仕事に適性は必要?適性がない仕事にはつくべきではないのか

仕事に適性は必要?適性がない仕事にはつくべきではないのか

仕事を始めて見ると、その仕事に対する適性を意識するようになっていませんか?

自分は頑張っていてもなかなか上手くやれないのに、同期は特に苦労することもなくどんどん仕事を覚えて先を行ってしまう。

そんな姿を目の当たりにしてしまうと、自分には適性がない、適性がある人は羨ましいそんな風に考えてしまいますよね。

今回は仕事の適正について考えていきます。

関連:雑用ばかりの仕事を辞めたい。嫌気がさしてきたら転職をしたっていい。

関連:やりたい仕事がない人でも仕事は楽しむことはできる。無理に見つけようとするのはむしろ危ない

仕事の適性はなぜ重要視されるのか

性格やこれまでの経験といったことから得意なこと、苦手なこと、好きなこと、嫌いなことが人によって違う以上、全員がどの仕事に就いても同じだけ力を発揮できるというものではありません。

その為、仕事において本人の適性というのは重要視されます。

実際、就職・転職活動の場においても適性検査が選考の一つにされていますし、就職後の配属時にも本人の希望だけではなく、面談等から判断したその人自身の適性から判断した上で決められます。

確かにどんな仕事に対しても優秀な成果を上げることができる人もいます。そういった一部の優秀な人たちを見ていると、適正なんて関係ないように感じるかもしれません。

ただ、ほとんどの人は自分の能力を十分に発揮できること、自分の能力を全然発揮できないことは確実にあるものです。

営業のように人と接して交渉するよりも、事務で細かい仕事をするほうが向いている人。事務で細かい仕事をするよりも、頭を使って0から1を生み出すことが向いている人。色々な人がいます。

会社にとってみれば、同じ人件費をだすのですからできるだけ能力を発揮できるように配置したい、そう考えるのは当たり前のこと。そうすることで利益を増やすことにつながりますからね。

仕事に適性は必要か

仕事の適性は必ずしも好き嫌い一致するというわけではありません。

私の知人でも、コミュニケーション能力が高く、交渉力も高い人がその能力を認められて営業に配属され、トップクラスの成果をあげることができていましたが、本人としてはもっと違う仕事をやりたいと考えていたみたいです。

できることなら好きな仕事、興味のある仕事に就きたいと考えるのが当たり前かもしれませんが、もし好き嫌いだけで選んでしまった場合、自分にとって適性がない仕事についてしまう可能性もあるということです。

では、仕事は好き嫌いで選ぶべきなのか、それとも自分の適性から選ぶべきなのか、どちらが良いのでしょうか。

好き嫌いで選び、適性がない仕事を選んでしまった場合は正直言って大変です。

いくら仕事自体が好きであっても、同期に差をつけられ、上司に怒られ、どんどん仕事をすること自体が辛くなっていきます。

もちろん、そんな中でも時間がたつにつれて苦手なことを克服していき、ある程度まではできるでしょうが、そうなるまで耐えることができるかです。

仕事において成果を出すことはかなり重要なことであり、もしそれができないのであれば辛い思いをすることになってしまうというのは会社というものです。

そして成果をだせるかだせないかに重点を置いた場合、好き嫌いで選ぶのではなく、自分の適性から仕事を選んだほうが効率的であるのは間違いありません。

適性がない仕事についてしまったら転職するべきなのか

ただ、みんながみんな最初から自分の適性にあった仕事に就くことができるわけではありません。

働いていない時点では、自分の本当の適性を知ることは難しいですし、就職後に配属される場合であっても、会社が社員の適性をしっかり見極めて全員が適性のある仕事に就けるわけではありません。必ず間違いは生じますし、人員配置の都合も関係してやむを得ず適性にあっていない仕事に割りあてることもあります。

では、万が一自分自身が今している仕事に対して適性がないと感じている場合、そしてそれによって不都合なことが起こってしまっている場合、転職するべきなんでしょうか。

この疑問に対しては、必ずしもYESと言えません。

なぜならば適性の有無は、単なる言い訳に使われてしまっている場合も多々あるからです。

特別努力をすることもなく、自分から積極的に仕事を覚えていこうという気持ちも持たずに仕事ができない理由の全てを適性のせいにしてしまっている。そういう人が多数います。

確かに周囲には特に努力することもないのにとても優秀な人がいるかもしれません。そしてそういった人と比較して自分は適性がないと思ってしまうかもしれません。

ただ実際は、そういった人も頭の中で色々と試行錯誤していたり、見えないところで努力しているかもしれません。まあ本当に天才という人もいるでしょう。

そういう人と比較して適性がないと決めつけるのはいかがなもんでしょうか。少なくとも自分なりに努力した上で、それでもどうにもならない、平均並みに仕事をすることができないという時に初めて適性がないという言葉を使うべきです。

もしもそこまでして適性がないと判断したならば転職していいと思います。少なくとも今の仕事よりは適性のある仕事は見つかる可能性は高いでしょう。

一度、今の仕事について本当に適性がないのか、単に甘えているだけではないのか、考えてみてください。それでも転職したいと思えるならば後は行動のみだと思います。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:仕事にやりがいが無い、もっとやりがいのある仕事に転職したいと思った時にすべきこと

関連:公務員の仕事がつまらない、楽しくない。民間企業に転職したほうがやりがいはあるのか。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ