正社員が仕事を辞めることを電話で伝える場合の注意点

仕事を辞めたいけど中々直接言う勇気がでない。そんな時に直接言うよりも少し気楽な電話で済ませたいと考える人もいるのではないでしょうか。

常識的には直接上司に退職を伝え、然るべき手順を踏んで退職をすべきです。そんなことは重々承知であってもそれをするのができないとなる事情だってありますから、必ずしもそれが悪いことであるとは言えません。

ただ正社員が電話で仕事を辞めることを伝えるというのは会社、上司、同僚にとって意外性も大きく与える影響も多いもの。その分注意しなくてはいけない点も多いです。

関連:仕事を辞める時に大変だったこと、嫌だったこと、困ったこと。退職するのは大変なことが多いかも。

関連:退職は迷惑をかけることだと割り切ることも大事。できることさえ行えば気を使う必要はなし

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

仕事を辞める時の本来の流れ

まずは仕事を辞める場合の本来の流れを確認してみましょう。

基本的な流れは以下の通り。

  1. 上司に退職することを伝える
  2. 会社で決められた退職の手続きを行う
  3. 上司から許可されたら同僚にも退職を伝える
  4. 自分の仕事の後任者に仕事の引継ぎを行う
  5. 私物を持ち帰る
  6. 関係者に挨拶周りをする
  7. 退職する(退職日は退職を伝えてから最低でも2週間後)
  8. 退職時に必要なものを会社に返却する(健康保険証、社員証、備品関係)
  9. 退職後に必要なものを郵送で受け取る(離職票、年金手帳、源泉徴収票、雇用保険被保険者証)

退職では通常これだけのことをして行かなくてはならないのですが。電話で仕事を辞める場合、単に直接伝えないということだけではなく本来すべきことができないことになるわけです。

ただ絶対に守らなくてはいけないこともあります。それは最低でも退職を伝えてから2週間後以降にすること、退職時に返却すべきものをしっかり返却すること、そして受け取るものはしっかり受け取るということです。

2週間後というのは民法627条において決められていることなので守らなくてはならないし、会社から借りているものを返却しなければ下手したら横領罪になります。

受け取るものに関してはまともな会社であれば勝手に郵送してくれるのであまり心配ありませんが、もし郵送してくれない場合にはこちらから連絡しなくてはなりません。これがないと失業保険の手続きができない、年末調整や確定申告ができないなど面倒なことになってしまいます。

ただ電話で仕事を辞めると伝えたのにその後で2週間も会社に行かなくてはならないというのでは元も子もない話。その点に関しての対応は下記で紹介します。

仕事を辞める時に電話で伝えるのはありか、なしか

ではそもそも正社員が仕事を辞める時に電話で伝えるのはありか、なしかということについて考えてみましょう。

本来やるべきことをやらずに簡単にすませてしまうことになる為、上司や同僚を不快な気持ちにさせてしまう場合もあるし、周囲に多大な迷惑をかけてしまうことにもなります。ですから正しいことだとは言えません。

しかし法律上で退職は直接伝えるべきだなんて言うことは決められていないし、退職に向けて引き継ぎ等を行わなくてはならない、挨拶をしなくてはならないなんてことも当然することが義務付けられているわけではありません。

退職の申し入れはいつでもできることであり、手段は問われません。ですから電話で退職を伝えようとも問題はないのです。

もちろんマナーとしてこれまでお世話になってきた人に対してわざわざ迷惑をかけるような手段をとるべきではありません。ただどうしてもそれができないという場合だって絶対ありますよね。

直接言ったら何を言われるか、何をされるかわからない。精神的に上司と話すことがもうできない。

他人にとってはたかがそんなことと思われてしまうようなことであっても、当の本人にとっては耐え難いストレスであることなんて山ほどありますから、それを無視してまで守る必要のあるものだとは思えません。

ですから基本的には直接退職を伝え本来の流れにそって退職するべきではありますが、電話で済ませてしまうことだってなしではないでしょう。

仕事を辞めることを電話で伝える場合の注意点

とは言え電話で退職を伝える場合には注意しておかなくてはならない場合もあります。

誰に伝えるべきか

基本的に退職を伝えるのは直属の上司。電話であってもそこは変わりません。

ただ退職を電話で伝えるような事態になってしまうような状況では、電話ですら上司と話すことは嫌だと感じる人もいるかもしれません。

そんな時に候補となるのは人事の担当者。退職関係を扱っている人に取り次いでもらい、事情を話して退職の話をすすめるようにしましょう。その際、人事経由で上司にも伝えてもらうようにしてください。

曖昧な言い方はしない

退職を伝える際には決して曖昧な言い方をせず、確実に退職するということを伝えてください。

曖昧ないい方をしてしまった結果、退職ではなく無断欠勤扱いとなってしまった為に懲戒解雇となってしまうようなことも起こり得ます。

懲戒解雇となってしまうと退職金が支給されなかったり離職票に記されてしまうなど不都合なことが多いので絶対に避けなくてはなりません。

退職届を内容証明郵便で送付する

退職を伝えたということを証明する為にも退職届を内容証明郵便で送付するようにしてください。

電話で伝えるだけだと言った言わないのトラブルになってしまう場合もあり、それを防ぐ為にも有効な方法です。

退職日は2週間後

上述したように退職は退職を伝えてから2週間後。これは法律で決められたことなので守らなくてはなりません。

ですので2週間は会社に籍を置きながら、有給休暇を消化して過ごすという対応をとることになります。

電話で退職を伝える際には退職までの期間は有給休暇使うことをしっかり伝えてください。

有給休暇取得は会社側も拒否できませんから、使わせないと言ってきたらそれは法律違反であるということを伝えましょう。

電話は録音しておく

念の為、電話での会話の内容は録音しておいてください。後々万が一トラブルになってしまった時の有力な証拠になります。

もちろん何も起きずに使わないのがベストですが、念には念をおしておきましょう。

できれば引き継ぎの資料をこっそり作っておく

電話で仕事を辞めることを伝え、そのまま会社に行くことがなくなれば当然引き継ぎをすることができません。

そうなると残された同僚はとても困りますし、あなたにとっても退職後に多々電話がかかってくるなど面倒なこともあります。

それを防ぐ為にもこっそり引き継ぎ資料を作っておいて、少なくともどういった仕事を自分が担当しており、その進捗がどれほどかがわかるようにはしておいたほうがいいです。

私物は事前に持ち帰っておく

私物は必ず事前に持ち帰って置き、後々取りに行かなくてはならないなんてことになるようなことは避けましょう。

捨ててもいいものであっても放置してしまうと会社の人はその私物をどうすればいいか困ってしまいますので注意してください。

返却物は後日郵送する

会社の備品など返却しなくてはいけないものに関しては、必ず後日返却するようにしてください。

直接行くのは難しいでしょうから、郵送で構いません。

電話するのも無理なんて時は

もしあまりのストレスで退職の電話をすることすらできない場合であっても、電話もせずにバックレるというのは避けたほうが良い行為です。あなたにとってもデメリットが多すぎます。

そんな時は退職電話の代行サービスを利用してみてください。お金はかかるものの退職金が貰えなくなるよりはまし。自分が電話するというストレスは大きく軽減できると思います。

転職に向けて

仕事を辞める時、当然転職のことは考えておかなくてはなりません。

もしすぐに仕事を決めようと思ってなく貯金や失業保険で過ごそうと感じている場合であっても、いずれは転職をすることになりますから、その為の準備は必ずしておいてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:退職理由で嘘をついた時、万が一ばれたらどうなる?実際にばれた人の体験談

関連:正社員の仕事の辞め方。正しい流れと転職までの注意点を抑えておこう。