年収400万円の女性はすごいの?年収400万円越えの女性の割合や職業、生活レベルとは

女性の平均年収は令和3年の調査によると302万円となっています。もちろん、200万円台、400万円以上の方もいますが、女性の年収400万円という金額は全体から見てどのくらいの割合なのでしょうか。

近年では女性の社会進出が進んでいることから、今回は年収400万円にフォーカスして解説していきます。

はじめに、令和3年度の国税庁の調査を参考に、女性の年収に対する割合から見ていきましょう。

関連記事

 

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

女性の年収400万円はすごい?女性年収の割合について

女性の年収400万円はすごい?女性年収の割合について

令和3年の国税庁の民間給与実態調査によると、給与所得者の平均年収は545万円、性別で分けてみると、男性の平均年収は532万円、女性の平均年収は302万円となっており、男性に比べて女性の生涯を通した年収は上がりにくいということがわかります。

給与所得者全体の平均は443万円であり、女性の給与所得者の平均年収では140万円以上も下がることがわかりますが、年収400万円の女性はどれぐらいの割合で存在しているのかを確認していきましょう。

100万円以下:14.3%

年収103万円以下であれば扶養家族として扱われ、所得税や健康保険の支払い義務がない場合がほとんどです。

実家でフリーターとして暮らしていたり、扶養家族としてアルバイトやパートをしているという方がほとんどでしょう。

1人暮らしをするには厳しく、格安家賃の物件だったとしても食べていくのもきつい可能性があります。

100万円~200万円以下:22.5%

扶養家族として暮らしたい場合、年収103万円で所得税や配偶者控除の壁、年収106万円で社会保険加入の壁、年収130万円で国民年金や国民健康保険の壁、年収150~200万円で配偶者特別控除減の壁とあり、家庭に負担がかかりやすい年収帯となっています。

扶養から外れた場合、あまり余裕はありませんが生活はできます。もう少し収入を増やしたいと考える人も多いです。

200万円~300万円以下:20.9%

年収200万円台の多くは派遣社員や契約社員、アルバイトなどの非正規雇用であり、実家暮らしであれば問題なく暮らすことができます。

ですが1人暮らしではギリギリ生活できる金額であり、貯金は少しできる程度となります。

ただ女性の平均年収は302万円なので、200万円後半であればこの暮らしが平均と思っても良いでしょう。

300万円~400万円以下:18.0%

非正規雇用と正規雇用の分かれ目となってくる年収帯で、1人暮らしでは節約を意識すれば都内でもなんとか暮らしていくことができます

実家暮らしなら意識すれば貯金や旅行などもできるでしょう。

世帯年収が300万円台である場合は、幼保無償化や高校の無償化などの教育費で公的支援を受けることができるため、母子家庭や父子家庭でも必要以上に質を下げた生活になる心配はせずに済みます。

ただ、子どもの教育費を十分に確保したいなら、節約や各種公的支援を受けて浮いた生活費をしっかり貯めて行く必要があります。

400万円~500万円以下:11.4%

男女合わせた給与所得者の平均年収の前後です。生活レベルは低くもなく高くもないという金額です。

都内で1人暮らしをすることはできますが、贅沢な生活とまではいきません。旅行や趣味にお金を使いたいなら、普段から節約を心がける必要はあります。

実家暮らしや家賃の安い土地での1人暮らしなら多少余裕が出るものの、子どもがいる場合は、お金のかかるタイミングから逆算して貯金計画を立てるなどの工夫が必要です。

500万円~600万円以下:5.9%

日本の給与所得者の平均を超える年収であり、実家暮らしでも1人暮らしでも無駄遣いを控えれば生活に困ることはありません。

計画的にお金を貯めれば国内・海外旅行なども楽しめるでしょう。

2人以上の世帯でも一般的な生活は可能です。ただ、家賃の高い人気のエリアなどでの生活はやや厳しいでしょう。

また、子どもがいる場合は公的支援を受けられないか、受けられたとしても減額されたりするため、計画的な貯金も意識しなければなりません。

600万円~800万円以下

・600万円超700万円以下:3.0%

・700万円超800万円以下:1.7%

600万円台を超えるとグッと割合が少ない年収帯であり年収としても高額だといえます。

平均年収以上のお金を稼ぐ女性の仕事は、大学の教員や医療系資格保有者、士業などの特別な知識・スキルや専門性の高い仕事、役職に付いている、経営者などの一定のキャリアを築いた女性だと考えられます

一般的な企業で働く場合はなかなかこの領域の年収に届くのは難しいでしょう。

それでも年収600万円~800万円以下の女性が存在していることは誇らしいことです。

800万円以上~2,500万円以下

・800万円超900万円以下:0.8%

・900万円超1,000万円以下:0.4%

・1,000万円超1,500万円以下:0.8%

・1,500万円超2,000万円以下:0.2%

・2,000万円超2,500万円以下:0.1%

・2,500万円超:0.1%

年収800万円を超えるとさらに割合は少なくなり、どの年収帯も1.0%を切ってきます。この割合から誰でも稼げる年収額ではないことがわかります。

出産や子育てで一度職を離れてキャリアを中断しても専門性の高い仕事であれば復帰しやすく、需要に対して資格やスキルを保有する人が少なければ、高額の年収を望める場合もあります。

ただ、年収800万円以上ともなると男性でもかなり少ない割合です。そのため女性で年収800万円を超える人は相当稼げていると見て良いでしょう。

実のところ女性の年収400万円は少ない

年収400万円台である女性の割合は11.4%で、年収400万円を超える割合を全て合計しても全体の24.4%と4分の1にも満たない数字となっています。

このことから年収400万円を超えている女性は高収入であると考えて良く、女性の高年収の一応のボーダーラインと見ても良いでしょう。

女性は出産や子育てなどで仕事から離れる可能性が高く、復職後にどれだけのキャリアを積んでいけるかが年収を上げる鍵になります。

人により個人差はあると思いますが、高年収を得たいなら子育て中でも仕事を続ける・学び続けることが必要であると考えられます。

女性におすすめの年収400万円を超える業種

女性におすすめの年収400万円を超える業種

年収400万円を超える女性は平均よりも高い年収を得ていると考えられますが、どんな職業や役職に就いていれば女性でも高額の年収を稼ぐことができるのでしょうか。

ここでは、年収400万円超の女性の職業について、dodaの平均年収ランキングを元にチェックしてみましょう。

金融業

金融全体の平均では400万円を超えてはいませんが、投資顧問や証券会社、信託銀行、都市銀行など、お金のプロフェッショナルとして働くことができます。

金融業全体の中には女性の平均年収が400万円を超える職業もあります。近年では個人の投資に注目が集まっていることからも需要の増加が期待できるでしょう。

小分類で見ていくと、投信・投資顧問の女性の平均年収湯は596万円、証券会社は488万円、信託銀行449万円、都市銀行444万円、リース402万円となっています。

金融に関する専門知識が必要なこと、専門知識を生かして子育て後に復帰が可能なこと、時代の流れにより需要が増加傾向にあることを考えると、女性に向いているといえます。

メーカー

たばこやトイレタリー、総合電機メーカーでは女性の平均年収も400万円を超えており、生活必需品のメーカーでは女性が高年収を狙える可能性もあります。

どのメーカーで働くかにもよりますが、男女の平均年年収を年代別にみると20代で371万円、30代で470万円、40代で545万円、50代で700万円と若いうちから高年収の傾向があります。

小分類で見ていくと、たばこが538万円、トイレタリー470万円、総合電機メーカー441万円、香料410万円となっており、中でも女性の興味関心が高いトイレタリー業界などなら自分の意見を反映できるなど働きやすさもあるでしょう。

こうしたメーカー各社でも、独自の技術や商品知識・専門知識が必要となるので、これらを生かしてスキルアップや子育て後の復帰も期待できる業界です。

メディカル

医薬品メーカーや医療機器メーカー、臨床検査にまつわる業種、バイオ関連、CROなどの医薬品開発に関わる業種などでは、平均年収400万円を大きく超えています。

特に、医薬品メーカーの女性の平均年収は509万円と高額で、医療機器メーカーの437万円に70万円近い差があります。

男女合計で50代にもなると943万円もの平均年収になることから、大手に長く勤めるほど高年収が期待できるでしょう。

診断薬・臨床検査機器・臨床検査試薬メーカーの443万円と比べても60万円近い差があり、医薬品を製造・販売する医薬品メーカーの方が断然高年収な印象です。

メディカル業界は、生活に欠かせない医薬品から医療機器、それらを製造するまでの研究や検査機器などさまざまな職種がありますが、どれも専門特化した知識や経験が必要です。

自分の知識や経験を活かせる環境や細やかな作業が多いことからも、高年収を狙う女性に向いているといえるでしょう。

サービス

サービス業の女性全体の平均年収は326万円、年代別に見ると30代から年収400万円を超えてくる傾向があります。

サービス業というと美容関連や宿泊関連なども含みますが、年収400万円を超えるのは財務・会計アドバイザリー、コンサルティング関連、マーケティング・リサーチなどの専門的な知識が必要となる分野です。

これらの分野は企業の経営に関わりが大きいことや、専門特化した知識と経験が必要となることから、入社後数年程度にあたる30代から年収が400万円を超えてくるのも理解できます。

また、時代の流れや変化の早い分野ではあるものの、情報が得やすいので勉強していけばついて行くことができます。

そのため、子育て後の復帰や条件の良い会社への転職もしやすいでしょう。

おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビAGENT
利用者満足度No.1
若手社会人から強い支持
営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

※リクルートエージェント・マイナビのプロモーションを含みます。

年収400万円の女性の生活レベル

年収400万円の女性の生活レベル

年収400万円を稼ぐ女性はどのようなレベルの生活を送ることができるのか、生活パターンごとに確認してみましょう。

年収400万円の手取り額とは

はじめに年収400万円の1ヶ月の収入はどれぐらいになるかを考えていきましょう。

年収400万円を手取り額に換算してみると、総支給額から控除額(社会保険料+所得税+住民税)を引いた金額になり、扶養家族などの要因で多少変化することはありますが、およそ315万円ほどとなります。

この金額にはボーナスも含まれているので、ボーナスを引いたときに1ヶ月の収入はいくらになるのかを計算してみましょう。

ボーナスを手取り1ヶ月分を年に2回もらえるとして考えると、次のような計算になります。

315万円(1年の手取り額)÷14ヶ月→22.5万円=月収

年収400万円では、1ヶ月の手取り額は約22.5万円ということになります。

独身×実家暮らし

独身で、実家で暮らしている場合、家賃や食費、光熱費がいらない代わりに、家に入れるお金を50,000円として計算してみましょう。

家に入れるお金

50,000円

日用品

5,000円

通信費

15,000円

趣味・娯楽費

20,000円

交際費

20,000円

医療費などの予備費

5,000円

支出合計

115,000円

月収が22.5万円、支出の合計が115,000円だと計算すると、1ヶ月に110,000円の余裕があるため、交際費や娯楽費にもう少し予算を回したり年に2回のボーナスでは海外旅行などの贅沢をすることもできます。将来のためにしっかりと貯金を行うこともできるでしょう。

独身×一人暮らし(都内)

家賃

70,000円

食費

50,000円

日用品費

15,000円

光熱費

15,000円

通信費

15,000円

趣味・娯楽費

10,000円

交際費

20,000円

予備費

5,000円

支出合計

200,000円

食費や日用品、光熱費など、節約に気をつけて生活すると貯金はできます。

ボーナスの時には多めの貯金を心がけていけば、旅行などのちょっとした贅沢もできるでしょう。

配偶者あり×子供なし

夫婦2人暮らしで、世帯年収が400万円の場合の計算をしてみましょう。

家賃

80,000円

食費

40,000円

日用品費

15,000円

光熱費

20,000円

通信費

10,000円

趣味・娯楽費

10,000円

交際費

10,000円

予備費

10,000円

支出合計

205,000円

2人に増えることで生活は少し厳しくなり、都内では積極的な節約が必要です。家計を見直して毎月少額でも貯金に回すようなプランを計画してください。

趣味や娯楽に使える金額が少なくなるので、ボーナスを利用して将来に向けて貯めていくのも良いでしょう。

ただ、会社の業績によってはボーナスがカットになる可能性もあるため、毎月の給与の中から少額でも貯めることを意識すると良いでしょう。

配偶者と共働きであれば、もう少し家賃の高いエリアで暮らすことも可能であり夫婦いずれかの収入を貯金に回すこともできます。

配偶者のどちらかだけの収入で生活するよりは、余裕ある暮らしも実現できるでしょう。

配偶者あり×子供あり

世帯年収400万円でこどもが1人いる場合の暮らしぶりを計算してみましょう。

家賃

53,000円

食費

50,000円

日用品費

20,000円

光熱費

20,000円

通信費

17,000円

趣味・娯楽費

10,000円

交際費

10,000円

予備費

10,000円

教育費

20,000円

支出

210,000円

生活費の中で一番高くなりがちな家賃をいかに減らすかが鍵になります。例えば、市営住宅や社宅、郊外に暮らすなど家賃節約の工夫が必要でしょう。

子どもの教育費も貯めなければならないので、家賃や食費、通信費や光熱費などを節約するとともにコツコツ貯めることが必要です。

家族3人で暮らす場合を想定すると、生活の随所で節約していくようになりますが、配偶者と共働きで多少ボーナスが期待できるなら若干の余裕をもって生活できるでしょう。

女性が年収400万円を目指す方法3つ

女性が年収400万円を目指す方法3つ

400万円以上の女性は24.4%と少ないのが実情です。

ですが、高年収の職業に転職することや、副業や独立などで稼ぐなど工夫次第で年収を高めることはできます。

ここでは、女性が年収400万円以上を目指す方法を紹介していきます。

副業を始める

今の仕事には満足しているけれど年収をもう少し上げたいなら、副業で稼ぐことも1つの方法です。

副業を検討する際は、在籍する会社の就業規則で副業が禁止されていないかを確認し、本業に支障がない範囲で稼ぐことや、業務上の秘密を漏洩しないなど、いくつか気をつける点があります。

また、給与以外の所得が20万円を超える場合は確定申告が必要です。確定申告に関する帳簿管理や申告の手間はかかるものの、その分年収もアップできます。

独立する

スキルや経験に自信があるなら、会社を辞めて独立し自分でバリバリ稼ぐことも可能です。働く時間や働き方を自分で決められるほか、がんばり次第で年収を大幅に上げることもできるでしょう。

ただ、独立すれば自然と年収が上がるというわけではなく、顧客開拓や人脈づくりが大切で、これまで以上にさまざまな情報にアンテナを高くしておかなければなりません。

顧客開拓が上手くいかない場合やスキル不足で仕事を取れない場合は、どこからも収入を得られないリスクを伴うため、独立する前に人脈を広げておき顧客との信頼関係を築いて置く必要があるでしょう。

そのため、事前にある程度の資金を用意しておき、家族やパートナーがいる人は事前に相談して理解や協力を得られる環境にしておくことをおすすめします。

また、はじめは副業からスタートすることや、どれぐらい稼げるかを調べてから挑戦するのも良い方法です。

現代はインターネット上で情報収集が可能なので、独立する際は職種や年収、仕事のとり方なども事前に調べておくと良いでしょう。

転職する

女性が年収400万円を目指すには、年収400万円が見込める会社への転職が確実な手段です。

待遇の良い会社の中には、出産や子育てなど女性のライフイベントに理解がある会社も多いので、そういった会社に身を置くことで子育てしながらでもキャリアアップしていけます。

また、単に高年収が見込める会社に狙いを定めるのではなく、自分のスキルや経験を活かせるか、さらなるスキルアップができるかも検討することが必要です。

女性の昇進や昇給に理解がない会社だと、転職できたとしてもそれ以上の年収アップは期待できません。

こうしたことから、女性が年収400万円を目指すにはやみくもに転職をするのではなく、女性のライフイベントや昇進・昇給に理解がある会社であるかを見極めることが重要です。

実際に転職を希望するなら、一人で転職活動するのではなくあなたの希望やスキルを汲み取ってサポートしてくれる転職エージェントの利用をおすすめします。

転職でキャリアアップを目指すなら転職エージェントの利用を

転職でキャリアアップを目指すなら転職エージェントの利用を

女性が年収400万円を目指す際、年収400万円を見込める会社への転職が一番確実な方法だとお伝えしましたが、単純に転職すれば良いというわけではありません。

求人票の内容や能力重視の社風を感じて年収アップが見込めると思って転職しても、実際に働いてみるとなかなか年収アップにつながらないというケースも少なくありません。

こうしたリスクを避けるため、少しでも年収アップの可能性を高めるためには、転職エージェントの利用をおすすめします。

様々な情報を駆使して最適な企業を紹介してくれる

転職エージェントは、転職のプロであり転職のことならどんなことでも相談できます。

転職検討先企業の情報を詳細に把握しているとともに、求人サイトに掲載していない非公開求人も多く保有しています。

また、あなたの希望やスキルを丁寧にヒアリングして、それに合う会社をさまざまな情報を駆使して紹介してくれることも特徴です。

そのため、年収400万円が見込める会社の中でも、あなたに最適な会社を紹介してくれるでしょう。

あなたの代わりに給与交渉も行ってくれる

転職エージェントは年収400万円が見込めるあなたに最適な会社を紹介してくれることに加え、給与交渉もしてくれます。

例えば、求人票の上では年収が400万円に届かないとしても、あなたの強みをアピールしつつあなたの代わりに給与交渉をしてくれるのです。

転職時に求職者の方から給与交渉することはなかなか言いにくいものがありますが、その点もしっかりカバーしてくれます。

特に、あなたに特殊な資格やスキル・経験があるなら、それらを武器に転職エージェントが給与交渉を行い、年収アップに尽力してくれるでしょう。

書類の添削や面接練習など転職活動のサポートも手厚い

転職活動をする際は、履歴書や職務経歴書などいくつかの書類作成が必要です。

転職エージェントはこうした書類の添削や、面接の練習などもサポートしてくれます。

自分一人で転職活動する場合に比べて、書類の不備を事前にチェックできることや、面接の練習ができるのは心強いものがあります。

また、転職エージェントはこれだけの手厚いサポートが受けられるにもかかわらず、利用料は一切かかりません。

年収400万円が見込める会社に転職したい方は、まずは相談だけでもしてみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。