ブラック中小企業によくある特徴。大企業に比べると多いのでよく注意。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

関連:  関連:

サービス残業にパワハラ、労働に見合わない低賃金などが当たり前と化しているブラック企業は労働者にとっての敵であり、なんとしても避けなくてはならない存在です。

そんなブラック企業ですが、大企業に比べて中小企業の方がが多いというのはよく知られたことです。

そこで今回はブラック中小企業によくある特徴について紹介していきます。これから中小企業への転職を考えている人は参考にしてみて下さい。

関連:中小企業への転職は不安になるほどリスクは高くない。優良中小を見つけ出そう。

関連:大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。

中小企業にはなぜブラック企業が多い?

大企業であってもブラック企業がないというわけではありません。ただ企業規模が大きいから、知名度があるからなんていうことだけで転職先を決めてしまうと痛い目を見てしまう場合もあります。

ただ割合として考えれば中小企業のほうが多いのは確かです。しかも中にはブラック企業の中でも特にとんでもない企業がまじっている場合もあります。

ではなぜ中小企業にはブラック企業が多いのでしょうか。

大企業に比べて多い理由

中小企業にブラック企業が多いのは以下の理由が挙げられます。

  • コンプライアンス違反をしても会社への影響が少ない
  • 労働基準法をそもそも知らない経営者もいる
  • 経営状態に余裕がない
  • 経営者のワンマン経営

コンプライアンス違反をしても会社への影響が少ない

大企業の場合、万が一労働基準法違反などのコンプライアンス違反が発覚した時にかなり大きな影響があります。

世間でニュースにもなり批判を浴び、下手したら経営にも大きな悪影響を及ぼす場合だってありますし、社長が辞任するといったケースもあります。

しかし中小企業の場合であればそもそも世間に知られていませんから批判を受けることがなく、経営にあまり影響を及ぼすことはありません。

法律を違反したことに対して罰せられることはあるものの、その罰則は軽度である場合がほとんどであることも理由の一つでしょう。

労働基準法をそもそも知らない経営者もいる

経営者になる為に特別必要な資格はなく、誰でも簡単になることができます。その為、自主的に労働基準法を勉強しない限り知ることはできず、よく知らないままになっているなんていう人も少なくありません。

大企業の場合は専門の部署があるので問題はありませんが、中小企業の場合だと経営者以外が管理することはないので、経営者が知らないとなれば致命的です。

昔は日が変わってまで仕事をするのが当たり前だった、怒鳴られて育っていくものだなんていう間違った考え方のままでその会社がブラック企業と化してしまうのです。

経営状態に余裕がない

大企業に比べて中小企業は経営状態が厳しい企業が多いというのもブラック企業が多い特徴の一つ。

経営が厳しいので人手が足りなくても新たな人材は雇えないので残業で対応する。その残業も残業代を支払う余裕がないのでサービス残業になる。こういったことになってしまっている中小企業は非常に多いです。

経営者のワンマン経営

中小企業の場合、経営者がすべてを決めるワンマン経営になってしまっている場合が非常に多いです。

その為、経営者に間違った部分があっても誰も間違いを指摘することができずにいつまでたっても問題点が解消されずにいつづけることになってしまうのです。

中小企業間での格差

中小企業は大企業に比べてブラック企業が多いというのは事実ですが、中小企業の全てがブラック企業というわけではありません。

中小企業の中には大企業ではありえないようなホワイト企業も存在しており、格差がかなり大きくなっています。

私の知り合いの経営者の会社も従業員数は20人と少ないですが年収はかなり高く、残業は毎月多くても20時間まで、サービス残業は当然ないし有給休暇の取得率も100%、さらにその他にも色々と従業員にとって非常にありがたい制度があるみたいです。

中小企業の場合は経営者の考え方によって大きく左右されます。社員のことを考えてくれる経営者であればホワイト企業もたくさんあるのです。

ブラック中小企業の特徴

ではブラックの中小企業にはどういった特徴があるでしょうか。よくあるものとしてこんなものが挙げられます。

社長の意見がコロコロ変わる

社長の一言は社員にとって重いということを知ってか知らずか、意見がコロコロ変わり従業員が振り回されてしまい、その結果長時間労働につながってしまうなんてこともよくあります。

まともな経営者であれば自分の発言の重さを認識するとともに、社員に働きやすさを提供しようと考え自分勝手なことをしないんですが、会社は自分のもの、会社の中で自分は絶対だと考えるあまりに従業員のことを無視して好き勝手やってしまっている経営者というのは多いですね。

マンパワーを無視した仕事量

会社にとってみればできるだけ多く仕事を引き受けこなしたほうが利益がでるのは確かなんですが、社員の能力、人員数を考慮した適切な仕事量でなければなりません。

しかし会社の利益を重視するあまりにマンパワーを大きく超えた仕事を受け、社員に過重労働を強いるというのもブラック企業によくある特徴です。

管理職の割合が高い

管理職には残業代や割増賃金を支払う必要がないという認識を持っている人は多いと思います。

労働基準法第41条第2項では「事業の種類にかかわらず、監督又は管理の地位にある者は、通常の残業に対する割増賃金の規定と、休日労働に関する割増賃金の規定は、適用しない」と定められており、確かにある一定の地位の人には残業代を支払う必要がなくなります。

この法律を悪用してとりあえずさっさと管理職にしてしまうのもブラック企業によくあることです。何時間働かせようがサービス残業ではないというわけですから経営者にとってはありがたいことですよね。

ただ本来は管理職であっても残業がでないわけではなく、いくつかの条件を満たしていなければなりません。その認識をもっていない人が非常に多く、管理職にすれば大丈夫、管理職だから仕方がないと受け入れてしまっている人が非常に多いです。

関連:管理職は残業代が出ないのが当たり前?名ばかり中間管理職に要注意!

精神論が多い

ブラック企業の経営者はよく精神論を語ります。

やりがいがあればなんとでもなる。仕事は気合でなんとかする。など適切な労働環境や仕事のやり方なんかはそっちのけでとにかくなんでも精神論で片付けようとするのです。

精神面でなんとかするなんてことには限界がありますし、違法行為を精神論で正当化するなんてことは普通におかしなことなんですが、よくやられている行為ですね。

ブラック企業はたくさんあるが、ホワイト企業もたくさんある

中小企業には、今回紹介したようなブラック企業がたくさんあるのは確かです。

しかしそんな企業ばかりだけではありません。たとえ中小企業であっても大企業にも引けをとらない、いやそれどころか大企業よりも優れたホワイト企業だって中にはあります。

転職する際にはいかにこういった企業を見つけることができるかが転職を成功させる重要な方法であると言えるでしょう。

転職活動を行う際には転職サイトなどを利用しとにかく多くの企業を調べてみるようにしてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:転職時における圧迫面接の意図及び対応方法や実際の事例。ブラック企業の場合もあるので要注意

関連:中小企業や零細企業に転職する場合の注意点、企業の選び方、リスク



このページの先頭へ