履歴書、職歴書、面接で嘘をつくリスク。ばれる可能性は?

履歴書、職歴書、面接で嘘をつくリスク。ばれる可能性は?

なかなか転職先が見つからない。その原因は自分の経歴のせいでは?

そう思ってしまった時、つい嘘つけばいいのではないかということが頭をよぎるかもしれません。

しかし、嘘を言うことはもちろんやってはいけないこと。

そこで、今回は履歴書、職歴書、面接で嘘をつくことのリスクやばれる可能性について紹介していきます。

関連:転職活動が上手くいかない時に見直すべきこと

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?

関連:転職時に行う自己分析の必要性ややり方

スポンサーリンク

嘘をついても犯罪にはならない

嘘をついた時、心配なのは詐欺罪や私文書偽造といった犯罪になるかということ。

これについての心配はいらず、たとえ履歴書や職歴書で嘘を書いたり、面接で嘘をついても、犯罪になることはありません。

詐欺罪は財産上の利益を得た場合のみの為、該当しまぜん。

私文書偽造は、内容を偽造しても無形偽造となる為、該当しません。

ですから捕まるのではないかと心配する必要はありません。

もちろん、だからといって嘘ついてもいいだろうということではなく、リスクは大きいです。

次にそのリスクについて紹介していきます。

スポンサーリンク

履歴書、職歴書、面接で嘘をつくリスク

安易に嘘をついてしまうことは、多大なリスクを抱えてしまうことになります。

内定取り消し、懲戒解雇

もし履歴書や職歴書で嘘を書いたり、面接で嘘をつくことで内定を貰うことができたとしても、

それがばれてしまうと内定取り消し、働き出していたら懲戒解雇になる可能性が高いです。

内定取り消しであればまだいいですが、懲戒解雇となると、その影響はかなり大きいです。

懲戒解雇となった場合、離職票に書かれる退職理由が自己都合や会社都合ではなく、重責解雇となってしまい、その後の転職活動に多大な影響が及びます。

嘘をついた全ての場合に懲戒解雇となるわけではなく、直接の採用基準となったかどうかで決まります。

例えば、資格の有無や経験の有無といったものがこれに当たりますし、

また、経歴に嘘をついていた場合でも懲戒解雇になる可能性は高いです。学歴、職歴、犯罪歴、病歴、年齢といったものがこれに当たります。

会社が社員を懲戒解雇にするには、高い基準がありますが、履歴書や職歴書、面接時の嘘は、懲戒解雇に値する理由となり、不当解雇とはなりません。

損害賠償

懲戒解雇だけで済んだらまだましかもしれません。

最悪の場合、損害賠償を請求される可能性もあります。

採用活動にもお金をかかります。嘘をつかれたことで、本来採用すべき人を採用できず、その採用活動がまた1からスタートさせなくてはいけないことになり、よりお金がかかることもあります。

実際に損害賠償を請求された例もあります。

会社にいづらくなる

もし、嘘をついたことが会社にばれても、会社の優しさで懲戒解雇されないこともあります。

しかし、確実に会社内にいづらくなります。

やはり嘘をつく人を信用することはできにくいです。

また、経歴、経験の嘘をついた場合だと、求められた能力が実はなく、四苦八苦することがほとんどでしょう。

また、いつかばれるのではないかと怯え続けることにもなってしまいます。これは非常に心に悪いです。

結局ばれなくても自分から辞めることにする人もいるでしょう。

 

嘘がばれるのはなぜ?

ばれなければ嘘をついてもいいのではないか。そう思う人もいるかもしれません。

しかし、ばれる可能性は高く、あらゆるものからばれてしまう危険性があります。

会社への提出書類

転職先が決まると、その会社からほとんどの場合に年金手帳や雇用保険被保険者証、源泉徴収票といったものを提出する必要があります。

また、場合によっては卒業証明書や離職票、退職証明書などの提出を求められることもあります。

こういった書類によって、経歴や学歴等の嘘がばれてしまう可能性があります。

転職先の会社が前の会社に連絡することも

会社によっては、転職前の会社に問い合わせすることもあります。

その内容は退職理由、勤務期間、学歴、勤務態度、経験等です。

たとえ、これらのことを答えても、個人情報保護法には該当しませんから問題なくできるのです。

もちろん、問い合わせしない会社もあるし、問い合わせに対して回答しない会社もありますが、一つの可能性としてあることを忘れてはいけません。

特に入社後に経験があるはずなのに、スキルが伴わないといった時に確認の為に問い合わせする場合があります。

普段の会話、仕事ぶりによってばれることも

実は最も多いのが、普段の会話からばれてしまったり、仕事ぶりによってばれてしまうことです。

思わぬことでぼろがでてしまったり、専門用語が通じず会話が成立しなかったり、極端にスキルが低かったりすることで、疑われ、問い詰められて結局ばれてしまうといったことがあります。

スポンサーリンク

嘘をつくことはリターンよりもリスクが大きい

嘘をつくことで、もしかしたら転職先が決まるかもしれません。

しかし、それ以上にリスクは大きく、そしてばれる可能性はずっとひめたまま、怯えながら働くことになってしまいます。

ですから、履歴書、職歴書に嘘を書いたり、面接で嘘をつくことは避けたほうがいいと言えます、

ただ、多少誇張して言うのは、上手く自分をアピールする手段として使っていくことは問題ありません。

もし、なかなか仕事が見つからないとしても、粘り強く転職活動を続けていきましょう。

もし、ハローワークしか使っていない、一つの転職サイトしか使っていないならば、複数の転職サイトを利用してみるのも転職をうまく進める一つの方法です。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:転職での書類選考に落ちる。履歴書、職歴書の書き方に問題あり?

関連:油断禁物!転職活動時の履歴書の写真には要注意

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



このページの先頭へ