1年のブランクがある不利な状況で転職を成功させた方法。理由はどうこたえるのがいい?

1年のブランクがある不利な状況で転職を成功させた方法。理由はどうこたえるのがいい?

転職活動時に不利に働いてしまう要因である仕事のブランク。長くなればなるほどに転職活動は難しいものになってしまいます。

それ故にできることならば在職中に転職活動を行う、辞めたとしてもできるだけ早く転職活動を行うことが重要となってきますが、人によってはやむを得ない場合もあるでしょう。

今回紹介するのは、仕事のブランクが1年以上あった人がその不利な状況で転職を成功させた体験談です。これから転職活動を始めていこうと思っている人は参考にしてみてください。

仕事のブランクはやっぱり不利?

まずは仕事のブランクが転職活動においてどういった影響があるのか、簡単に紹介していきましょう。

半年以上あると採用を敬遠される

どれくらいブランクがあると不利になってしまうかというのはそれぞれの企業によって異なり、企業によっては1ヶ月でもブランクがあるとNGと考える企業もあれば、1年以上でも問題ないと考える企業もあります。

大企業など転職市場でも人気のある企業であるほど多数の応募者が集まる為、厳しく見られる場合が多いです。

ただ最も多くの企業が閾値として持っているのが半年。半年以上ブランクがあると採用時に不利になると回答している企業が多いです。

ブランクが長い人が不利になってしまう原因

ではなぜブランクが長い人が不利になってしまうのでしょうか。それにはいくつかの理由があります。

  1. 仕事のやり方すら忘れていて即戦力としては不安がある
  2. 仕事に対しての意識が後ろ向き
  3. 年齢の割に経験が少なく、スキルも低い
  4. 自己管理ができない
  5. 健康面等、何かしらの問題がありすぐに辞めるかもしれない

企業にとって、正社員を採用するというのは一種の賭け。正社員として雇ったからには簡単に辞めさせることはできないし、採用にもお金がかかるのでできるだけ優秀な人、できるだけ長く働いてくれる人を書類選考や面接で見極めていかなくてはなりません。

いくらブランクがあっても優秀である人はいるでしょう。ただそれを面接で完全に見極めることができない為、過去の職歴等から不安を感じる人を採用することは避けることになってしまいます。

正当な理由があればOK?

出産や親の介護などによって仕事のブランクができてしまうという人も少なくはないと思います。

この場合は特に理由がない場合に比べると幾分ましになります。理由がはっきりとしていると、仕事に対する意識が低い、健康面などで不安があるといった問題は除外されるので、企業側も安心して採用することができる為です。

ただ、ブランクが長いことによって仕事のやり方を忘れていないかという不安は残っており、この点で採用を敬遠する企業も少ないわけではありません。

1年以上ブランクがあった場合に転職活動で起きたこと、感じたこと

さて、ここからは実際に1年以上ブランクがあった中で転職活動を進めてきた人の体験談について紹介していきましょう。

私は新卒で入社した会社を29歳の時に退職、そこから1年以上仕事から離れていました。

仕事をしなかった理由は特にありません。早く転職活動を始めないととは思っていたものの、退職金も含めてとりあえずしばらくは生活できるだけの貯金があったし3ヶ月すぎたら失業保険もでたのでずるずる1年何もせずに過ごしてしまいました。

ただ貯金も少なくなってきたのと、30歳を超えて無職である現状にさすがに焦りを覚えたので転職活動を始めることにしました。

特に理由もない1年以上のブランクですから、さすがに転職先がすぐ決まることはありませんでした。

書類選考になかなか通らない

最初は転職サイト経由で色々な企業に応募をしていったのですが、とにかく書類選考になかなか通りません。

履歴書の書き方などに問題があったのかもしれませんが、それにしたってさすがに受からなすぎでしたね。

特別年齢が高いわけでもなかったので、おそらくブランク期間が長いことが問題視されたんだと思います。

面接では必ず理由を聞かれる

なかなか書類選考には通らなかったものの、数をこなせばちらほら面接に行くことができるものもありました。

ただ、面接では必ずブランク期間の長さについて聞かれます。企業側にとっても気になる部分だったんだと思います。

まあ聞かれるだろうと思っていたので、理由は考えておき答えましたが、企業側の印象は悪かったと思います。準備していたのはありきたりの回答で、ごまかしていることが見え見えだったんだと思います。

ブランク期間があっても転職を成功させた方法

さすがになかなか受からなかったので、自分ひとりで転職活動を行うことに限界を感じていました。妥協すればどこかは拾ってくれるだろうとは思っていましたが、妥協して転職したところで、結局また辞めることになるだろうと思ったのでどうしても自分が納得いける転職先を見つけたいと考えていました。

そこで、転職エージェントを利用することにしました。私のように職歴に傷があるような人間は断られるということを聞いたことがあったので覚悟して登録しましたが、難なく利用することができました。

そこからはサポートしてもらいながら、それまでとは転職活動のやり方を変えました。そしてこれが功を奏すことになりました。

ブランクの理由を万人受けするものにしない

私がそれまで言っていたブランクの理由はとてもありきたりなもの。とにかくマイナスに受け止められないようにと考えると、どうにもこうにもありきたりなものしか思い浮かばなかったのです。

けれどそんな回答は企業にとってみればよく聞く話で、表面上取り繕っていると思わざるを得ないもの。ブランクが長いことに対して不安を消し去るようなものではありませんでした。

そこで私はブランクの理由を変えマイナスと見られるリスクはあるものの、企業に納得してもらえるようなものにしました。

反省も織り交ぜる

ブランク期間が長くなったことに対して、自分なりの反省も述べました。

考え方で甘い部分があったのは確かなことであり、それを無理に正当化しようとすれば面接官には悪い印象を与えるだけになるでしょう。

反省するべき点は反省し次につなげるという意思を伝えたほうが、印象はいいと思います。

過去の仕事をしっかり振り返る

1年たったからといって、仕事ができなくなるわけはないし、特に影響なくそれまでのスキルや知識をそのまま生かしていけると意味のない自信を持っていましたが、改めて過去の仕事について振り返ることにしました。

実際、意外に忘れている業界知識もあったし、1年で変わったこともありました。

これはかなり有効だったと思います。最終的に内定をもらった会社では、2次面接で専門的な話もでてきたのですが、これにすんなり答えることができたので、ブランクによる仕事への不安を減らすことに役にたったと思います。

ブランク期間で一つでも得たものをつくる

ブランクの理由として私の場合はリフレッシュの為、仕事をしない1年間を過ごしたという風に答えました。

ただ、それだけではやっぱりNG。1年間何もせずにだらだら過ごし、何もせずに時間だけが過ぎていったとなればやっぱり印象は良くないと思います。

そこで私は、そのブランク期間で得たものを一つ作ろうと思いました。リフレッシュの為とは言え、将来に向けてなんかしらに取り組んでいたということはアピールになると思ったからです。

私の場合はTOEIC800点。実は以前から英語は得意だったので仕事のブランク中に勉強してとったわけではありませんでしたが、あたかもこの期間で勉強してとったという風に言いました。

落ちて当然、とにかくへこたれない

あとこれからブランクという不利がある中で転職活動する人にアドバイスしたいことは、落ちるのは普通、へこたれず受け続けることが大事であるということです。

そもそも、転職活動は20社程度受けてようやく1社受かるくらいのもの。不利な要因があるならもっと増えて当然です。

やるべきことをやらずに妥協して転職先を見つけてもよいことはありませんから、とにかく粘り強く行うようにしてください。

やるなら早いほうがいい

ブランクがあることは、結局不利になる要因であることは間違いありません。だからこそできるだけ早く転職活動を始めることが大事。

だらだらすればするほどに自分のクビを絞めることになってしまうということを忘れないでください。

今は多くの企業で人手不足となっており、転職自体はかなりしやすい状況。たとえブランクがあろうとも年齢が高かろうとも正社員として就職することは十分可能になっています。

これだけ恵まれた時期はいつまで続くものではありません。いざ本当に就職しなくてはならなくなった時に万が一不景気となってしまっていれば目もあてられない状況になります。

そのことを忘れず、とにかく早めの行動を心がけてください。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:無職期間が長い場合に転職は不利になる。空白期間の理由はなんて言う??

関連:転職で有利、不利になる条件や実際はあまり影響しないこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ