内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書とは?法的効力や提出後の辞退について

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書とは?法的効力や提出後の辞退について

転職で内定をもらった際、内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書といったものの提出することを求められる場合があります。

ただ、いざ提出するとなった場合に、どのように提出すればいいんだろうか、提出したらもう断れなくなるんだろうかと心配になる人もいるでしょう。

そこで、今回は内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書の概要について説明して行きます。

関連:転職時に行う自己分析の必要性ややり方

関連:転職から退職までのやり方、進め方。面倒だと思っても一つずつ

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書の概要

まずは、内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書といったものが何かについて紹介していきましょう。

内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書とは

内定承諾書や入社承諾書、入社誓約書とは、内定時に入社することに同意したという証明書となるものです。

これらの書類は、多くの会社で提出を求められるものであり、どれも同じ意味を持ちます。

会社側にとってみれば、せっかく内定をだしたのに直前で断られてしまうと、計画していた採用人数が足りなくなってしまい、再度人材を募集しなくてはなりません。

人材を募集するには、お金も時間も掛かりますから、できるだけ避けたいことです。

その為、内定を出した人に確実に入社して貰えるように提出を求める企業が多いです。

提出タイミング

内定時、まずは電話で連絡があることがほとんどです。

その電話で、内定を承諾した場合に、後日他の書類とともに送られてきます。

送られてきたらできるだけ早く、遅くても3日以内に郵送するようにしましょう。

内定を保留する場合は最長でも1週間程度とし、結果が決まり次第すぐ連絡するようにしてください。

保留した場合も、内定を承諾した後で郵送されてきますから、すぐに返送しましょう。

もし、内定の連絡がメールで来て、内定を承諾するか決めていないのに、内定承諾書が送られてきた場合には、電話で保留したいことを連絡するようにしましょう。

提出方法

続いて、提出方法について紹介していきます。

書き方

内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書というのは、それぞれの会社でフォーマットが決まっており、

郵送されてきたものに対し、日付、住所、名前を記入し、捺印する程度です。

日付はつ?

日付を記入する場合、郵送する日、もしくは郵送する日の前日にしておきましょう。

西暦で書くか、元号で書くかは特に取り決めはありませんが、指定されていない場合は元号で書いておいたほうが無難です。

印鑑

内定承諾書や入社承諾書、入社誓約書では捺印することがほとんどですが、シャチハタを使用するのは避けてください。

以前の会社では、シャチハタを頻繁に使っていた人も多いかと思いますが、シャチハタは基本的に書類に使ってはいけないものです。

もちろんシャチハタでも問題ない会社が多いですが、最初は肝心ですから念の為、シャチハタの使用は避けましょう。

ただ、シャチハタ可という記載があれば、使用しても問題ありません。

添え状

内定承諾書や入社承諾書、入社誓約書といったものを送る際、添え状をつけるのが一般的なマナーです。

添え状には、以下の項目を書きます。

  • 会社名・担当者の部署・担当者の名前
  • タイトル
  • 拝啓、時効の挨拶
  • 内定に対するお礼
  • 書類送付の連絡
  • 今後の抱負
  • 敬具
  • 日付
  • 自分の名前
  • 以上

以下に具体例を記載しますので参考にしてみてください。

株式会社○○ 人事部人事課 ○○様

拝啓

○○の候、御社におかれましてはますますご清祥のことと存じます。

この度は内定を頂き、誠にありがとうございました。

つきましては、必要書類をご送付致しますので、ご査収の程よろしくお願い申し上げます。

○月○日から、貴社の社員として日々精進していきますので、ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

敬具

平成○年○月○日 名前

以上

封筒

内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書の封筒は、折り曲げる必要がないA4サイズのものを使用しましょう。

色は茶色ではなく白色のものを使用し、封筒に「内定承諾書在中」と赤いボールペンで記入してください。

消えるボールペンは使わない

最近は、間違えても消すことのできるボールペンがでてきて、とても便利ですよね。

ただ、こういった書類を書く際には消えるボールペンは使わないようにしましょう。

添え状や封筒の際も同様です。

内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書の法的効力

企業側が、内定をだした人を確実に入社してもらえるように提出を求める内定承諾書、入社承諾書、入社誓約書といったもの。

ただ、内定者の立場からすれば、第一希望がの会社の選考がまだ終わったない為、提出期限までに決めきれない場合もありますす、何らかの理由で提出した後に辞退しなくてはいけない場合もあるでしょう。

法的効力は全くなし、提出後の辞退も可能

よく勘違いされるのが、法的に効力があるということですgあ、こういった書類に法的な効力は全くありません。

実際に、最高裁でも内定承諾書提出後の辞退に問題はないという判例がありますから、いくら個人の間で契約しても意味はありません。

ですから、提出したとしても辞退することは自由ですし、損害賠償を求められるなんてことはありません。

では、なぜ企業は提出を求めるのでしょうか。

それは、上記の内容を知らない人が多く、提出したら入社しなくてはいけないと思ってしまう人が多く、実際に入社してくれる可能性が高くなる為です。

提出後に辞退する場合の注意点

いくら法的な効力はない、辞退することは自由だと言っても、最低限の社会人のマナーは必要です。

上述したように、内定承諾後に入社を辞退されることは企業にとっては、大きなダメージとなる場合もあります。

全く行く気もない会社の内定を受けたまま放置したり、辞退する権利があるんだと上から言ってはいけません。

内定を辞退することが決まったらできるだけ早く連絡すること、そして誠実に伝えることが大切です。

内定辞退については以下の記事を参考にしてみてください。

参考:転職活動での内定辞退の方法、理由はどうする?保留は可能?メールと電話どっち?

転職に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職での業界研究、企業研究の必要性、やり方とは

関連:転職サイトのスカウト機能、使い方や評判、返信方法など

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!



このページの先頭へ