在職中に働きながら転職活動するのが辛い、難しい、無理と感じた時のストレスを少なくするには?

在職中に働きながら転職活動するのが辛い、難しい、無理と感じた時のストレスを少なくするには?

今の仕事は辞めて転職したいと思っていても、中々時間がとれずに転職活動を始めることができずにいる人は多いし、実際に転職活動を始めてみたものの働きながらだと辛い、難しいと感じてしまっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は在職中に働きながら転職活動する際に極力ストレスを減らし、辛いものではなくする為のポイントを紹介していきます。

関連:在職中の転職活動はリスクを下げる為に当然。気にするのはバレることだけ。

関連:転職は会社への裏切り行為ではない。自分の幸せを優先しよう。

在職中に働きながら転職活動するのが辛い、難しい

在職中に働きながら転職活動をすることは、リスクを下げる上で必要なこと。

実際に転職活動を始めてみた時に、思ったような転職ができないと悟ったら転職することを取りやめることも可能だし、収入が途絶えることもありませんから焦りによる判断ミスもなくなります。

ただ朝から夜まで仕事をして、帰ってきてから転職活動をするというのはやっぱり大変なこと。辛いとも感じるし、難しいと感じることもあるのは間違いありません。

転職活動に割ける時間が少なく、ゴールが見えない

転職活動に割ける時間が少なく、求人選びもろくにできないし、応募する求人を決めても履歴書を書く時間がなく、こんなペースでいつ転職できるのだろうかとゴールが見えなくなってしまっている人も多いかもしれません。

転職活動は新卒の就職活動と違って時間制限はなく、少しずつでもやっていけばいいんですが、転職したいと思って転職活動を始めたからには、できる限り早く転職先を見つけたいと誰だって思うもの。

早く転職したいけど転職活動のゴールが見えてこない。これではストレスも溜まってしまいます。

プライベートの時間がなくなり、ストレスが溜まる

転職活動に充てる時間は、普段好きなことをするプライベートの時間。

ゲームをしたり、遊びに行ったり、だらだらとテレビを見たり、寝たり。

転職活動を始めるとそういった時間を犠牲にすることになってしまい、普段の仕事に対するストレスも溜まり続ける一方になっていまいますよね。

仕事をしていればただでさえプライベートの時間なんて少ないのに、さらにそこから削られるというのはやっぱり辛いことです。

平日に行われる面接と仕事のやりくりに悩む

在職中に転職活動をする場合の最大の難しさが平日に行われる面接に行くこと。

会社を休まなくてはいけないけれど、有給なんて簡単にとることはできず、仕事の調整をしながら企業側と面接日の交渉も行わなくてはならない。大変に決まってますよね。

実際、仕事を休むことができずにせっかく書類選考には通過したのに諦めてしまうなんて人もいるみたいです。

それでも辞めた方が手っ取り早いなんて思ってはだめ!

在職中に働きながら転職活動するというのは、こういった大変さがあります。

だったらもういっそのこと辞めた方が手っ取り早いと思ってしまうかもしれませんが、それはだめ。

もちろん辞めてから転職活動をしても良い場合がないわけではありません。

  • 精神的に限界で仕事を続けることができない
  • 有給休暇が一切とれるような環境にない
  • 残業が多すぎて転職活動をする時間が一切ない

精神的に危ない状態ならば、転職先が決まるまでの数か月さらに耐えるのは危険。

どんな理由であっても有給休暇をとることを許さないブラックな会社で面接に行きようがない場合は仕方がありません。

残業で毎日終電帰り、休みも全然ないような状態で転職活動に割く時間が全くないという場合も仕方ありません。

ただこれらに該当しないのであればやっぱり転職活動は在職中にするべき。多少大変であっても、辛くても、難しいことがあっても、それを乗り越える方法はありますから安易にリスクを負う選択はしないでください。

在職中に働きながら転職活動する際のストレスを少なくするポイント

では在職中に働きながら転職活動をする場合、どうすれば極力ストレスを少なくしていけるでしょうか。

そのポイントを紹介します。

応募社数を減らす

むやみやたらに応募社数を増やしたら、手間はどんどん増えていくだけ。

ですから一度に10社以上に応募することを考えるのではなく、ある程度絞っておくことは大切です。

ただ単純に応募社数を減らしてしまうと、それだけ転職活動の期間が延びてしまいますから、単に減らすのではなく、自分の条件と企業の条件をしっかり確認しマッチングしている企業に絞って応募することが必要です。

マッチングをしていない企業に応募したところでほぼ書類選考で落とされるだけですから、無駄に労力をかけてしまうことになるので、これをするだけで転職活動にかける時間は格段に減るでしょう。

合格率を上げる

転職活動では数うてば当たる作戦も有効ではあります。

先ほどあげたマッチング等も気にせず、とにかくばんばん受けて、落ちるたびに反省して改善していき、良い企業に巡り合うことを待つ。

このやり方で転職を成功させている人も決して少なくはありません。

ただこれでは手間がかかりすぎるので在職中に転職活動する場合だとかなり大変です。

応募社数を絞り、履歴書や職歴書、そして面接の質を最初から高めておき合格率を上げた方がずっと手間は少なくなり、ストレスも少なくなります。

便利なものを最大限利用して面倒なことをさける

転職活動は一人で行おうと思うと本当にやることが多いし、面倒なことも多いので働きながらやっていればストレスがたまるのは当然。

ただ今は転職エージェントという無料で使える便利なものがあって、全てとは言わないまでも面倒なことの大半を代わりにやってくれます。

面倒なことはそもそも自分ではやらない。これだけで転職活動に対する苦労はだいぶ減るでしょう。

転職エージェントの利用は必須

マッチングした企業を選び応募社数を減らすにしろ、履歴書や面接などの質を上げて合格率を上げるにしろ、そんなことは初めて転職活動を行う人が転職サイトの情報だけを頼りにしてできるようなことではありません。

何人もの転職者をサポートした転職エージェントだからこそできることというのはやはり多く、在職中に働きながら転職活動するのであれば利用は必須です。

転職活動では20社程度応募してようやく1社から内定を貰えるというのが平均ですが、転職エージェント利用の場合は5、6社程度ですんだなんてこともざらにあります。

転職エージェントを利用した場合、マッチングしていない求人はそもそも紹介されない為、応募することができる時点で多少なりとも可能性はあるものばかり。

むやみやたらに受けるより、手間が少なくなるのはまあ当然と言えるでしょう。

転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応しています。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主(東京、神奈川、千葉、埼玉)。それ以外の地域ならDODAなど大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ