ゼネラリストが転職するのは難しいってホント?先の需要を見据えなければ失敗する可能性も。

広い分野について知識や見識を持っている人を「ゼネラリスト」と呼びます。

一見すると、幅広い知識があるため重宝されそうですが、実はゼネラリストは転職するのが難しいとされています。

では、なぜ知識の幅が広いゼネラリストは転職が難しいと言われているのでしょうか?

そこで本記事では、ゼネラリストの転職が難しいと言われる理由について解説します。

ゼネラリストの強みを活かせる仕事についてもお話するので、ぜひ参考にしてみてください。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

日本にはゼネラリスト人材が多い

日本にはゼネラリスト人材が多い

オールマイティに仕事をこなすゼネラリストは、日本に多く存在します。

日本にゼネラリストが多くいる理由は、メンバーシップ型採用を導入しているからです。

メンバーシップ型採用とは、勤務地や職務内容などが定まっていない採用方法を意味します。

反対にジョブ型採用という方法もあり、こちらは職務内容や役割が明確な状態で採用する方法のことで、いわゆる「スペシャリスト」を生み出す仕組みです。

採用方式

概要

メンバーシップ型採用

広い分野の知識を持つ。ゼネラリストを生み出す仕組み

ジョブ型採用

特定の分野で高い知識を持つ。スペシャリストを生み出す仕組み

そして、日本における新卒採用は大半がメンバーシップ型であるため、多くの部署や職種にまたがって仕事をしてきたゼネラリスト人材が多い傾向にあります。

ところが転職市場を見てみると、新卒のように多面的に仕事をするメンバーシップ型採用ではなく、特定の分野で高いスキルを持つ人を求めるジョブ型採用が多いのです。

ジョブ型採用の場合、これまで広く浅く知識やスキルを培ったゼネラリストには、実績やスキル示すのが難しくなってしまいます。

もちろん、多面的な仕事ができるゼネラリスト人材を重宝している企業はたくさんあります。

そのため、転職では他のゼネラリスト人材と差別化するために、自分の強みを明確にして、人事側にその企業で活躍している具体的なイメージを持たせることが重要だと言えます。

ゼネラリストが転職するのは難しいと言われる理由

ゼネラリストが転職するのは難しいと言われる理由

では、ゼネラリストの転職が難しいとされる具体的な理由は何なのでしょうか?

ここでは、考えられる理由を複数の項目に分けて詳しく解説していきます。

中途採用ではこれまでの実績やスキルが重視されるから

ゼネラリストの転職が難しいとされる理由1つ目は、中途採用ではこれまでの実績やスキルが重視されるからです。

というのも、ポテンシャルがある学生を見極める新卒採用と違い、転職採用では入社してからすぐに即戦力となって成果を出せる人材が求められます。

したがって、あらゆる分野を広く知っているけれど、特定の分野で秀でたスキルや知識がなく、実力を示せる実績や成果も少ないゼネラリスト人材は、転職の際に過小評価されてしまうわけです。

簡単に言ってしまうと、中途採用ではゼネラリストよりスペシャリストが求められます。

他者との差別化が難しいから

ゼネラリストの転職が難しいとされる理由2つ目は、他者との差別化が難しいからです。

上記でも述べたように、日本にはゼネラリストが多い傾向にあります。

実績やスキルを定量的に示すことが難しいゼネラリスト人材は、企業すれば「誰を採っても同じ」となってしまいます。

反対にスペシャリスト人材は、企業が欲しているスキルをマッチした得意分野があれば、それをアピールするだけで差別化が図れるため、転職市場では有利とされています。

実際、入社後活躍するイメージが湧きやすいスペシャリスト人材を採る企業の方が多いのが現状です。

このように、ゼネラリストは他者よりも優れている点を証明するのが困難なため、転職が難しいとされています。

専門性が求められる職種が増えているから

ゼネラリストの転職が難しいとされる理由3つ目は、専門性が求められる職種が増えているからです。

近年はサービスや技術が高度になり複雑化しているため、幅広く網羅しているゼネラリスト人材よりも、1つのスキルに特化したスペシャリスト人材が求められる傾向があります。

例えば、ITに詳しい人材やマーケティングスキルの高い人材などは、多くの企業から求められるスペシャリスト人材の定番です。

技術が高度になり専門性が高くなっている昨今、広く知っているけれど詳しくは知らないゼネラリストよりも、1つの分野に特化しているスペシャリストが求められるようになってきています。

ゼネラリストの強みを活かせる企業の特徴とは

ゼネラリストの強みを活かせる企業の特徴とは

特定の分野に深い知識や実績がないゼネラリストは、高い専門性を持つスペシャリストに転職市場では劣ってしまいます。

しかし、ゼネラリストの持つ多面的なスキルが活かせる仕事はあります。

そこで続いては、ゼネラリストの強みを活かせる企業の特徴について見ていきましょう。

ベンチャー企業

ゼネラリストの強みを活かせる1つ目の会社はベンチャー企業です。

ベンチャー企業とは、独自のアイデアや技術で新しいサービスやビジネスに挑戦している企業を指し、立ち上げたばかりの会社が多いため従業員が少ない傾向にあります。

いわゆる少数精鋭といった企業が多いため、本来やるべき仕事以外の業務も任させるケースが多いのです。

そのため、幅広い分野で活躍できるゼネラリストの強みを活かしやすい環境にあります。

実際、マルチに活躍できるゼネラリスト人材は、ベンチャー企業において重宝される傾向にあります。

もし、あなたがベンチャー企業への転職も視野に入れているなら、様々な部署であらゆる分野にわたって活躍してきたことをアピールした方が採用されやすいでしょう。

ジョブローテーションのある企業

ゼネラリストの強みを活かせる2つ目の会社は、ジョブローテーションのある企業です。

ジョブローテーションとは、その名の通りローテーションを組んで職場を異動したり、職務を変更したりする制度で、まさに様々な仕事を担当する会社となっています。

このジョブローテーションを採用している企業であれば、どの職種に当たっても即戦力として動けるため、ゼネラリストを求める企業は多く、転職がしやすいでしょう。

もし、あなたがジョブローテーションのある企業への転職を検討する場合は、多部署で実績をあげてきたことをアピールするようにしてください。

反対に、ゼネラリスト人材が「専門性が高いことをアピールしなければ」と考え、1つの分野での活躍を重点的にアピールすると逆効果になる可能性があるので注意が必要です。

転職の際は、企業がジョブローテーションかどうかを調べて、その企業に合わせて強みをアピールするようにしましょう。

社員を管理するポジションにつける企業

ゼネラリストの強みを活かせる3つ目の会社は、社員を管理するポジションにつける企業です。

社員を管理するポジションというのは、様々な分野で働く人の気持ちを理解する必要があります。

その点、多くの部署を経験してきたゼネラリスト人材であれば、どの部署の社員の気持ちや悩みも理解できます。

例えば、「この職種はここが大変」「この時期が忙しい」といったことから、「この社員ならこの職種で活躍できそう」など俯瞰的に会社や人を見て判断できるのが強みです。

したがってゼネラリスト人材は、人事などの多くの社員を管理するポジションで能力を発揮できるでしょう。

転職活動の際は、これまでの経験から俯瞰的に社内全体を見られるというスキルを積極的にアピールしてみてください。

ゼネラリストが転職を成功させるためのポイント

ゼネラリストが転職を成功させるためのポイント

ゼネラリスト人材であっても、その強みや実績を必要としている企業はたくさんあります。

しかし、転職活動は正しく行わないと、どんなに強みがあっても内定は貰えません。

そこで続いては、ゼネラリストが転職を成功させるためのポイントについて解説します。

転職に有利な資格を取得する

1つ目のポイントは、転職に有利な資格を取得することです。

資格というのは、自分のスキルを証明する最も迅速かつ分かりやすい方法で、履歴書にも記載できるのでかなり役立つでしょう。

例えば、営業職なら営業士の資格、マーケティング職ならマーケティング検定やデータ解析士が挙げられます。

他にも、法務や経理などのコーポレート職なら、知的財産管理技能士や簿記の資格などが有効です。

ここまで、あらゆる分野にまたがって活躍してきたけれど証明できる実績がないという方は、このような資格を取ってみてください。

今まで仕事で取り組んできた分野の資格であれば、一から勉強するよりも比較的労力をかけずに資格を取得できるでしょう。

強みをできる限り定量的にアピールする

2つ目のポイントは、強みをできる限り定量的にアピールすることです。

人は、抽象的な実績よりも具体的な数字が入っていた方がイメージしやすく、相手に強い印象を与えられると言われています。

例えば、「高い売り上げ実績を上げた」と言われるより、「売上実績:2,840万円」と言われた方が分かりやすく、強いインパクトを残せるのです。

他にも、社員を管理するポジションへの転職なら「〇名の部署をまとめる役割として活躍した」といった形で数値化すれば、人事側に具体的イメージを持ってもらいやすくなります。

これは、実際にマーケティングの分野でも活用される手法なので、転職活動においても数値化できる実績は全て数字で示すようにしてください。

加えて、数字は履歴書やエントリーシートに記載したうえで、面接でも言葉で伝えるようにしましょう。

具体的イメージを持ってもらえれば、この会社でも活躍できるというイメージが湧き、採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

また、定量的なアピールができれば、他のゼネラリスト人材との差別化を図ることも期待できます。

近年の傾向に合わせたスキルを身に付ける

3つ目のポイントは、近年の傾向に合わせたスキルを身に付けることです。

確かに、転職ではスキルの有無が重要ですが、闇雲にスキルを身に付ければ良いわけではありません。

というのも、時代は日々変わっていくため、昔は重宝されていたスキルが今はあまり使われない資格やスキルというのが多々あります。

スキルを身に付ける際は、どの企業でも進んでいるDX化やIT化に合わせて、「ITコーディネータ試験」や「ITストラテジスト試験」「AI実装検定」などの資格を選ぶようにしてください。

このように、最近の市場や企業の動向をしっかり見極めて、どのような人材に需要があるのかしっかりチェックすることが大切です。

ゼネラリストの強みを理解してサポートしてくれる、転職エージェントの利用もおすすめ

ゼネラリストの強みを理解してサポートしてくれる、転職エージェントの利用もおすすめ

ゼネラリストには数々の強みがあり、適切なアピールをすれば転職は十分に可能です。

しかし、スペシャリストを求める企業に対して、多面性をアピールしても意味がありません。

大切なのは、あなたの強みを欲している企業を見つけ出すことです。

そして、もしあなたが自分で最適な企業を選ぶのが難しいと思っているなら、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントは、日々色々な企業と密にコミュニケーションを図り、求人や企業サイトでは分からない内部情報を入手しています。

その情報を駆使して、ゼネラリスト人材の強みを活かせる最適な企業を紹介してくれるのです。

また紹介した後は、その企業に合わせた選考対策を実施してくれるので、あなた自身の特色を理解したサポートをしてくれます。

そして内定後は、自分では言いにくい入社後の給与や待遇、入社日のスケジュール調整などの交渉事も代行してくれます。

ちなみに、あなたの転職活動を全面的にサポートしてくれる転職エージェントは利用料金が完全無料です。

転職が難しいとされるゼネラリスト人材であっても、転職エージェントを利用すれば強みを活かして効率良く活動が進められるため、フル活用してみるのがいいでしょう。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。