社長になるにはどうすればいい?起業の道か、出世の道か。

社長になるにはどうすればいい?起業の道か、出世の道か。

社長になるにはどうすればいいのでしょうか。

産業能率大学の「新入社員の会社生活調査」によれば、

年々、社長になりたいと思っている新入社員は減少傾向となっています。

それでも男女あわせて11.5%、男性だけであれば14.2%の人が社長になりたいと考えているようです。

およそ7人に1人です。

そこで今回は、社長になるにはどうすればいいかを考察していきます。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:過労死ラインの基準は?過労死の原因、前兆を知って対策

スポンサーリンク

社長の定義

社長、社長と言いますが、実は正しい理解をしていない場合も多いので、一度確認しておきます。

「社長」とは、一般的には、会社が定める職制において、第三者に対して会社を代表するとともに、会社内部で業務執行を指揮する役職のことである。社長の権限に対する法的根拠を確保するために、一般的には、株式会社では代表取締役若しくは代表執行役を社長として可能な限り業務執行権限を委任し、また持分会社では代表社員を社長とする。

引用:Wikipedia

「社長」=「代表取締役」という考えがありますが、会社の形態によってはそうではない場合もあります。

「社長」というのはあくまで「部長」「課長」「係長」と同様の肩書にすぎません。

ちなみに代表取締役は会長や副社長などもなれますし、複数人でも構わない為、社長が一番の権限を持っているわけではありません。

場合によっては代表権を持たない社長もいるそうです。

また、社長という名称を使わない会社もあります。銀行の「頭取」なんかもそうですね。

今回は、一般的に考えられている、会社で一番偉いという意味で社長という言葉を使っていきます。

スポンサーリンク

社長になるには?出世と起業

社長になるにはどうしたらいいでしょうか。出世の場合と起業の場合について考えていきます。

出世して社長になる

出世して社長になることを考えてみましょう。大企業と中小企業の場合で大きく異なるので分けて考えます。

大企業で社長を目指す

大企業で出世して社長になるにはどうすればいいかを考えてみます。

大企業の場合、まずそもそもの人数が多い為、倍率がものすごく高いです。

また、就職活動、転職活動でも人気企業となっており、優秀な人材が多いです。

ゆえに、社長までたどり着くのは相当困難。

まず、新入社員時代からずば抜けた評価を得る必要があります。

コミュニケーション力、プレゼン力、行動力のすべてが必要となるでしょう。

また、上司に好かれるために、うまく媚びることも必要となるでしょう。

会社によっては相当高い学歴も必要かもしれません。いわゆる派閥というやつです。

まれに若い時期の上司に恵まれず、評価されずにいたが、途中ですごい上の人の目について出世につながるなんて人もいます。

ようするに、運もかなり大事です。

上司はこちらから選べませんが、いい上司、出世する上司に巡り合えればいいのです。

ただ、この運の確率をあげる為にも、幅の広い人間関係を持つことも大事となります。

また、社長になるほど出世するということは人とはかなり違うことをしなければなりません。

そうすると、同僚などからははっきり言って嫌われてしまう可能性があります。

そういう覚悟も必要かもしれません。

社長になるにはかなり困難ですが、なれた場合、かなり高い収入を得ることになるでしょう。

また、名声も得ることができます。

しかし、良くも悪くも社会的に目立つ立場である為、下手なことをしたら大変なことになってしまいます。

自分が下手なことをしなくても、会社の中で何か起きたら、表に立たなくてはなりません。

ただ、大企業であれば、その会社の社長にはなれなかったとしても、ある程度の位置まで出世すると、子会社や関係会社に転籍して社長となれる場合もあります。

もちろん収入はもとの会社の社長よりかなり下がりますが。

中小企業で出世する

中小企業であれば、人数も大企業にくらべ少なく、社長への道は幾分楽にはなるでしょう。

大企業の社長よりは収入は低いことが多いですが。

それでも大企業の一般社員よりもずっと高い収入を得ることができます。

あえて中小企業を狙っていくのもありです。

ただ、気を付けなくてはならないのは、その会社が家族経営でないこと。

家族経営だと、どれほど頑張って、どれほど優秀な成績を収めて、どれほど高い評価を得たとしても、結局社長になるのは、今の社長の家族です。

そういう会社ではかなり希望が少なくなってしまいます。

 

起業する

起業すれば、もうそれだけで社長を名乗れます。

1円起業なんて言葉もあるくらいです。

別にサラリーマンやりながらでも、陰では社長だったりということも可能。

社長になるにはどうするばいいかという回答に対しては、これがものすごく簡単な方法。

ただ、おそらく社長になるにはどうすればいいかという回答に対し、肩書きだけを求める人はあまりいないでしょう。

社長として、特に収入面や名声面での成功したいと考えているのではないでしょうか。

今回はどうすれば起業して成功できるかという点んついては議題にしませんが、

かなりの努力が必要なことでしょう。

難易度はどれほどの成功を収めることを目指すかによるでしょう。

しかし、一つ言えることは、下手したら大企業の社長すら余裕で上回る可能性があるということです。

もちろん全く稼げないどころか、借金を負うことにもなりえますが。

それでも挑戦したいのであれば、色々とセミナーに行ってみるよりも、実際に起業した人のもとで働くといいです。

あえてそういった会社に転職し、ノウハウを学ぶというのが最短の道です。

転職によって経験値を増やす

転職によって色々と経験することは大事なことです。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

スポンサーリンク

最後に

社長になるにはという質問に対しては、肩書きさえあれば本当にすぐにでもなれます。

ただ、それ相応の成功を求めるのであれば、どんな形ですらかなりの努力は必要。

どちらにしろ、上を目指すことはいいことですね。

関連:出世したくない若者が増加中!その理由や影響は?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ