これぞ天才肌!天才的に仕事ができる人の仕事の進め方、物事の考え方の特徴

まさしく天才肌!天才的に仕事ができる人の仕事の進め方、物事の考え方の特徴

先日、関係会社の、非常に優秀な方と飲みに行く機会がありました。

その人がどのように考えて仕事をしているのか気になっていて、色々な話を聞くことができました。

できる人はこんな仕事の進め方をしているんだということを紹介します。

ただし、その人は天才です。天才肌の人ってこんな感じなのかと実感させられました。

天才肌の人ってどのような特徴をもっているかこれまでわかりませんでしたが、こういう人のことをいうのだとわかりました。

参考にできるかどうかは別問題です。

会社生活でここまでの人ははっきり言って、見たことがありません。

悲しくも才能ってものはあるんだなーと実感。

じゃあ凡人はどうするか。

天才になろうと思ってもなかなかできるものではありません。

いくら頑張っても天才肌の持ち主にはなれません。

真似はできる、それが私の考えです。

そして、それが今回の内容を紹介する理由です。

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

おすすめ記事:仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

スポンサーリンク

天才肌の持ち主だと感じるその人の特徴

IQ:某テストで140…全人類の上位0.8%です。まあこれはさすがに天才です。

年齢:28歳。まだまだただのペーペーなはずなんです。

学歴:ほとんどの人は知っている超一流大学。勉強はまあまあしたそうです。

見た目:普通ぐらいですね。これでイケメンだったら、許せません。でも奥さんはかわいい。

格好:サラリーマンと思えないくらいくだけた格好。若手がしていい格好ではない。

仕事:楽しくもないし、興味もない。でもそこまで嫌いでもない。

出世:興味0。

ちなみに天才肌っていうのは、天才だと思うほど、すごい能力を持っていたり、そういう雰囲気をもっている人のこと。

IQが高ければ、天才ではあるかもしれませんが、天才肌であるかは別問題です。

この人は優れた能力を持った天才肌の持ち主なわけです。

スポンサーリンク

天才の仕事の進め方、物事の考え方

天才的に仕事ができる仕事の進め方、物事を考え方を紹介します。

天才の仕事の進め方①サービス残業は絶対にしない

仕事は何のためにするか、はっきりいって一番は「金の為」

金ももらえないのに仕事なんてしてられない。

はっきりこう言えるってすごいなと思います。

でもやっぱり本当に、その通りなんです。

でも仕事がどうしてもまわらない時があるんじゃないのかなと思います。

そんな時どうするかというと

「あきらめる」

だそうです。

その人曰く、100%仕上げる必要がある仕事なんてほんの1部。

どうせ、修正があるのだから、80%程度で終わらせて、上司の指示を仰いだりすればいい。

抜くところを抜かずになんでもやるから時間がなくなる。

取捨選択することが仕事を進める上で最も大事である。

また、サービス残業をしだすと時間に余裕があると勘違いしだす。

その結果、効率が悪くなる。

限られた時間でやるからこそ、効率をあげる意識が生まれる。

天才の仕事の進め方②仕事に集中しすぎない

これは意識してやっているわけではないが、仕事にあまり集中できないそうです。

でもむしろそれがメリットだとか。

仕事に集中しすぎていないおかげで、周りの話がよく耳に入ってくる。

周りの話には、自分の仕事にいきる情報があったり、自分がアドバイスできる内容があったり。

やはり、情報が一番大切。

よくアンテナは広くっていうが、難しく考える必要はなくて、

色々なとこで話している会話を、軽くでもいいから聞いておくこと。

意外に聞いたことある!って内容が増える。

天才の仕事の進め方③専門的な知識はある程度でいい

興味があり、個人的にもよく勉強してものすごく知識がある人がいます。

それは非常に大事なこと。

でもその人にとって知識は重要じゃないそうです。

なぜなら、聞けばわかるから。調べればわかるから。

興味もないから知識を深めることができないからっていうのも一つの理由らしいですが。

とは言うものの、知識量半端ないんですがね・・・。

天才の仕事の進め方④浅くてもいいから広く色々な知ることが大事

知識が0では、何も生まれなくなってしまう。

0から1を生み出すことはかなり難しいけど、

1を5にすることはそこまで難しくない。

そして5あれば仕事は進めることができる。

1つのことを10にするよりも

10個のことを1にすることのほうが大事

天才の仕事の進め方⑤何においても抑えるべき点はある

業務にしろ、コミュニケーションにしろ、抑えるべき点がある。

コミュニケーションで例えれば、どういう話し方をすればいいか、人によって違う。

  • きっちりした敬語で話したほうがいい人。
  • ちょっとくだけた感じで話したほうがいい人。
  • 聞くことを多めにしたほうがいい人
  • 話すことを多めにしたほうがいい人

できるだけ早く抑えるべき点を見つける

天才の仕事の進め方⑥最短ルートはとりあえずやりながら考える

考えてからやるのは時間の無駄。無心でやるのもダメ。

考えても答えがでない場合もあるし、やってみて気づくこともたくさん。

気づいた時点で修正すればいい。

手を動かしながら、考える。考えながら、手を動かす。

天才の仕事の進め方⑦嘘、ハッタリは必要

時には信頼を守る為、嘘、ハッタリは必要。

手を付けていないにも関わらず、やってますと言ってみたり。

知っているふりをしてみたり。

ただし、嘘、ハッタリは必ず後で真実にする

やってるとい言った以上、必ずやる。

知らなかったことは必ず調べる。

たまにできないけど、そこはなんとかする。意外になんとかなる。

天才の仕事の進め方⑧ちょっとした副業は大事

本業と全く関係ないことでも、実は共通点が意外にあって、勉強になる。

お金にもなる。

情報を仕入れることもできる。

どんなに大きな会社だって、いつかは潰れるかもしれないし、

次の一手を考えておくことは大事

スポンサーリンク

天才肌であるが故にだめな特徴

天才肌であるがゆえ、困ることもあるみたいです

同僚、後輩にイライラしてしまう

無駄な仕事をしてる。

報告が遅い

等々・・・イライラする場面が多いとか。

やわらかく教えるけど、基本的には直らないから試行錯誤中。

できる人はきっと、そういうもんだと思います。

自分が簡単にできることが、なかなかできないとそりゃあイライラしますね。

くだけた格好

仕事と関係ありませんし、悪い点というわけではなさそうですが格好はラフ。

格好は最初はちゃんとしていたそう。

でも徐々にくだけていっても何も言われなくなったから、そうなったらしい。

仕事できる人の特権ですね。

まとめ

参考になりましたか?

参考になりませんでしたか?

たとえ自分が天才肌ではなくとも、

真似しようと思えばできることが多いんじゃないですかね。

なにより、自分の頭でよりよくすることを考えることが大事なのではないでしょうか。

IQが高い天才だから、仕事ができるわけでもないと思います。

常にプラスになるように考え、行動していることが、仕事ができる人間っていうものにつながっていくのだと思います。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ