正社員なのに手取り13万円、年収200万円では生活は苦しい。早めに転職したほうが絶対良い。

正社員なのに手取り13万円、年収200万円では生活は苦しい。早めに転職したほうが絶対良い。

仕事内容、働く会社によって大きく異なる給料。毎月100万円以上、年収では1000万円以上の給料を貰う人がいる一方で、手取りが13万円、年収200万円という人もいます。

難しい仕事、できる人がなかなかいない仕事であれば給料は高くなり、誰にでもできる簡単な仕事であれば給料は低くなるというのが基本的な考え方になるでしょう。

ただ、どんな仕事であっても手取り13万円、年収200万円以下というのはさすがに低すぎます。生活なんてぎりぎりで、相当苦しいのが現状でしょう。

確かに仕事をする上で大切なのは給料だけではありません。ただ、それでも最低限の給料を貰うことは必要。手取り13万円はその最低限を下回っていると考えたほうがいいです。

ですから、できるだけ早く転職することを考えましょう。

関連:給料は上がらないから辞めるのはいい判断かも。年収なんて会社次第だから転職しかない

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

手取り13万円、年収200万円以下の人はどれくらいいるか

手取り13万円だとおよそ額面が15,6万円、年収だと200万円程度になる人が多いかと思います。

国税庁の民間給与実態調査によると、給与所得者の年収分布は以下の通りとなっています。

  • 100万円以下・・・8.6%、411万人
  • 100万円~200万円・・・14.8%、719万人
  • 200万円~300万円・・・17.4%、780万人
  • 300万円~400万円・・・18.4%、838万人
  • 400万円~500万円・・・14.0%、678万人
  • 500万円~600万円・・・9.5%、463万人
  • 600万円~700万円・・・5.6%、284万人
  • 700万円~800万円・・・3.9%、195万人
  • 800万円~900万円・・・2.5%、131万人
  • 900万円~1000万円・・・1.6%、85万人
  • 1000万円以上・・・3.9%、209万人

200万円以下の人も意外に多くて25.4%、1130万人もいることがわかります。ただ、この中には派遣社員や契約社員、パート、アルバイトといった非正規社員も含まれていて、全員がフルタイムで働いているというわけではありません。

正社員の平均年収が485万円であるのに対し、非正規社員は171万円となっていることから、正社員で年収200万円というのはかなり少数派であることが推測されます。

そもそも手取り13万円、年収200万円ともなると時給に換算した場合には1000円をきります。年間休日数を105日、1日の労働時間を8時間とした場合だ時給はたったの961円です。

東京の最低賃金は932円ですから、ほぼ最低賃金で働いているということです。アルバイトだって1000円以上貰えることは多々あります。

さっさと転職したほうがいい

例えば、すぐに昇給することが見込まれているだとか、まだ明るい希望を持てるのであればその仕事を続けるという選択をしてもいいかもしれません。

しかし、そうでないならばとにかく早く転職することをおすすめします。

もしボーナスが多く貰えていて、月々の給料が手取り13万円しかなくても年収で見ると200万円を大きくこしているとしても注意が必要です。

毎月の給料が多少業績で変動があっても変えることはできませんが、ボーナスは簡単に減ります。ですから、何かボーナスがゼロで毎月の給料しか貰うことができないなんてこともあるのです。

手取りが13万円しかないという時点で労働者を守ろう、労働者に還元しようなんて会社は考えていないということを知ってください。

現在は好景気の影響もあって、非常に転職がしやすい状況です。そもそもが最低賃金に近い給料なわけですから、転職すればほぼ年収アップが見込めます。それこ年収300万円、400万円も十分可能です。

転職では年齢と求人の多さが非常に重要になります。

年齢が若いほど転職はしやすいですから早めに会社に見切りをつけて転職することが重要になります。

また、求人の多さもかなり重要で、不景気になると中途採用をする企業が減って買い手市場になって転職はしにくく、逆に好景気になると中途採用する企業が増えて売り手市場となり、転職がしやすくなります。

幸いなことに今は超売り手市場。このチャンスを逃さないようにしてください。

転職に向けて

転職するにあたり、ハローワークだけではなく転職サイトや転職エージェントも有効的に使っていきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントはやはり大手が充実。求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

特に以下2つの大手転職サービスへの登録は必須と言えるでしょう。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:手取り15万円以下の低賃金で働いている正社員はすぐに転職しよう

関連:基本給とは?月給とは?総支給額とは?給料のことしっかり理解しよう。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ