27歳からでも未経験職種への転職は可能気を付けたいポイントと未経験OKが多い職種を解説

あなたは27歳という年齢でも転職ができるのか気になっていませんか?

確かに、27歳という年齢は一般的にアラサーと呼ばれる年齢になるので、「転職をするにも厳しいのでは」といった印象が強いでしょう。

実際、一昔前までは転職は20代の方が大半でした。

しかし、近年は一生涯同じ職場に勤めるといった風潮が弱まり、20代後半や30代、40代という年齢であっても転職を考える方が増えたのです。

それに伴って、各企業も年齢が若い方だけなく、ある程度社会人として経験を積んだ方でも「即戦力」といった部分を期待して採用活動をするようになりました。

そこで今回は、27歳でも転職ができるのかどうかという点について徹底解説していきます。

転職成功のポイントなどもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

転職経験がない27歳でも転職はできるのか?

転職経験がない27歳でも転職はできるのか?

27歳は、20代の後半に差し掛かっているものの、まだまだ20代という若さがあると評価してもらえるので、転職に際しても年齢が大きな障害となる可能性は低いと言えます。

また、社会人として働き始めてから数年間は経験を積んでいるので、その点も評価してもらえるでしょう。

つまり、社会人として必要なビジネスマナーなどは身に付けた若い人材と考えられるため、意外に強みが多くなっているのです。

27歳という年齢なら、ギリギリ未経験の分野にもチャレンジできるので、職所自体を変えたいという方にも良い時期でしょう。

ただし、年齢的に考えると未経験の分野にチャレンジするには最後のチャンスとなるかもしれません。

ちなみに、年代によって会社が求めるものは違ってきます。

そのため、27歳がどのような部分を求められるのか知っておく必要があるでしょう。

20代に求められるもの

20代の職では、まだまだ成長できるというポテンシャルが求められています。

社会人としての経験は浅いものの、その分凝り固まった考えがなく新しい知識でも難なく吸収できるでしょう。

即戦力としてのアピールはできなくても、今後の成長が期待できるという点をアピールすれば転職の成功率が高まります。

ただし、20代の後半になってくると、数年間は社会人経験を積んでいるので、一定のビジネスマナーはあると判断されます。

若さと基礎的なスキルの両方があると分かれば、企業側も貴重な人材として迎え入れてくれる可能性が高くなるでしょう。

30代に求められるもの

30代の転職では、即戦力となるスキルが求められます。

20代のうちに基礎的なビジネスマナーを身に付けている30代なら、転職してすぐに戦力として活躍できるでしょう。

また、まだまだ若い世代なので今後の成長も期待できる特徴があります。

30代で転職する場合は、即戦力として活躍できるスキルを伝えながらも、新しい知識が吸収できるという柔軟さをアピールしてください。

そして、27歳にという年齢の場合は、20代の若さに加えて、30代の基本的なビジネスマナーを身に付けているといった両方が評価されるので、意外に転職では有利になるのです。

この両方を上手にアピールして、転職を成功に導きましょう。

40代以降に求められるもの

一応、40代以降に求められるものをお伝えすると、40代以降ではマネジメント能力が求められます。

一般的に40代以降になると役職を経験しているため、その経験の際に培った高いマネジメント能力が期待されているのです。

また、上司とのコミュニケーションに柔軟に対応したり、部下の扱いにも慣れていたりといった特徴があります。

後継者が不足している企業では、すぐに経営陣として迎えられるケースもあるので、そのつもりで強みなどをアピールしてください。

27歳で未経験の異業種への転職は大卒なら第二新卒となり有利

https://raorsh.com/wp-content/uploads/2021/12/27-mikeiken_02.jpg

27歳という年齢は、ギリギリ未経験の職種に転職できる年齢です。そして、あなたが大卒なら第二新卒として採用試験が受けられるので、新卒に近い立ち位置で転職活動に臨めるのです。

もちろん、企業側も新卒に近い形で受け入れ態勢を作っているので、未経験の職種でも目指せるでしょう。

第二新卒とは?

第二新卒とは、一般的に学校を卒業して一度は就職するが、数年のうちに離職して再び転職活動する若手の求職者を意味しています。

実は、第二新卒という言葉は明確に定義されている訳ではなく、辞書などにも「第二新卒」という言葉はありません。

そのため、年齢的にも明確な決まりはないのです。一般的には、25~27歳くらいの年齢は第二新卒として扱われています。

そして、一昔前までは世の中に出回っている求人の約8割は新卒のものでした。

しかし、近年は第二新卒の求人が非常に増えていて、企業側も第二新卒を積極帝に採用したいという意思を強く持つようになったのです。

「マイナビ転職 中途採用状況調査」の概要によると、「今後一年間の第二新卒の見通し」という質問に対して以下のような結果が出ています。

  • 本年よりも積極的:18.1%
  • 本年と変わらず積極的:44.1%
  • 本年と変わらず消極的:12.8%
  • 本年よりも消極的:6.4%
  • 今後一年間に第二新卒の採用はしない:18.6%

 

このように、「本年よりも積極的」が18.1%で「本年と変わらず積極的」が44.1%となっていて、その合計は62.2%にも及んでいるのです

この傾向は年々強まっていて、企業側も「第二新卒=素直でやる気がある」と判断してもらえます。

また、30代以上になるとライフイベントの発生も多くなるので、未経験の職種への転職は難しくなるのです。

これらの点を考えると、未経験の職種への転職は27歳くらいが最後となるでしょう。

年齢が高い方には別の魅力があるも野の、やはり転職は若い方が有利なのは事実です。

27歳で転職を考えているなら、一刻も早く行動を開始した方が良いでしょう。

27歳が未経験職種に転職するときどんなことに気を付けるべきか

27歳が未経験職種に転職するときどんなことに気を付けるべきか

ここでは、27歳の方が未経験の職種に転職する場合、どのような点に気を付けるべきなのか解説します。

注意点1.自分自身を振り返りスキル・キャリア・資格などを整理する

27歳が未経験職に転職する場合の注意点1つ目は、自分自身を振り返りスキル・キャリア・資格などを整理することです。

27歳は、まだまだ経験も浅く新卒に近い位置付けで採用試験が受けられます。

しかし、だからといって完全に新卒者のようなフレッシュさだけをアピールしていては、他の求職者に勝つことはできません。

この数年間で社会人として経験して身に付けたスキルやキャリアなどを洗い出して、若さと併せてアピールしてみてください。

この若さと実績の2つが合わさった時に強力なアピールができるようになるのです。

注意点2.ビジネスマナーを振り返りチェックする

27歳が未経験職に転職する場合の注意点2つ目は、ビジネスマナーを振り返りチェックすることです。

通常、新卒採用なら基本的なビジネスマナーを教える研修などを用意しています。

そして、第二新卒であっても、企業によってはビジネスマナーに関する研修を用意しているでしょう。

しかし、本音はビジネスマナーなどの研修をすると時間もコストもかかるため、省けるなら省きたいと考えているのです。

そのため、あなたにしっかりとしたビジネスマナーが身についているなら、その点をアピールするだけでも非常に転職で有利となります。

まずは、前の会社で教えられたビジネスマナーを振り返って、どんなビジネスマナーがあったのか確認しておきましょう。

そのビジネスマナーを、どのようにアピールすれば良いのか考えてまとめておいてください。

注意点3.転職先の業界・業種・企業についてしっかり調べておく

27歳が未経験職に転職する場合の注意点3つ目は、転職先の業界・業種・企業についてしっかり調べておくことです。

これは、第二新卒など関係なく、転職者ならだれもがすべき作業となっています。

具体的には、以下のような部分を徹底的に調べる必要があるのです。

  • 企業概要を学ぶ
  • 企業の強みを知る
  • 企業の動向を把握する
  • 経営者の考え方を知る
  • 社風を知る
  • 社員の生の声を聞く

これらの点は徹底的に調べておきましょう。

そして、その企業がどのような人材を求めているのか明確にしたうえで、自分自身のスキルや経験の中からアピールすべき点を見つけてください。

注意点4.転職サイトや転職エージェントを利用する

27歳が未経験職に転職する場合の注意点4つ目は、転職サイトや転職エージェントを利用することです。

これは、厳密にいうと注意点ではなく成功のためのコツのようなもので、自分1人で転職活動を進めるよりも成功率を上げる手段となっています。

自分1人だけで転職活動していると、「自身のどの部分をアピールすればよいのか?」「その企業には、どのようなアピールをすれば良いのか?」など分からない点が多々あります。

また、自分自身に関しても客観性が失われてしまい、なかなかスムーズな転職活動ができないのが実情です。

しかし、転職エージェントを利用すれば、そんな心配は無用となります。

転職エージェントとは、転職活動にかかわる様々な点をサポートするサービスです。

  • 就活の悩み相談
  • 非公開の求人を含めた紹介
  • 面接対策・模擬面接
  • ES・履歴書の添削

具体的には、あなたの転職活動を以上のような部分からサポートしてくれます。

ちょっとした悩みはもちろん、誰にも相談できないような悩みも親身になって聞いてくれるので、孤独感が強い転職活動において心強い味方となってくれるでしょう。

27歳の転職におすすめの職種を解説

27歳の転職におすすめの職種を解説

未経験でも歓迎してくれる職種というのは意外に多くあります。

ここでは、どのような職種があるのか確認していきましょう。

未経験歓迎1.ブライダル・ホテル・美容

未経験でも歓迎という職種1つ目はブライダル・ホテル・美容です。

エステティシャンやブライダルコーディネーター、宿泊施設サービス、タクシードライバーなど職種は、未経験でも歓迎というケースが非常に多くなっています。

実際、採用担当者が未経験でもOKとする理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 美容:「新規出店の計画があるから」
  • ブライダル:「サービスを充実させるため」
  • 旅行・ホテル:「訪日観光客が増加していて」

業績が好調な企業や需要が高まっている業界などは、増員する必要があり未経験でも積極的に採用しているようです。

未経験でも歓迎という企業なら、研修制度もしっかりしているので安心して転職ができるでしょう。

未経験歓迎2.販売・フード系

未経験でも歓迎という職種2つ目は販売・フード系です。

アパレル店員や雑貨屋のスタッフ、飲食店などは未経験でも歓迎という仕事が非常に多くなっています。

中には、店長候補となる人材を未経験者から探すという企業もあるので、将来的に責任のある仕事に就きたいという方にはピッタリです。

コミュニケーション能力が必須の職業が多いので、前職で営業などをしていた方は未経験でもスムーズに仕事に馴染めるでしょう。

未経験歓迎3.物流・倉庫・運輸・倉庫

未経験でも歓迎という職種3つ目は物流・倉庫・運輸・倉庫です。

物流や倉庫といった職種は単純作業が多いため、未経験でも歓迎という仕事が非常に多くなっています。

未経験から始めても、勉強すべきことや覚えるべき作業が簡単なので、すぐに仕事に慣れるという点も魅力の1つです。

研修制度が整っている会社も多いので、未経験の職種に就きたいなら候補に入れておくべき職種の1つと言えるでしょう。

ポイントを押さえて27歳での転職をより良いものに

ポイントを押さえて27歳での転職をより良いものに

27歳という年齢は基礎知識も備わっており、ポテンシャルもあるので企業に通っては魅力的な存在です。

もし、27歳で未経験職種への転職を考えている方は積極的にチャレンジしてみて下さい。

その際、説明した注意点やおすすめの職種をしっかりと抑えて転職活動に臨めば、より満足のいく結果を得ることが出来るでしょう。