営業から事務に転職。難易度や後悔することになる可能性は?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

営業から事務に転職。難易度や後悔することになる可能性は?

転職市場で人気のある事務職。

営業職を辞めて転職したいと考えている人は少なくないのでしょうか。

ただ未経験だし、倍率も高そうだし、転職は難しそうだと思ってしまい、中々転職活動に踏み切れないという人もまた多いでしょう。

加えて事務職に転職して後悔するのでは?なんて思っている人もいるかもしれません。

そこで今回は営業から事務に転職する場合の難易度や、後悔する可能性について紹介していきます。

関連:違う業界に転職するメリット、デメリット。未経験でも挑戦する価値は大きい。

関連:営業に向いていない人の特徴と向いてないから転職する為にすべきこと

営業から事務に転職したい!

毎月ノルマがあり精神的に追い込まれてしまう。

顧客に怒られることもあれば理不尽なことも言われるし、上司との板挟みにあう。

接待があったり、休日も仕事があるのでプライベートの時間が全然ない。

何かと辛いことの営業職ですから、辞めたいと感じる人も少なくありません。

さらにブラック企業の営業職ともなれば、ノルマが達成できないと罵声を浴びせられたり、深夜まで残業しても残業手当なし、売り上げを達成できない時に自腹を切らされるなんてこともあるようです。

そしてそんな営業職の人が転職の選択肢になるのが事務職。

ノルマがなく、顧客と直接やり取りすることがなく、残業も少ないという点から非常に人気のある職種となっています。

営業から事務に転職して良かったこと

では実際に営業から事務に転職して良かったことはどういったことが挙げられているでしょうか。

残業が減り、時間的な余裕ができた

事務職と言えども残業がゼロとは限りません。

私の知り合いは事務職ながら毎月30時間以上残業している人もいます。

ただ平均的に見ると営業職に比べるとやはり事務職は残業が少ない傾向。

実際に転職した人も残業が大幅に減り、プライベートの時間が増えたという人が多いですね。

接待がない、土日にしっかり休むことができる

接待があるのも営業職の大変なことの一つ。

給料もでないのに飲み会をしたり、土日にゴルフを行くことになりプライベートの時間がなくなってしまっている人も多いでしょう。

またこの接待のせいで自分の出費が増えてしまっている人も多いですよね。

仕事で行っているのにお金を払うことになっているという理不尽なことが起きてしまうのが営業です。

一方事務職であればこの接待がありません。

休みはしっかり休むことができるし、仕事が終わればあとは完全に自分の時間です。

急な仕事が少ない

自分のペースではなく、顧客に合わせて動くことが多い営業職。

トラブルによって急な仕事が入ったり、急遽残業しなくてはいけなくなったりと、どうしても仕事中心になってしまい、プライベートを犠牲にすることが増えてしまいます。

一方で事務職は基本的に急な仕事はなし。

急に出勤することどころかそもそも休日出勤自体が少ないので、プライベートと仕事をしっかり区別することができます。

精神的なストレスが天と地の差

そして何より多かった意見が精神的なストレスが大幅に減ったということ。

ノルマに追われることもなくなり、怒られるのではないかとびくびくすることもなくなり、理不尽なことに頭を悩ませることもなくなり、毎日が楽になったという人が非常に多いです。

営業から事務への転職は難しい?

このようなメリットがある事務職への転職ですから、営業から事務職への転職を望む人が多いというのも納得です。

ただそこで気になるのが難易度。人気がある分、やはり難易度は高いのではないかと思っている人は多いと思います。

事務職は倍率がとても高い

厚生労働省の一般職業紹介状況によると、有効求人倍率は1.59倍。

好景気と人口減によってかなり高い数値となっており、一般的には転職がしやすい状態となっています。

しかし事務職の有効求人倍率は0.49倍。平均のおよそ3分の1しかありません。

ようするに事務になりたいと考えている人10人に対し、5人分の仕事しかない状態ですから、求人数から見た難易度はやはり高い傾向にあります。

また上記の数値は正社員だけではなく派遣社員や契約社員も含めた数値。

正社員に限定すると求人倍率はさらに低くなります。

営業職は求人が多く倍率が低い

ちなみに営業職の有効求人倍率は1.81倍と非常に転職しやすい職種。

転職サイトなどで求人を調べても営業職の求人が多数ヒットします。

営業職の中にもノルマが軽かったり、労働管理がしっかりしている会社も多くあるので、どうしても営業は嫌だ、どうしても事務が良いという場合でなければそういった会社を探してみるのも一つの手ではあります。

ただし事務は未経験でも可

事務職は上記で紹介したように非常に人気がある仕事。

ただ事務職の場合では未経験でも転職できる可能性が高いというのは営業から転職を目指す人にとっては一つ良い情報かもしれません。

通常これだけ人気があれば、経験者に絞っても応募があるので未経験者は応募自体ができない場合が多いのですが、事務職の場合はそこまで経験を重視されない傾向にあります。

ですからたとえ前職が営業で事務の経験がなくても、アピール次第で何とかなるチャンスはあるということです。

ただし大手企業で行われている中途採用は基本的に経験者が中心。

狙うべきは中堅企業、中小企業ということになります。

営業職から解放されたいならやるだけやってみる価値はある

事務職は倍率も高く、簡単に転職することができるとは限りません。

ただ可能性はゼロではありませんし、諦めるようなレベルでもありません。

不採用になることも多いですが、粘り強く転職活動を行えばきっと転職先を見つけることができるでしょう。

ですからどうしても営業職から解放されたいならやってみる価値はあると言えます。

まずは転職サイトに登録して、やるだけやってみましょう。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

ただ事務職になって後悔する人もいるので要注意

ただもし事務職に転職することができれば絶対に満足できるかと言うとそういうわけではないので注意しなくてはありません。

実際営業が嫌で事務に転職したのに、事務に転職したことを後悔し、再転職して営業に戻るという人も中にはいるのです。

そして後悔するパターンとして多いのが以下のものです。

給料が減ってしまった

事務職は全体的に給料が低い傾向があり、営業から転職した場合だと給料がダウンしてしまう場合が多数。

そして最初は給料が減っても仕事が楽な方が良いと思って転職しても、いざその給料で生活するとかなり厳しいと感じる人も多いです。

給料に関しては甘く見てはだめ。どこまで許容できるのかしっかり確認した上で転職に踏み切りましょう。

仕事が楽だという勘違い

仕事をしてみると意外にきつかったという話も良く聞きます。

事務職自体が少なくて仕事寮が多かったり、専門知識が必要であったり、他にも人間関係で四苦八苦するなんて場合もあるようです。

事務は楽だろうと思っていると痛い目をみるかもしれません。

単調作業にうんざり、時間がたつのが遅い

単純作業ばかり、スキルもつかないし仕事はつまらないから時間が経つのも遅い。

そんな理由から事務職自体が辛くなってくる人もいます。

営業の時は人とあまり関わらず、決まった仕事をもくもくとやることを望んでいたはずなのに、いざやってみると想像以上にきついことに気づくこともあるんですよね。



このページの先頭へ