仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

頑張っているけど、周りに比べて仕事ができないと悩んでいる人も多いでしょう。

仕事ができないことは、大きなストレスとなってしまいます。

周囲に比べて上司に怒られる回数も多くなってしまうし、自分自身の中でもうしろめさたさを感じるようになり、日に日に会社に行きたくなくなってしまいます。

そして、仕事は向いていない、仕事を辞めたい、転職したいと思うようになっていきます。

ただ、同時に次の会社では上手く仕事ができるのだろうか、こんなネガティブな理由で転職していいのだろうかと悩む人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は仕事ができないことを理由で転職することについて書いていきます。

関連:仕事に向いていないと感じたり、言われた時に考えてみるべきこと

関連:仕事を覚えられない原因や対処法。早く覚える為のコツとは?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事ができない理由は向いていないから?

仕事ができないから会社を辞めたいと考えている人は、仕事ができない理由として、その仕事が自分に向いていないからだと考える人も多いです。

ただ、本当に今の仕事が向いていないから、仕事ができないのでしょうか。

これは、正しい場合もあれば、そうではない場合もあることもあります。

適材適所

仕事には適材適所があります。誰にだって得意なこと、不得意なことはあります。

コミュニケーションをとるのはうまいけれど、細かい神経を使う仕事は苦手だったり、一人で黙々と作業をこなすのは得意だけれど、人と交渉するのは苦手だったり。

自分が苦手なものが重視される仕事いあたってしまうと、十分に能力を発揮できずに仕事ができないとなってしまうのも仕方ありません。

人事はそこまで人材を見極めることができませんから、配属先を誤ってしまうこともありますし、自分自身でも思いもよらないことが苦手だったり、逆に得意だったりという場合もあります。

私の友人を例に挙げてみます。

ある友人は、コツコツと仕事をしていくことが好きなタイプだったが、人との交渉事が苦手なタイプ。

しかし、配属された部署は交渉事がメインの部署。当然仕事はできずに毎日のように上司に怒られる日々。

さすがに仕事が合っていないということから、全く違う部署に異動された途端、バリバリ仕事をして1年後にはチームリーダーを任せられるようになりました。

もう一人の友人は、自分では人と話すのが苦手と思っていたが、交渉事がメインの部署に配属。

しかし実際に仕事をして見ると、周囲を目を見張るくらいに上手く立ち回ることができ、順調に出世していきました。

適材適所は確かにあって、仕事ができない理由が仕事が向いていないからという場合は多々あります。

参考:適材適所とは?それは仕事にとても大切なもの

仕事ができない理由は他にもたくさんある

適材適所は大切なこと。しかし、それだけではありません。

仕事ができない理由は他にもたくさんあることは忘れてはいけません。

基礎的な能力の欠如

仕事ができない理由の一つに、基礎的な能力が欠如してしまっている場合があります。

自分で目標、スケジュールを定めている、教えてもらう時にはしっかりメモをとる、納期を守るといったことはどんな仕事でも必要です。

もし、これが原因であれば、転職しても同様に仕事ができないとなってしまいます。

ですから、辞める前に一度自分の仕事のやり方について考えてみなければいけません。

参考:仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

仕事がつまらない

仕事ができない理由が、仕事がつまらないことで、仕事に対してやる気がおきない、手を抜いてしまうということが原因であることもあります。

他の人が10の力で仕事をしているところを、自分が5の力しか注げていなければ、周囲に比べて仕事ができないのも仕方ありません。

自分の中ではもっと頑張らないと思っても、どうしても手を抜いてしまいがちになってしまいます。

転職して、もっと自分が興味のある仕事に就くことで改善されるケースは多々あります。

環境が悪い

仕事ができないのは自分が悪い、ついついそう思ってしまう人もいるかもしれませんが、自分のせいだけではなく、環境が悪い場合もあります。

その1例がOJT教育です。

上司や先輩がついて、実際に仕事をさせながら仕事を習得させるというものですが、誰がつくかによって成長に大きく差がでてしまいます。

中には全然仕事を与えてくれない、仕事を教えてくれないなんて場合もあります。

同期が良い上司、先輩に巡り合えた場合、差がついてしまうのも仕方ない面があります。

周囲の人間が優秀すぎる

人気のある大手企業だと、周囲の人がかなり優秀なこともあります。

その結果、普通に仕事をしている状態だと、世間一般的には普通であっても、会社内では仕事ができない部類に入ってしまうということもあります。

派遣で超大手の会社に勤めたことがある友人に聞いた話だと、かなり優秀な人が多く、普通に仕事をしていては、仕事ができないと見なされてしまうと言っていました。

転職して違う会社に行っただけで、これまでと同じように仕事をしているのに、優秀と見られるようになったなんてこともあります。

仕事ができないと勘違い

仕事ができないと勘違いしている場合もあります。

上司は期待もあるが故、怒っているにも関わらず、そのことで仕事ができないと考えてしまったり、つい先輩と比べて仕事ができないと考えてしまったり。

同期の中では優秀な方であるにも関わらず、そのことに気付けていない人もたまにいます。

スポンサーリンク

仕事を辞めたい理由の本質を考えてみる

では具体的に仕事を辞めることを考えてみましょう。

仕事ができないから仕事を辞めたい。

そこからもう少し踏み込んで考えてみてください。

仕事で頻繁に怒られるのが嫌だから、会社内で馬鹿にされるのが嫌だから、出世できないから、会社にいづらいから、もっと向いている仕事があるはずだから。

仕事ができないことによって起こる何かしらの影響によって仕事を辞めたいと強く思うようになっているかと思います。

あなたがまず考えることは、その本当に辞めたい理由が、あなたの中で仕事を辞めるに値する理由であるかということです。

まず、そこを自分で納得できなければ、高い確率で転職して後悔することに繋がります。

人からどう思われるかは気にする必要はありません。

怒られるのが嫌だから甘いなんて思われるかもしれませんが、そんなことは気にする必要はないのです。

仕事ができないから転職して成功した人、後悔した人

どんな転職理由であっても、転職に成功する人もいれば、転職して後悔する人もいます。

ここでは、実際に仕事ができないから転職して成功した人、後悔した人の体験談を紹介しましょう。

転職して成功した人

入社して1年目から、仕事が遅く、上司や先輩に毎日のように怒られていました。

そして入社3年目になって、同期との差を自分の中で確信させられることが起きました。

自分の中では頑張っているつもりでも、仕事ができるようにならず、自分へのふがいなさ、周囲に迷惑をかけてしまっていることへの罪悪感から、毎日仕事に行きたくないと思うようになりました。

元々、希望していた部署ではありませんでしたから、自分には向いていなかったと割り切り転職することを決意しました。

転職は、在職中に行い、自分の元々やりたいと思っていたことができる仕事を探し、転職しました。

転職した結果、心から良かったと思えます。

転職先では仕事が凄くできる方とは言えないかもしれませんが、やりがいを持って仕事ができる為、以前の仕事に比べても吸収は早くなったと思っています。

年収も下がることなく、単純に毎日のストレスが減りました。

転職して後悔した人

仕事ができないと言われ続けながらも、5年頑張ってきましたが、限界が来て転職を決意しました。

仕事ができない理由は、新入社員の時についた先輩が全然教えてくれなかったせいだと決めつけていた部分があり、

転職すればまた1から頑張れるはず!と自分の中で思ってしまっていました。

しかし、転職したところで、これまでの仕事のやり方を変えなかった為、仕事ができないという状況は何も変わりませんでした。

転職すれば何かが変わるという淡い期待を持っていましたが、それよりもまずは自分を変えることをしなければいけないという事に気づきました。

その事に気付けたのは良かったですが、転職するということが目的になり、給料も下がってしまった為、転職する前に自分を見つめなおすべきだったと後悔しています。

転職することは悪いことではない

上記で紹介したように、転職して成功することもあれば、後悔することもあります。

ただ、良くネガティブな理由で転職すると良い転職はできないということを聞きますが、そんなことはありません。

転職するほとんどの人はネガティブな理由です。

給料が低い、残業が多い、仕事がきつい、仕事が面白くない。

そういう感情があることで、転職する人がほとんどです。

不満によって、それが行動を起こすきっかけになるのであれば、それはそれでいいことなのです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

関連:仕事辞めたい病の克服の仕方や受け入れ方

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク



このページの先頭へ