誰でもできる簡単な仕事に就くことのメリット、デメリット。安易な選択は危険かも。

仕事が難しくてついていけなかったり、責任が重い仕事をしていると、こんな仕事ではなくてもっと簡単で誰にでもできる仕事、とにかく楽な仕事に就きたいと考えることもあると思います。

そして仕事の中にはそういった仕事も確かにあります。

ただそういった仕事にはメリットもデメリットもあることは認識しておかなくてはなりません。

関連:仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

関連:楽な仕事と楽しい仕事。あなたはどちらを選びますか。

誰にでもできる簡単な仕事の特徴

様々な仕事があるこの世の中では、誰にでもできる簡単な仕事というのも確かにあります。

一般的なことを考えると以下の特徴を持っているような仕事だと思います。

  • 覚えることがない、少ない
  • 専門知識が不要
  • 難しい技術を必要としない
  • 単純作業で考えることが少ない
  • 人と関わって仕事をすることが少ない

それほど多くの能力、深い能力を求められず、ただ黙々とやるような仕事が中心となるでしょう。

誰にでもできる簡単な仕事のメリット

では誰にでもできる簡単な仕事にはどういったメリットがあるのでしょうか。

競争がない

誰にでもできるからこそ、誰かと特別競走をすることもなく、与えられたことをただ黙々と行っていくだけでお金を貰える。このことによって精神的に気楽に働くことができるという人はいるかもしれません。

人と競わされ、比較され、だめな社員に対してはあたりが強くなるなんてことも少なくなりますね。

ただ誰にでもできる仕事だからと言って仕事が楽かというと決してそういうわけではありません。むしろ体力的にきつい仕事が多いでしょう。

怒られることが少ない

簡単な仕事で特に責任も強くない仕事をしていれば上司から怒られることも少なくなるでしょう。

仕事を与えられたけど難しくて納期までにできなかったり、ミスをしてしまったりすると上司に怒られる機会にも恵まれてしまいますからね。

上司から怒られることによる精神的ストレスは相当なもの。それが少なくなるのは一つ大きなメリットと言えるでしょう。

誰にでもできる簡単な仕事のデメリット

では次にデメリット。実はメリットよりもずっと多いかもしれません。

すぐに飽きて辛くなる

誰にでもできるような仕事をしていると、とにかくすぐに飽きてしまいます。

日々成長を感じることもできず、ただ黙々と同じことを毎日繰り返す。これってかなりしんどいです。

ある程度やりがいを感じながら、四苦八苦しながら、成功体験を味わい仕事のモチベーションアップにつなげていくなんてこともできません。

簡単で最初はまだ楽だと感じていた仕事も、ただつまらないものとなり時間が過ぎるのは物凄く遅くなり、徐々に徐々に仕事自体が辛くなっていきます。

これを何年も続けるのは相当な忍耐力が必要となるでしょう。

スキルが身につかず、将来が危うくなる

誰でもできる仕事をしていたとしてもスキルは何も身に付きません。

年齢が低い頃であればそれでも何とかなるかもしれません。しかし年齢が高くなってくるにつれて、若さというメリットがなくなってしまいます。

今ある仕事がずっとあるとは限りません。経営が危うくなったらリストラ候補にいち早くあがるでしょうし、もし仕事を失ってしまったらスキルもなにもない状態で仕事を見つけるというのはかなり厳しいです。

最初は難しいと思っていた仕事も経験を積んで覚えていきこなせるようになっていく。そうやってスキルを身につけていくものですが、それを行わないというのは相当なリスクになってしまうことなのです。

給料は安く、上がっていくこともない

誰にでもできる仕事なのにわざわざ良い給料をだすなんてことはありません。別に誰でも良いですから、なんとか人が集まるくらいの賃金にしておけばいいわけですからね。

またその仕事を続けていたとしても給料は上がっていきません。

給料はその会社で経験を積み、スキルが上がり会社に対する貢献度が高まるから上がっていくもの。何も変わらなければ給料も変わらないというのは当たり前のことです。

いずれ仕事がなくなる可能性が高い

替えがいくらでもきく仕事というのは、その仕事自体がなくなってしまう可能性があります。

正社員から派遣社員などの有期雇用者になることも考えられますし、最終的には機械にとって代わられることも考えられます。

現在わざわざ人の手で行っているのは機械ではできないことだからか、機械を導入するよりも人を使った方が安く済むからという理由。

しかし時間がたてば技術は進歩。今は機械でできないこともできるようになるし、機械自体のコストも下がってきて人件費をすぐに下回るかもしれません。

長い目で見るとデメリットが大きいかも

目先のことを考えれば誰にでもできる仕事につくことはとても楽。

しかし長い目で見るとデメリットが大きいです。

ですから、これから仕事選びをする際には単純に自分でもできそうだから、簡単そうだからという理由で決めることはあまりおすすめできません。

今後のことを見据えて自分自身の成長ということもしっかり考えるようにしてください。

自分にとって合った仕事を選ぶことが大切

仕事には適材適所があります。今の仕事が中々上手くできずに悩んでいたとしても、違う仕事では活躍できる可能性は十分にあるのです。

簡単な仕事を選ぶのでなく、自分の強みや性格をしっかり理解した上で自分にとって合った仕事を選びましょう。

それができればきっと、誰にでもできる簡単な仕事をするよりも精神的に楽で楽しく仕事をすることができるでしょう。

転職するならとにかく転職エージェントに相談してみるというのも一つの手です。

キャリアカウンセリングとして強みや経験などの棚卸など自己分析も一緒に行ってくれるので、自分では気づかなかったことに気づくことができるようになるかもしれません。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

また他にも、MIIDAS(ミーダス)は転職サイトとしてサブで使うにはおすすめ。

質問に答えるだけでどれくらいの年収で転職しているかを算出、簡単に市場価値を知ることができます

また企業から面接確約のオファーを貰えることも可能。

書類選考なしで簡単に転職することができるかもしれません。どうせ無料ならとりあえず登録して待ってみるというのは一つの手ですね。

ただあくまで受け身だけになってしまうのでDODAなどと併用しましょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応しています。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主(東京、神奈川、千葉、埼玉)。それ以外の地域ならDODAなど大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ