終身雇用制度のメリット、デメリット。若者は終身雇用制度を望んでいる。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

これは意外!若者は終身雇用制度を望んでいる。しかし崩壊は進む。

日本の会社の特徴として、終身雇用制度と年功序列があげられます。

会社員は、新卒で入社した会社で定年まで働き続ける。そして、年齢を重ねるごとに、勤続年数を積み重ねるほどに、給与が上がっていく。

日本特有の慣習です。

一方でアメリカでは、それぞれ個人の能力を武器に、条件のより良い会社に転職をする。そして賃金は、年齢や勤続年数ではなく、個人の能力により決められる。

いわゆる成果主義です。

さて、このように異なる働き方がある中で、日本の若者はどのような形を望んでいると思いますか?

なんと日本の若者の多くが終身雇用制度を望んでいるのです。

関連:年功序列制度と成果主義の意味やメリットを解説。あなたはどちらを望みますか?

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

スポンサーリンク

終身雇用制度を望む若者

産業能率大学の新入社員の会社生活調査によれば、

終身雇用制度を望むという回答が76.3%となり、過去最高を記録しています。

その理由は若者が安定を望んでいることによります。

解雇の不安がなく、安心して働くことができる。

人生設計を立てやすい。

などといった理由が、終身雇用制度を望む理由です。

近年の不景気で、多くのメディアでも自分の周囲の環境でも不安感を煽られていることが原因でしょう。

一方で、実際の新卒者の若者の離職率は3年で3割もいます。

終身雇用を望む一方で、なかなか1つの会社では定着できてはいないのです。

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ新入社員が辞める頃?

スポンサーリンク

終身雇用制度のメリット、デメリット

多くの若者が望む終身雇用制度。

どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

終身雇用制度のメリット

終身雇用制度の最大のメリットは、滅多なことでクビにはならず、安定して働き収入を得ることができることでしょう。

成果をあげることにあくせくせず、精神的にも安定することができます。

また、会社側としても、人の入れ替わりが少ない為、採用や教育にかかる費用を少なくすることができます。

終身雇用制度のデメリット

たいした成果を上げなくても、クビにはならないし毎月給料をもらえる。

そうなると中にはろくに働かなくなる人もいます。

そんな人がいると、周囲の人のモチベーションは下がってしまう。

クビにできないということはこういったリスクを抱えます。

また、一つの会社で働き続けるということは、学校卒業時に決める会社が全てであるということです。

社会全体が終身雇用制度であれば、転職もなかなか活発にはなりません。

いわゆる「新卒至上主義」です。

これにより、就職が決まらないためにわざと留年して翌年にまた就職活動をするといった人も数多くいます。

関連:大卒就職率が7年ぶりの高水準!だけど高いのはこんな理由が・・・

終身雇用制度の崩壊

多くの人が望んでいる終身雇用制度ですが、近年では終身雇用制度が崩壊しているという話をききます。

確かに近年では、大企業ですら不景気の影響により人員削減を行っています。

終身雇用制度はあくまで景気がよく会社が成長していくことが前提となっている為、維持することができなくなっているのです。

これが崩壊と言われる原因です。

しかし、そもそも終身雇用は成立していたのでしょうか。定年まで1社で努め続ける人は実は10%もいないのです。

滅多なことでクビにはならないということは確かですが、もともと完全になんて成立していなかったのです。

会社で働く人間として、一つの会社に捉われずに柔軟な対応をしていくことが求められるようになっています。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

終身雇用制度について私たちが考えなければならないこと

終身雇用が成立していないにも関わらず、終身雇用に期待し会社に依存していてはいけません。

常に危機感をもって生きる必要があるのです。

その対策として、会社に依存せず稼ぐ力を身に付ける為に副業をしてみるだとか、

今の会社でなく、他の会社の人があなたをほしくなるようなスキルを身に付けるなどといったことがあげられます。

その方法は、各個人で様々だと思いますし、自分にあった形であればいいと思います。

関連:OJT研修は最高の教育にも最低の教育にもなる

関連:平均勤続年数とは?就職、転職時のチェックの仕方。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



このページの先頭へ