公務員が安定しているというのは本当?将来に不安を感じている人は意外に多い

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

公務員が安定しているというのは本当?将来に不安を感じている人は意外に多い

公務員になるメリットとしてしばしばあげられる「安定」という二文字。

これを理由に公務員になる人、公務員に転職する人は少なくないでしょう。

ただ実際のところ、公務員であっても安定とは言い切れず、将来に不安を感じている人も少ないのが実情となっていることは、これから公務員を目指す人は知っておいた方が良いかもしれません。

関連:民間から公務員に転職して後悔したこと。公務員に幻想を抱きすぎている人は多いかも。

関連:公務員から民間企業への転職を成功させる為の方法。後悔しない選択をする為にすべきことは?

公務員のメリットである安定、それって本当?

公務員は安定している。公務員になりたいと考えている人の多くがこの理由を挙げています。

確かに民間企業のように会社の経営が傾いたからリストラされるなんてことはないし、自治体が財政破綻することだってそんなよくあることでもありません。

また給料もボーナスも確実に貰うことができます。

そう考えると公務員は民間企業に就職するよりも「安定」していると考えることはまあ納得と言えるでしょう。

ただはたしてそれだけで「安定」と決めつけてしまっていて良いのでしょうか。

潰れることなくリストラされることもないとしても、この先定年まで何の不満もなく働けるかというと、実はそうでもないのが実情です。

公務員が感じる将来不安なこと

実際のところ、現在公務員として働いている人の中で将来に不安を感じている人は、特に若手層を中心に多くなっています。

倒産もなければリストラもなく、民間企業に比べれば定年まで働くことができる可能性は非常に高い。

それでもこんな理由から将来に不安を感じています。

この先給料が減らされるかもしれない

公務員の平均年収は民間企業の平均年収に比べて高く、色々と言われてしまうことが多いです。

それ故、この先公務員の年収は徐々に下がってしまうのではないかと懸念を抱いている公務員も少なくありません。

財政状況の悪い日本。少なくともこの先待遇が良くなっていくという期待は持てないのが実情でしょう。

また景気にもかなり左右され、2007年には702万円あった地方公務員の平均年収も2012年は636万円まで減少しています。

仕事が激務でこの先も続けていけるかわからない

不安の最も大きな理由は、仕事が激務であり今の働き方をいつまでも続けていける気がしないという点。

部署にもよりますが、毎日のように深夜まで残業、民間企業であればブラック企業と呼ばれてもおかしくない働き方をしている人もいます。

実際この労働時間の長さを理由に公務員を辞める人というのは少なくありません。

仕事の満足度が低く、この仕事で良かったと思えない

仕事に対してやりがいを感じることができず、今の仕事を定年まで働き続けても仕事での満足度は何も得られないのではないかと感じている人もいます。

1日8時間以上、週5日、それを40年。人生の大半を捧げることになる仕事ですから、単にお金の為、生活の為と割り切るのは中々大変なこと。

刺激を求めて民間企業に転職する人というのは、実際少なくありません。

 

公務員以外で通用するスキルが身につかない

公務員として長く働けば働くほど、民間企業への転職は難しいとされています。

その理由は働き方が異なることが大きな要因の一つです。

20代であれば吸収も早くまだ働き方を変えることもできると見なされ転職することはできますが、30代、40代になると転職はとり困難に。

スキルを身につけ、経験を積み、転職してキャリアアップしていくことが中々できないのです。

公務員を目指すなら現実をしっかり見ることが重要

民間企業に嫌気がさして公務員を目指し、公務員試験の勉強を始める人もいるでしょうし、それが悪いことだとも思いません。

ただ公務員を目指している人のうち、果たしてどれくらいの人が本当の意味で公務員の実情を知った上で目指しているでしょうか。

正直言って、多くの人が公務員に対して過剰に良いイメージを抱きすぎている人がかなり多いように感じます。

そしてそんな状態のまま転職してしまえば当然後悔することになります。

実際、給料が相当下がってしまった、かなり仕事がきつく残業が多かった、仕事がつまらなすぎたといった理由から、せっかくプライベートの時間を削って頑張って勉強したにも関わらず後悔する人が少なくないのです。

もちろん公務員の仕事自体が悪いわけでは決してありません。

人によっては給料が上がる人もいるし、仕事だってやりがいを感じることができる人もたくさんいます。

利益を求める民間企業ではできない経験をすることもできますしね。

ただどちらが良いのかは人それぞれです。

まずはしっかり現実がどうなのか調べ、その上で転職を決断することが必要だと言えるでしょう。

転職するなら民間企業も視野にいれることが大切

公務員の仕事がどうしてもやりたいというのであれば良いのですが、安定している、給料が良い、仕事が楽なんて理由から公務員に転職を考えている人は、公務員に限らず民間企業も視野にいれるようにしてください。

世の中にはたくさんの会社があります。公務員でなくたって、あなたの希望を叶えることができる会社が見つかるかもしれません。

まずは転職サイト、転職エージェントに登録して色々と情報収集をしてみてください。

公務員を目指して公務員試験の勉強を始めるのはそれからでも遅くないはずです。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント



このページの先頭へ