転職で評価される人の特徴。スキルがあれば転職成功するというのは間違い。

転職で評価される人の特徴。スキルがあれば転職成功するというのは間違い。

転職を成功させるには、応募した企業、面接官が他の人よりもあなた自身を高く評価して貰わなくてはなりません。

ただ単純に評価されたいと思っていても、中々上手く行かないのが転職活動の難しいところです。

そこで今回は転職で評価される人の特徴を紹介します。

スキルがあれば転職が成功するというのは間違い

転職に有利な人はどんな人かと考えた場合、年齢が低い人、高スキルで経験豊富な人、学歴の高い人、大企業で働いている人なんかをイメージする人が多いのではないでしょうか。

確かにこれらのことは間違いではありません。

年齢で言えば40代より20代の方が圧倒的に採用されやすいし、そもそも20代、もしくは30代前半でなければ受けることができない会社も多々あります。

また中途採用においてスキルの有無、経験の有無が選考に大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

しかしこれらのことが揃っていたとしても転職が成功するかというと決してそんなことはありません。

20代の人ではなく30代の人が採用される、スキルで劣っている人が採用されるという場合も中途採用の場合は決して少なくないことなのです。

なぜなら多少年齢が高くても、多少スキルが劣っていても、長い目で見て成長を期待できる優秀な人材であれば企業はそちらを優先した方が会社にとってはメリットが大きいし、書類選考と数回の面接だけでは完全に見抜くことができないというのも理由です。

逆に言うとこれまでの職歴に自信がない人であっても、転職を逆転するチャンスはあるということでもあります。

転職で高く評価される人の特徴

では転職で高く評価される人はどういった人でしょうか。

その特徴をいくつか紹介していきます。

実績がある

どれだけスキルがあっても、どれだけ経験を積んだとしても実績がなくては高い評価が得られません。

資格も同様で、ただ取得しただけではだめ。その資格で実務経験がどれくらいあるか、そして実務経験を通してどんな実績をだしてきたかが必要になってきます。

単に言われるがままに仕事をしたのではなく、自主的に改善に取り組んで成果を残したこと、通常業務にプラスαの工夫を加えて成果を残したもの、他社を巻き込んで実績として挙げたもの、会社全体の利益に大きな寄与をもたらしたものなど、何かコレというアピールできるものを持つことが転職活動では求められるでしょう。

自分を客観的な視点で見ることができている

自分を客観的に見ることができるというのは本当に大きな強みであり、企業にも好まれます。

自分の足りない点に気づくことができる、自分基準で物事を考えることがなくなる、他者との人間関係を築くことができる、地に足ついて仕事をすることができるなど、客観的視点によって得られるものは大きいのです。

口だけではないことが伝わってくる

経験があります、スキルがあります、熱意があります、協調性があります、コミュニケーション能力が高いです。

口だけなら自分を良く見せることなんていくらでもできますよね。

しかしいくら口で言っても面接官だってその言葉をそのまま信じ切って受け取ってくれるわけはありません。

その為、アピール時には先ほど述べた実績を交たり、面接官とのやり取りの中でコミュニケーションの高さを発揮する必要があります。

また熱意はその企業のこと、業界のことについて時間をかけて調べてきていること、転職した後のことについてしっかり考えていることなどによって伝えていかなくてはなりません。

人あたりが良い

外見、態度、話し方などによって決まる人あたりの良さは転職活動時に大きな影響を及ぼします。

会社にとって、どれだけ仕事ができるかというのももちろん大切ですが、どれだけ一緒に働きやすいかも同じくらい大切なこと。

人あたりが良い人ほど転職後に一緒に働きたいと思える為、ただそれだけでも評価が高くなります。

清潔感があり、空気を読みながら会話ができ、上下関係を守りながら適切な距離感で会話ができる。転職活動ではそういったことも意識しなくてはなりません。

リスクが少ない

企業が正社員を採用するということは、実はかなりリスクが高いことです。

採用後に失敗したと思ってもそう簡単に辞めさせることができませんし、すぐに辞められてしまったらまた採用活動を行う必要がでてかなりの出費を伴うことになります。

その為、採用には慎重になりリスクを避けようとし、例えば5人採用予定で10人から応募があったとしても基準に満たないリスクが高そうな人材が多ければ5人どころか1人か2人しか採用しないという場合も多々あるのです。

例えば転職回数が多かったり、前職を懲戒解雇されていたり、前職を数か月で辞めてしまったりする人材が採用を敬遠されるのはこの為。

過去の職歴を見てリスクが低そうだという人材はそれだけで評価は高くなるのです。

ただ過去のことはもう変えることができないもの。だからこそいかに自分はリスクが低い人材なのかということを理解して貰う為に、納得できる理由を準備しなくてはなりません。

転職に向けてすべきこと

転職では確かに年齢や職歴といったものが転職のしやすさに大きく影響します。

しかしそこが優れているからといって油断していると転職は上手くいきません。

一方で職歴等で不利になる要素を持っていたとしても、やり方次第で逆転は可能。

ですから転職活動は決して手を抜かず、今自分にできること全てをぶつけて希望の会社への転職を成功させましょう。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ