経験不問と書かれた求人に応募する場合に知っておくべきこと。経験者が優遇されることに変わりはない

経験不問と書かれた求人に応募する場合に知っておくべきこと。経験者が優遇されることに変わりはない

未経験の業界、職種に転職をしようと思ったら、求人票において経験やスキルの縛りがない経験不問と書かれている求人に応募することになります。

転職希望者のうち未経験の業界に挑戦する人が半分以上、未経験の職種に挑戦する人が3割以上となっており、これが書かれている求人に応募することになるという人も少なくないでしょう。

今回紹介するのはそんな経験不問と書かれた求人に応募する際の注意点について。実際抱いているイメージとは違う部分もあるのでよく理解するようにしてください。

なぜ経験不問?

そもそもなぜ企業は人を採用しようとする際に経験不問とするのでしょうか。

企業にとってみれば、未経験の人よりも経験者のほうが教育にかける時間もコストも少なくなるのでメリットは大きくなります。

それにも関わらず経験不問とするのには理由があるのです。

経験者に限定すると人が集まらない

企業が求人募集をかける際に経験不問とする大きな理由は経験不問にしてしまうと応募者が集まらないという点です。

知名度のある大企業であれば、経験者に限定したとしてもたくさんの人から応募があるので問題はないのですが、中小企業が経験者に限定した場合だと数人から応募があればいい方で下手したら全く応募がないなんて場合もでてきてしまいます。

採用したくて募集をかけているのにゼロだとどうしようもないし、運よく経験者から応募があったとしても他の面で採用レベルに達していなければ採用にはいたりません。それくらいならば経験不問として仕事に関しては入社してから覚えていってもらうという覚悟を決めてポテンシャルの高い人間を採用することにする企業というのは少なくありません。

特に最近はどこの企業も人手不足となっていて超売り手市場の状態。かなりの好条件でもない限り下手に職種を限定すれば全然人が集まりません。その為、経験不問としている企業が非常に多くなっています。

経験よりも他の面を重視したい

企業によってはもちろん経験者のほうが良いけれど、それ以上に他の面を重視したいと考えている為に経験不問としている企業もあります。

他の面とは例えば熱意だとか、人間性だとか、ポテンシャルといった点ですね。

仕事はお金をかけ、時間をかければ最初は未経験の人であってもいずれは仕事ができるようになってくれます。

しかし他の面というのは企業側がお金や時間をかけてもあまり変わらない部分。だからこそ企業としては最初にしっかり判断しておかなくてはならない部分です。

経験があるかないかではなくそういった点を重視し人を判断する為に経験不問としてより多くの応募者を集めるという場合もあるのです。

経験不問の本当の意味

求人票に経験不問と書かれていれば応募は可能、しかし全く経験を求められていない、未経験者であっても平等に見てくれるわけではありません。

経験不問と書かれている裏には企業の隠された意図があるかもしれません。

経験不問の3つの種類

まず知っておかなくてはならないのが、一言で経験不問と言っても3つの種類があるということ。その3つの種類というのは以下の3つ。

  • 業界経験不問
  • 職種経験不問
  • 社会人経験不問

中途採用で経験不問と書かれている場合に最も多いのは業界経験、職種経験ともに不問ですが社会人として働いたことがあるという場合です。少なくとも社会人としてのビジネスマナーなどは最低限求められる場合がほとんどです。

業界経験不問のみの場合は経験者採用として行われる場合がほとんどです。職種としての経験があれば、その業界で働いていない場合でも即戦力として働くことが可能とみなされる場合がありますし、むしろ他業界からの新しい風に期待される場合もあります。

学校を卒業して就職せずにアルバイト等をしてきた人は社会人経験不問となっている企業を応募することになります。既卒者対象なんていう求人もこちらの部類ですね。

経験不問と書かれている場合にはそれがどういったものなのか求人票をよく見たり、時には直接人事に問い合わせて確認した上で応募しましょう。

あくまで応募が可能なだけ

経験不問と書かれているからと言ってもそれは単純に応募が可能であるということに過ぎません。

経験がなくても受かるというわけではなく、実は直接的な経験がないにしても多少は関係のある仕事を経験してきた人ではないとダメなんて場合もあります。

経験不問と書かれている限りは可能性がゼロではありませんが、難易度はその企業が求めているレベル、そして他に受ける応募者次第となります。

経験者を優遇しないわけではない

経験不問の求人であっても、もし経験者が応募してくれば優遇されるのは当然です。

経験者も未経験者も平等に見てくれて、熱意やポテンシャルをアピールできれば受かるなんて甘いものではない場合がほとんど。

企業としては本当は経験者を採用したいけど、経験者に限定して求人を出してしまうと人が集まらないので経験不問としているだけの場合がほとんど。

そんな中で経験者から応募があればとてもありがたいので、選考時に有利になるのは当然のことです。

熱意などが重視されないわけではない

経験不問の求人であっても経験者が優遇されるのはほとんどですが、経験の有無だけが重視されるわけではありません。

熱意やコミュニケーション力、ポテンシャルなども当然重視される点であり、これらを上手くアピールすることができれば経験者を未経験者が総合的に上回るという場合もよくあることです。

経験不問と書かれていても実績アピールは重要

未経験者がアピールしようと思った時、これから頑張りますだとか、自分は○○な人間ですなんていうアピールではどうしようもありません。

未経験者がアピールする場合に重要となるのは、違う仕事であっても前職との共通点を見つけ生かせるスキルを持っているという点をアピールしていくことです。

その為に転職しようと考えている仕事についてよく理解すること、スキルがあるという根拠を示す為に過去の実績からアピールしていくということが重要になります。

経験不問と書かれていても経験がないことは不利になる理由と捉え、人を上回るアピールをしていく意識を持つようにしてください。

とは言えどうアピールしていくかというのは中々難しい部分でもあります。そんな時は転職サイトだけではなく、転職エージェントも活用してみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:求人票は嘘ばかり?給料、ボーナス、年間休日、残業時間が違うなんてよくある話。

関連;正社員になるなら何歳までになるべき?フリーターや派遣で働いている人が知っておくべき年齢事情。



このページの先頭へ