もう仕事を辞めてもいいんじゃないかと思う人の特徴

もう仕事を辞めてもいいんじゃないかと思う人の特徴

仕事を辞めて転職することが必ずしもメリットがあるとは言えません。

確かに年収アップや労働環境改善に繋げることができる人はいます。

しかし一方で逆に意図せずに給料が下がってしまう人や単に仕事がきつくなってしまった人、新しい職場で上手く馴染めずに人間関係が上手くいかなかった人などがいるのも事実。

ただ失敗というリスクを考慮したとしても、いい加減仕事を辞めてもいいんじゃないかなって思う人達がたくさんいます。

そこで今回は仕事を辞めてもいいだろうという人の特徴を紹介していきます。

関連:転職するかどうか迷うなら転職はすべきではない?迷うのは当たり前、その時しっかり考えることが大事

関連:ブラック企業はすぐ辞めるべき理由や、退職時の注意点

そんなに会社にしがみつく意味はあるのか

仕事を辞めたいと思っても中々辞めきれずにいる人、転職しようと思ってはいるものの結局何もしていない人、そもそも転職ということを考えたこともない人、色々といますよね。

先ほども述べたように転職は成功することが限られていないリスクのある行為です。

しかしそのリスクの大きさは人によって様々。

人によっては転職しようと思っても中々難しい、できたとしてもリスクが大きすぎるという人もいます。そんな人はとにかく会社にしがみつくを考えてもいいでしょう。

一方で実は全くないと言っていい人ほどの人だっています。そんな人達は悩むことなく転職するべきです。

ただいくらリスクが低かろうがやたらと会社にしがみついてしまっている人というのはとても多いですよね。

会社の文句を言いながら、結局は会社に貢献しながらただ毎日を過ごしていくことになってしまっていると思います。

もう仕事を辞めてもいいんじゃないかと思う人の特徴

ではここから、もう仕事辞めてもいいんじゃないかという人の特徴を紹介していくことにします。

もしあなたが当てはまっているなら、転職すべきタイミングなのかもしれません。

常に仕事に対する愚痴を言っている

同僚、友人などで会うたびに仕事に対する不満や愚痴ばかりを言っている人っていますよね。

また愚痴も笑い話になったりするのでどこまで本気かはわかりにくいんですが、明らかに本気の愚痴だろうという場合もあります。

まあ会社に行っていれば何かとストレスは溜まるものだし、愚痴も言いたくなるもの。誰にだってあることです。

ただその愚痴が明らかに一時的な話ではなく、その会社にいる限りはどうしようもないことで、しかも会うたびにその愚痴を言ってくるというような場合には「仕事を変えればいいじゃん」と思ってしまいますね。

たいていは直接転職しなよと言うんですが、ほとんどの人は何かと理由をつけて結局また愚痴を言う何も変わらない日々を過ごすことになってしまっています。

超優秀で周囲に与えてばかりの人

会社には超優秀で仕事をこなすのも完璧、今の仕事を続けていても特に学ぶことはないんではないかという人は転職したらどうなんだろうと思いますね。

待遇の良い会社で出世していくことが予想されている状況ならばまだしも、出世したところで知れているような会社ならもっと待遇の良い会社に転職してしまった方がいいんじゃないかなと思います。

年功序列制度がいまだ根強い会社では、いくら実力があってもその実力に対して正当な対価を得られないことがほとんど。正当な対価を得ようと思えば転職するしかありません。

まあ人によっては条件面だけではなく居心地の良さなどを重視する人もいるでしょうから、満足しているならその会社で働き続けることも悪いことではないのかもしれませんが。

明らかにおかしい働き方をしている人

残業が毎月80時間以上となるような職場、上司のパワハラが平然と行われている職場、残業しても一切残業代を貰えない会社、何年も働いているのに手取り15万円をきるような給料しか貰えない会社など、世間にはいわゆるブラック企業と呼ばれる会社もたくさん存在しています。

そういった会社で働いていれば肉体的にも精神的にも大きなダメージを負ってしまうことになるでしょうし、得られものなんて何もありません。

もっとましな会社は必ずありますから、さっさと転職するのが良いと思います。

ブラック企業だと上司が会社を辞めさせてくれないなんてことがあるかもしれません。ただそんな会社の違法行為に負けてはだめ。

会社が辞めさせてくれないなんてのは違法行為ですし、対処法はいくらでもありますからスパッと辞めてしまいましょう。

関連;仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

いつかは転職するつもりと言っている人

将来的に転職を感が手いる人もいるとは思いますが、そんな人はさっさと転職活動すべきだと思います。

なぜいつかなのか、単に面倒だから先延ばししていることがほとんどだと思います。

まだ転職するに至るまでの明確な基準を持っているならいいんですが、ほとんどの人は適当に理由をつけているだけでしょう。

入社1年目の場合は別ですが、転職するなら早い方がいいです。だからこそいつかとは言わずに今やるべきだと思います。

明確な夢を持っている人

夢と言うと大きなことを考えてしまうかもしれませんが、配属先が違って希望のことができなくなってしまった人、就職で失敗してやりたいことができなかった人で、やっぱりどうしてもその仕事をやりたいと考えている人は今の仕事を続ける理由はないと思います。

同じ仕事のまま会社を変えるならばスキルを身につけてからの方がいい場合も多々ありますが、仕事を変えようと思ったら年齢は低い方が絶対に有利です。

もちろん最初は希望をしていなかった仕事であっても、続けていけばやりがいを感じて一生の仕事として満足することができるようになる人もいるでしょう。

ただ絶対にこれがやりたいと思うものがあるなら、早めに動かないと手遅れになってしまうかもしれません。

将来的に危なそうな会社で働いている人

会社が社員を守ってくれるなんていうのは単なる妄想。会社が危なくなれば従業員を切るのも仕方がないし、倒産してしまえばそれで終わりです。

クビにならなかったとしても給料は上がらないしボーナスも少ない、労働条件は悪くなる一方でメリットなんてありません。

ですから将来的に危なそうな会社にしがみつく理由なんて全くと言っていいほどないわけです。

何年も赤字が続いている、商品やサービスも魅力的なものがない、業界自体も先細りしそう、特に新たなことに挑戦もしていない。

そのような将来的に危なそうな会社に勤めている人はさっさと仕事を辞めて転職すればいいのではと思ってしまいますね。

転職するならできるうちに

もちろんあくまで「転職できる」ということが大前提。人によって転職の難易度は異なり、もしかしたら希望通りの転職ができないかもしれません。

ただそれは実際に転職活動を多少はやってみないとわからないこと。やってみて上手くいけば思い切って転職すればいいし、やってみてだめそうならとりあえず会社にしがみついていくのがいい場合だってあります。

一番ダメなのは特に何も考えず、何も行動をすることなく現状で良しとしてしまうこと。

特に今は多くの企業が人手不足に陥っていて転職がとてもしやすい状況。せっかく良いタイミングなのですから、転職することに対してもう少し前向きになってみてはいかがでしょうか。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職して良かった人、転職しなきゃよかった人。あなたはどっちになる?

関連:第二新卒で転職した方がいい人、転職した方がいい場合



このページの先頭へ