転職理由が「残業の多さ」と面接で回答する時にポジティブな印象を持ってもらいやすくするコツ

仕事にやりがいを感じ、ただまっすぐに取り組んできたものの、気が付けばプライベートの時間がなくなっていたという方もいれば、1日で終わる仕事量ではないため毎日残業となり嫌気がさしたという方もいるでしょう。

そんな残業の多さが原因で転職をする場合、面接でそのまま理由を言ってもいいのか悩みどころです。

ここでは「残業とは何か?」「 その影響は?」「 面接官に転職理由が残業であることをどのように伝えればいいか?」 さらにその理由をポジティブに伝える方法などを考えていきます。

サービス残業や長時間残業で悩んでいる方はもちろん、転職を考えている方もぜひ参考にしてください。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

残業が多いことを理由に転職するのはアリ?

残業が多いことを理由に転職するのはアリ?

まずは、残業が多いことを利用する転職するのはありか解説します。

残業が多いという理由で退職する人は結構多い

残業が多いという理由で退職する人は意外に多いのです。

厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概況」によると、約720万人(男性350万人・女性370万人)いる退職者のうち、男性の8.3%・女性の11.6%が「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」という理由で退職を決めています。

つまり、残業が多いから退職するのは珍しくないわけです。

ましてや、残業時間が極端に長いと心身に悪影響を及ぼす恐れがあるため、自分の身体を思って退職するのは正しい判断だと言えます。

心身ともに限界を迎える前に転職するのは大正解

長時間の残業が日常化すると、当然、プライベートな時間が少なくなります。

睡眠時間を削る必要も出てきて、様々な弊害が現れる恐れがあるのです。

実際、厚生労働省の「STOP過労死」によると、長時間労働が疲労を蓄積するだけでなく、脳・心疾患との関連性が強いと発表しています。

例えば、残業を平均80時間以上2~6ヵ月、あるいは100時間以上を1ヶ月間した労働者が脳血管疾患・心臓疾患を発症した場合、残業が影響している可能性が考えられるのです。

加えて、精神障害を起こして正常な判断や選択ができなくなり、精神的抑制力がほとんど利かなくなるケースもあります。

最悪の場合は自殺に至る場合もあるので、そうなる前に転職するのは正しい判断です。

残業が多いことを転職理由として伝える時のポイント

残業が多いことを転職理由として伝える時のポイント

残業が多いから転職したと面接などで話すのは抵抗を感じるでしょう。

では、どのように話せば悪い印象を持たれず、正しく転職理由を伝えられるのでしょうか?

この項目では、残業が多いことを転職理由として伝える際のポイントについて解説します。

残業が多いことを転職理由として伝えるのはアリ

残業は、退職理由でも上位になるため問題と考える必要はありません。

しかし、面接官に伝える際は誤解を与えないよう、「それだけ残業をさせられていたなら仕方がない」と思われるような説明が必要です。

説明次第で印象が悪くなる恐れがあるので、しっかりと面接官に共感してもらえる説明を用意する必要があります。

残業が多いことが転職理由であることを伝える際のポイント

勤務時間の超過や休日が取れないなどの理由で退職する場合、面接官に対しポジティブな印象を与えられる表現について考えてみましょう。

ここでは、具体例を2つ紹介します。

ポジティブな表現を加えて伝える

退職理由を「残業から解放されたい」「プライベートな時間が欲しい」と伝えると、プライベート優先で考えが甘い人という印象を与えかねません。

なので、「残業が少ない会社で働き、心身を休めて仕事の効率を上げたい」などポジティブな表現を付け加えて話すようにしてください。

退職理由は正直に伝えるとともに、ポジティブな内容も加えることで面接官の抱く印象はガラッと変わります。

受け身な回答や会社の批判につながる言葉は使わない

ただ残業が多いと伝えると「仕事が遅い」「効率が悪い」など、あなたの能力が低いと思われる恐れがあります。

他にも「同僚からあきれられた」「見放された」といった悪い印象を持たれる可能性があるので、受け身な回答は避けて前向きな話への変換を試みるようにしてください。

また、人事に「何か不満があれば、こうやって批判する人なのだろう」とマイナス評価を抱かれる恐れがあるため、会社を批判するような言葉も避けるようにしましょう。

転職理由を話す時の5つのポイント

転職理由を話す時の5つのポイント

転職理由を面接官に答える場合、残業と答えてマイナスの印象を与えないよう、しっかりとした準備が大切だと確認してきました。

では、さらに踏み込んで転職理由を答える際の大切な5つのポイントを確認していきましょう。

虚偽の転職理由を作らない

虚偽の転職理由で内定を取れたとしても、入社後に本当の転職理由と同じような状況に陥ると再び退職する羽目になります。

焦って転職しても長続きしなければ意味が無いので、「本当の理由を言って就職できない企業は自分には合わない」と諦め、頭を切り替えて本当に自分に合う企業を探しましょう。

虚偽は言ってはいけないが話さないことは可

転職先で解決できるとは限らない問題は面接の時に話す必要はありません。

例えば、配属されるまでどんな人が上司や同僚になるか分からないのに、人間関係が辛かったと話してしまうと、面接官にも協調性がないと判断される恐れがあります。

ただし、セクハラパワハラなどのハラスメントにあっていた場合は異なります。

ハラスメントに耐えられないと判断して雇用しない企業は、そこでもハラスメントが横行している可能性があるからです。

働く目的との一貫性

転職は、自分が目指しているキャリアプランを引き寄せるためにするのです。

働く目的を実現させるために、「前職は最適ではなかった」という面から転職理由を分析し直すとポジティブな面を見出すことができます。

不満だけでなく、状況を具体的に説明する

不満だけ言ってしまうとネガティブな印象を面接官に持たれてしまいます。

そうならないためにも、感情的にならずに客観的かつ具体的に状況を説明しなければなりません。

例えば「残業時間が月〇〇時間で体調が悪くなった」「休日出勤をしても代休が認められなかった」など分かりやすく明確に伝えます。

また、改善のために自分が何をしたかも伝えることが重要です。

そこを伝えないと何もせずに直ぐに転職したと判断され、短絡的な人間との印象を与える恐れがあります。

「何度か相談窓口や上司に相談したが改善されなかった」など行動力があるとアピールしましょう。

前向きな姿勢

転職理由を答えると、自分の弱点ともいうべき部分をさらすことになります。

そして、面接官がそれに関して突っ込んだ質問をしてくればネガティブになりがちです。

だからこそ前向きに自信を持って答えられれば、好印象を与えるチャンスとなるのです。

この5つのポイントを踏まえた上で面接対策を考え何度もシミュレーションをしておくと、本番でも緊張せず実力を発揮しやすくなります。

転職理由をネガティブからポジティブに

転職理由をネガティブからポジティブに

前職のグチばかり言っているネガティブな人材と、転職先の企業で目的や夢を持って働こうとしているポジティブな人材、面接官の立場ならどちらを採用したいでしょうか?

ポジティブな人材のほうが一緒に仕事をしやすそうですし、継続して働いてくれることを期待できます。

そもそもがネガティブな退職理由なので、どうすればポジティブに変換し面接に臨めるのか考えてみると良いでしょう。

退職理由を分析する

自分がなぜ退職したのか、改めて見つめ直してみましょう。

例)「残業」が原因

Q. 残業の何が嫌だったのか? A. 残業時間が長く自分の時間を持てなかった。
Q. なぜ残業時間が長かったのか? A. 上司が帰るまで仕事が無くても帰宅できないという暗黙のルールがあった。
Q. ではどのように働きたかったのか? A. やるべき仕事が終わったら直ぐに帰宅したい。
Q. それをポジティブに言うと? A. ON、OFFをハッキリさせ、効率よくメリハリのある働き方をしたい。

これはあくまで一例ですが転職したいという思いがある以上、現状に不満があることは共通しています。

不満の解消は自分にとってプラスとなるため、ポジティブな要素を含んでいるのです。

そのプラスの要因の表現を変えて面接向けにするのはそれほど難しくはないはずです。

過去ではなく未来を見るとポジティブになれる

前職というのは、今まで務めていた会社なのでこれは過去です。

それに対し転職先は、まだ就職していないのだから未来と言えます。

不満があったからこそ辞めたので、当然そこにはネガティブ要素が強いと思いますが、面接で前職の話ばかりするのは得策ではありません。

むしろ転職先でやりたいことに重点を置けば、そこには希望があるため話自体もポジティブな方向へと向いていきます。

面接官に前職について聞かれたらなるべく客観的に答え、それを踏まえ転職先ではどうしたいか伝えれば話はポジティブに終わらせやすいでしょう。

残業が多いことは立派な転職理由!前向きに転職をしよう!

について聞かれたらなるべく客観的に答え、それを踏まえ転職先ではどうしたいか伝えれば話はポジティブに終わらせやすいでしょう。  残業が多いことは立派な転職理由!前向きに転職をしよう!

残業について改めて確認すると共に、残業の多さを理由に転職する場合の対策方法についても考えてきました。

退職自体はポジティブなものではありません。

しかし、厚生労働省の調査では「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」が男女とも退職理由の上位になっており、それほど引け目を感じる必要がないとわかりました。

また、長時間の残業が心身にもたらす悪影響についても理解できたでしょう。

最悪の場合、心身を壊して普通の生活が送れなくなる恐れがあるので、そうなる前に早めの転職をおすすめします。

そして、もしあなたが残業の少ない会社への転職を希望するなら、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

残業の少ない会社への転職なら、転職エージェントの利用がおすすめ

転職エージェントとは、転職に関するあらゆる面からあなたをサポートしてくれるサービスです。

履歴書の添削や面接対策はもちろん、非公開求人の紹介や企業の内部情報の共有などもしてくれます。

企業の内部情報を把握しているため、あなた一人ではわからなかった各企業の残業の多さなども教えてくれるのです。

希望条件を伝える際に「残業が少ない企業」と言えば、その点を考慮しながらあなたにピッタリの会社を紹介してくれます。

ちなみに、登録料や利用料金は完全無料です。

誰でも気軽に利用できるので、残業の多さに悩んでいるなら、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)