付き合い残業を強要されるような会社は転職するべき理由、不満があるならさっさと会社を変えよう

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

付き合い残業を強要されるような会社は転職するべき理由、不満があるならさっさと会社を変えよう

あなたの職場では自分の仕事が終わったタイミング、自分が帰りたいと思ったタイミングで帰ることができますか?

上司が帰れないから残業せざるを得なかったり、周りが帰れないからやることがなくても残業しなくてはいけない雰囲気があって、結局遅くまで残業するはめになっていませんか。

そんな風に周りに合わせて帰りたいのに帰れず残業することを付き合い残業といいます。

社会人の人であれば経験したことがある人はそれなりに多いと思います。

ただ付き合い残業ははっきり言って無駄でしかありません。

もしそんな付き合い残業が一度や二度ならまだしも常態化してしまっていて、無駄な時間を過ごすことになっているなら、転職を考える必要があるかもしれません。

関連記事

 

とにかく無駄な付き合い残業、特にサービス残業の場合は要注意

あらかじめ決められた所定時間内を超えて行う残業は、あくまでその時間内で仕事が終わらなかった時にやむを得ず行うもの。

たいしてやることもないのに上司が帰らないからという理由で行う残業は、はっきり言って意味がありません。

さらにこれがサービス残業であればさらに最悪。

付き合い残業であっても残業代がでるのであれば金銭面でのメリットはありますが、サービス残業となると単に時間を失うだけですからね。

もちろんチームとして仕事を行う以上、時には周りを手伝い助けてあげることは会社生活を潤滑にする上で必要なこと。

ただ単純に上司や先輩が帰るまでは帰ってはいけないルールや雰囲気があるなんて理由から行う付き合い残業は無駄以外の何物でもなく、やるべきではありません。

そしてもしそんな残業を強制されるようならばその会社はこの先も働き続けるべき会社ではありません。

付き合い残業を強要されるような会社は転職するべき理由

付き合い残業を強要されるような会社で働き続けることによるデメリットには以下のものが挙げられます。

とにかく苦痛な付き合い残業

まず何と言っても付き合い残業はしている本人にとってかなり苦痛であること。

早く帰りたいのに帰れない、仕事が終わったのに帰れないなんて苦痛でしかありません。

特にたいしてやることがなかったりすると時間が経つのがとてつもなく遅く感じますし、何より貴重なプライベートの時間を失ってしまいます。

趣味の時間、家族と過ごす時間、疲れを取る時間を無駄な付き合い残業のせいで失うなんてやってられませんよね。

残業を善としていると長時間労働を招く

付き合い残業を良しとし、残業することを善とする会社では長時間労働を招く危険が高いです。

いざとなれば青天井でも良いと考えていたり、毎月80時間を超える残業を行っていてもそれが問題あると思わなかったりと、長時間労働による労働者の健康への悪影響を無視されてしまっていることが少なくないです。

当然そんな会社で働いていれば体を壊してしまう可能性は高くなります。

スキルの低下、仕事を行う能力の低下を招きかねない

さっさと仕事を終わらせたところで結局残業せざるを得ないのであれば、多くの人は仕事をだらだら行うようになり、それが続くとその仕事のやり方に慣れてきます。

その結果招くのが、スキルの低下や仕事を行う能力の低下です。

限られた時間で仕事をこなす能力、計画をたてて仕事をこなす能力、工夫して効率良く仕事をこなす能力といった能力が一切身につきません。

そうなってしまうと、いざ転職しても他の会社では一切通用しなくなってしまいます。

上司の能力も低い場合が多い

上司自体の能力が低すぎる場合もよくあることです。

これまでだらだらと仕事をすることに慣れていた上司、まともにマネジメントができず仕事の割り振りができない上司、仕事の成果より残業時間で評価を決めてしまう上司。

そんな上司の元で働いていたところで学べるものなんてあまりありません。それどころか成長を妨げます。

会社生活において、特に20代の若い人にとって成長できるかどうかは上司の存在が大きく関わってきます。

だからこそ能力が低い上司の下ではいつまでも働きたかない方が良いでしょう。

会社に将来がない、ダメになる確率が高い

転職せずに今の会社で働き続ければいいなんて考えてはいけません。

どんな会社だってあと数十年も続くなんて保証はなく、だからこそ自分の能力を高めていく必要があります。

しかも付き合い残業が強制されているような会社なんて将来性はあまりありません。

残業代として無駄なことのお金を使っているが故にいつか経営を圧迫することになってしまうか、法律無視で社員が離れていくかのどちらがですからね。

さっさと転職して働きやすい会社で働こう

もしあなたが付き合い残業が強制されている今に不満を感じているならばぜひ転職することを考えてみてください。

今のままでは時間がもったいないし、会社の将来だけではなくあなたの将来が脅かされます。

さらに体を壊すことになる危険性だってあります。

あなたにとってもっと働きやすい会社はきっとあるはず。というか付き合い残業が常態化している会社なんてごく一部ですからね。

今の時代、転職は一般化していますし何より売り手市場。ぜひこの機会に転職活動を始めてみてください。

転職活動では転職エージェントを使おう

転職活動では効率良く進めていく為にも転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ