しいこと

ここでは、平日を充実させるためにやるべきことについて解説します。

次の日の準備を済ませておく

1つ目の平日を充実させるためにやるべき作業は、次の日の準備を済ませておくことです。

朝になってから仕事で使う資料をカバンに入れたり、洋服を決めたりしていると、それだけでも時間を取られてしまいます。

せっかくのゴールデンタイムを無駄にしてしまうため、前の日にできる準備は済ませておきましょう。

仕事で使う資料などがある場合はカバンに入れてしまい、翌日に着用するスーツやシャツ、ネクタイなどを決めてすぐ着られるように出しておき、ついでに朝食で何を食べるのかも決めておくと、準備がスムーズにできて時間を有効活用できます。

睡眠の質を高める行動をとる

2つ目の平日を充実させるためにやるべき作業は、睡眠の質を高める行動をとることです。

睡眠の質を高められれば、前日の疲れを感じずにスッキリと起きられるでしょう。

そして、快適な朝を迎えられれば、朝から効率よく活動を開始できます。

ちなみに、睡眠の質を下げると言われている行動は次の通りです。

  • 寝る直前に食事をする
  • 夜にお酒を飲む
  • 夜にカフェインを摂取する
  • 寝る直前にお風呂に入る
  • 寝る直前にスマホやパソコンを見る

まず、寝る直前に食事をすると消化のためにエネルギーを消費します。

消化に使うエネルギーは莫大なものなので、睡眠中に身体を休めるエネルギーがなくなり、長時間眠っても疲れが取れません

寝る時はお腹の中に食べ物が入っていない状態にしておくのがいいでしょう。

とはいっても、水などの飲み物は問題ありません。

ただし、アルコールは利尿作用や覚醒作用があるため、夜中に目が覚めてしまい質の悪い睡眠になるので注意してください

同じような理由から、コーヒーや緑茶といったカフェインを含む飲食物も夜に摂取すると眠れなくなります

また、お風呂に入ると体が温まってすぐには寝付けなるため、入浴は寝る2時間前までに済ませるようにしましょう。

最後にスマホやパソコンのブルーライトは、脳を覚醒させるため睡眠の質を低下させることが分かっています。

寝る2時間前までには、スマホやパソコンの利用を止めるようにしてください。

これらの点に注意して睡眠の質を高めるように心掛けましょう。

仕事以外の時間もスケジュール管理を徹底する

3つ目の充実させるためにやるべき作業は、仕事以外の時間もスケジュール管理を徹底することです。

平日は、通勤時間など仕事に関連する行動しかスケジュールを立てない人が多いでしょう。

しかし、平日を充実させられる人は仕事以外のスケジュール管理も徹底しています。

例えば、帰宅後は何時に食事をして何時にお風呂に入って、自由に使える時間になにをするのか明確に決めています。

平日を充実させたいなら仕事以外の時間、特に仕事終わりの時間のスケジュール管理をしっかり行うようにしてください。

充実した平日の過ごし方7選

充実した平日の過ごし方7選

充実した平日を過ごす方は、あらかじめスケジュール管理を徹底しているとお伝えしました。

つまり、最初からこの時間は何をするのか明確に決めているというわけです。

では、具体的にはどのような過ごし方をしているのでしょうか。

一般的には、次のような時間の使い方をしている人が多くなっています。

  • 習い事(英語やピアノなど)
  • ジム
  • 読書
  • 映画・ドラマ鑑賞
  • カフェ巡り
  • 副業
  • 投資

もちろん、何をしなければならないという決まりはないため、あなたのやりたいことに使えばOKです。

ただ、目的なく時間を過ごせば充実した平日にはならないため、必ず何をするのか決めておくようにしておくことが大切です。

何をしていいか分からないというときは、興味の持てることから始めましょう。

子どものときにやってみたかったけど、お小遣いが少なくてできなかったというプラモデルの作成や熱帯魚の飼育、そのほかにもネットを繋いで仲の良い同僚とオンラインゲームなど、考えればいくつも出てきます。

なかなか踏み出せないというときは、気になる商品を扱うショップに立ち寄ってみるというのもいいでしょう。

時間に余裕を持てる制度のある仕事への転職も考えよう

時間に余裕を持てる制度のある仕事への転職も考えよう

今回は、平日を充実させる方法について解説しました。

あなたと同じように土日休みで仕事をしていても、ちょっとした工夫で平日を充実させている方がたくさんいると分かったでしょう。

ただ、平日を充実させられるのは過度な残業などがない方です。

平日を充実させられない原因が今の仕事にある場合、ちょっとした工夫では解決が難しいでしょう。

その場合、時間に余裕を持てる制度のある仕事への転職を考えた方が良いかもしれません。

例えば、在宅ワークなら往復2時間程度かかる通勤時間が無くなるため、その分有意義な時間を過ごせます。

他にも、フレックスタイム制の会社ならコアタイム以外は自分の使いたい時間を空けて仕事ができるため、上手な時間の使い方ができるはずです。

会社によっては1時間単位で取れる有給を用意しているところがあり、有給休暇を無駄遣いせずに済みます。

このように、働き方を変えるだけで平日を充実させられます。

時間は自分で作るものなので、今の環境で充実した平日にするのが難しい場合は、残業のない企業や通勤時間が短くて済む企業への転職を検討してみてください。

環境を変えるのは勇気がいるかもしれませんが、この先の長い人生を考えたら今できるちょっとした決断が将来を大きく変えることになるかもしれません

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)