銀行はもう嫌だ、銀行を辞めたいなら他業界に転職するのもアリ。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

銀行はもう嫌だ、銀行を辞めたいなら他業界に転職するのもアリ。

銀行といった金融業界は、他の業界に比べれば年収も高く、就職活動をしている学生からの人気は相変わらず高いです。メガバンク等の大企業であれば、30代でも年収1000万円を超えることも多いですし、福利厚生面でも充実しています。

しかしながら、それでも銀行を辞めたいと考えている人は少なくありません。実際3年以内に離職して転職する人は少なくありません。

銀行は決して甘いものだけではなく、厳しい労働環境に激しい出世競争、毎月のノルマにはっきりとした上下関係。上手くやれる人もいますが、合わない人にとっては苦痛なこともかなり多い業界です。

そんな環境下だからこそ、職場の人間関係もあまりよくない傾向があり、働きやすさでいうとあまり良くはありません。

年収が高いといっても、厳しい出世競争から脱落するとそれほど高くは貰うことができないし、試験などの為に休日返上で勉強しなくてはならないことも多いです。

さらに転勤が多いのも銀行の特徴です。不正を防止する目的で同じ場所には一定期間以上居続けないようにするようにされています。

こういった内容を見ると、仕事にやりがいを感じることができていないならば、辞めたいと思うのも仕方ないかと思います。実際、ビジネスパーソンに対してお薦めしない業界としてトップにランクインしています。

ちなみにトップの銀行に対し、生保、証券、信販・クレジットカードと言うように金融業界が並んでいます。

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

関連:自動車業界に転職したいなら知っておきたい転職方法。本体、部品メーカーどちらも転職可能

業界を変えた転職は十分可能

銀行から転職する場合、多くの人は他業界に転職することを考えるでしょう。

上記でも紹介したように、金融業界はお薦めしない業界に連なっているし、その厳しさを身をもって実感しているでしょうからまあ当然のことです。

銀行で働いていたことは、転職時に有利に働くことが非常に多いです。厳しいということが重々わかられているからこそ基本的なことは身についていると考えられますし、それなりに地頭も良い人が多いからです。

また、どの職種で働いていたかにもよりますが、業界が変わっても使えるスキル、経験は多い為、選択肢としての幅はかなり広いと考えることができるでしょう。

給料は下がってしまうだろうなーと思っている人もいるかもしれませんがあながちそうとは限りません。30前半で1000万円貰っている人だとさすがに年収アップは厳しいですが、特に若手なんかだとむしろ給料がアップしたという話はよく聞きます。

安易に公務員を選択しない

銀行を辞める人の中で、特に入社3年以内で辞める人の中で、公務員に転職する人はいます。銀行に就職した人は元々の学歴もそれなりにあり、地頭も良いため、公務員試験を難なく突破する人が多いです。

もちろん、目的がはっきりしていて、現実をしっかり認識した上で公務員を目指しているならばいいのですが、そうでない人もたくさんいるように思います。

銀行と言う安定していてネームバリューも良い会社を辞めたとなると、下手なとこに転職することができず、とりあえず安定性もネームバリューも良い公務員になるという選択をしがちです。

しかし、公務員になっても仕事にやりがいがない、給料が低い、残業が思ったより多いといった理由から不満を感じる人も多いです。

一度公務員になると、民間企業への転職は銀行から転職する場合に比べるとかなり難しくなります。

だからこそ、公務員になりたいという強い希望がないのであれば、安易に公務員を選択せずに、まずは民間企業に転職することを優先して考えるようにしましょう。

転職を成功させる為にも、転職活動は上手く進めていこう

他業界への転職は十分に可能ですから、銀行を辞めたいと思っているならばぜひ積極的に取り組んでみてください。

その際、転職サイトや転職エージェントをフル活用し、正しく転職活動を進めていくようにしましょう。

会社に行きながら転職活動を進めることは、なかなか難しい部分もありますが、これらを上手く使うことで手間はかなり省くことができますし、なにより成功率が格段に上がります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強みや市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

これらを使うことで、本来かかるはずの手間はかなり省くことができます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ですから、ぜひ一度使ってみてください。するとなんだかんだで転職活動は進んでいきます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:結婚、出産を機に転職する理由や転職する場合の注意点

関連:転勤したくない!転勤のない仕事に転職する場合のおすすめの仕事とは?



このページの先頭へ