転職活動は、初めて仕事に就くための就職活動とは異なり、面接のときからビジネスの場として、ビジネスパーソンとしての意識を持つことが大切です。

転職を希望する企業の面接にはスーツを着ていくことが一般的で、面接官はスーツをどのように着ているかもチェックしているほか、スーツが与える印象で受取り方もプラス、マイナスになってしまいます。

面接官がスーツもチェックするとなると緊張もぐっと高まり、日ごろからあまりスーツを着ない方の中には、どんなスーツを着ていけば良いか悩む方もいることでしょう。

そんなときにも役立つ、転職活動の面接で失敗しないスーツ選びのポイントを紹介していきます。

 面接に行くときの服装の意味について

転職活動の面接で企業を訪問する場合、企業側から服装について指定されることはほとんどなく、とりあえずスーツで行けば良いと思う方もいるはずです。

面接では服装を始め、ビジネスマナーが身に付いているか、自社に相応しいかどうかなどさまざまな角度からじっくりと見られています

服装よりも質問に対する受け答えや転職動機の内容の方がよっぽど重要な気がしますが、なぜ、服装が重視されるのでしょうか。

それは、社会人としてTPOに合わせた服装ができるかを見極めるためです。

  • T:時(Time)
  • P:場所(place)
  • O:場合(Opportunity)

もしも自分が面接官だとしたら、服装の指定をしなかったからといって、服装を全く気にせず採用することはできないはずです。

だらしない服装よりは、清潔感のあるスーツでまとめている方が好感も持て、着こなしは違えど、同じスーツだからこそ内面を見ることができます。

また、ビジネスパーソンとして相応しいか、安心や信頼を置けるかどうかを見極めるには、やはり第一印象を左右する服装が重要です。

転職活動の面接のときの服装は、企業側からは指定がないことがほとんどでも、自分という存在を何も語らなくともアピールする重要な意味があるのです。

転職活動のスーツの失敗しない選び方

転職活動の面接で重要になるスーツは、どんなものが良いのでしょうか。

不潔な服装でも全く気にせずに一緒に過ごせるでしょうか。

少なくとも歓迎するような良い印象ではなく、隣に座るときも距離を置いて座りたくなったり、不潔な服装が気になって仕事にならなかったりする状況も考えられます。

面接の場では清潔感は非常に重要で、しわで汚れているシャツ・スーツを着ることやカビやたばこの臭いがすることは問答無用でNGです。

「普段の生活であまりスーツを着ないから気づかなかった」という理由も通用しないので事前にスーツをしっかりチェックするようにしましょう。

面接する日が決まったら、すぐにスーツをチェックして整えておくと良く、面接前日には細かいほこりも取っておくとなお安心です。

面接の日まで数日あるときは、クリーニングに出すのも良いでしょう。

そうすれば、しっかりアイロンがけされたシャツを着ることができ、カビやたばこなどの嫌な臭いがないスーツを着ることができます。

転職活動ではリクルートスーツは避けるのがマナー

就職活動時に用意したリクルートスーツは、転職活動の面接でも活用できるような気がしますが、実際は避けることがマナーです。

リクルートスーツは、学生向けに安く販売されているスーツのため、生地が薄くて安く耐久性も低いという特徴があります。

20代前半の方で、まだ多くのスーツを持っていないならリクルートスーツでも良いですが、転職活動はビジネスの場なので、年齢や転職回数によってはビジネスマナーがないと見られてしまう可能性もあります。

それに即戦力を求められる中途採用の面接では、社会人経験が浅い、頼りない、未熟などのマイナスイメージを与えてしまいかねません。

あくまでもリクルートスーツは学生向けのスーツであること、転職活動の面接はビジネスの場であることを理解し、可能な限りビジネススーツを用意することをおすすめします。

スーツは色や柄があっても良いが、派手過ぎないものがベスト

転職活動の面接で着るスーツは、就職活動のときとは違って柄が少しあっても良いです。

ですが、柄があっても良いといえ派手すぎないものを選ぶようにします。

一般的な色では下記の2種類。

  • ネイビー
  • グレー

柄付きでは下記の3種類が理想的です。

  • 無地
  • シャドーストライプ
  • ピンストライプ

また、転職する業界に合わせたスーツ選びも重要で、業界ごとに傾向をまとめると次のような組み合わせが良いでしょう。

業界スーツの色スーツの柄
堅め(金融・公務員)濃いネイビー無地・シャドーストライプ
普通(サービス・流通・食品)濃いネイビー・ネイビー無地・シャドーストライプ・ピンストライプ
柔らかめ(アパレル・IT)ネイビー・明るすぎないグレー無地・シャドーストライプ・ピンストライプ

自分の体にちょうど良いサイズも重要! 体形に合うスーツを選ぶ

スーツは自分の体形に合っていないと、小さいサイズは背中や太ももに横じわができたり、大きめサイズはルーズに見えたりします。

また、小さいスーツは窮屈で古いスーツを無理やり着ているような印象になり、大きいスーツは借り物のスーツを着ているような印象になります。

このように、体形に合わないスーツを着ている人は、清潔感が薄れてだらしなく、マイナスイメージを与えてしまうのです。

そのため、自分の体にちょうど合うサイズのスーツを選ぶか、サイズが合わないときは多少の手直しをしてもらってベストサイズにしておくことが重要になります。

スーツを選ぶときは必ず試着をして、リラックスした状態で不自然なしわがないかチェックしましょう。

背広のチェック方法

背広を着て前面をチェックしたあとは、背面もチェックしていきます。

背広の裾にはベントと呼ばれる切込みが背面中央下に入っているのですが、このベントが開いていないかチェックしてみてください。

ベントが開いているときは、背広のサイズが小さいという判断になるので、大きめのサイズを試着するなどしてベストサイズを探しましょう。

スラックスのチェック方法

背広の次は、スラックスも履いてみてください。

スラックスを履いた状態で自然に立ち、そのまま屈伸してみましょう。屈伸したときに、膝やお尻にピンと張った感覚があるときは、サイズが小さい可能性があります。

この場合も、1つ大きめのスラックスを試着するなどして、自分に合うサイズを探してください。

もしも、自分1人でスーツを選ぶことが不安な方は、スーツ売り場のスタッフに確認してもらうのも良い方法です。

普段からスーツを専門に扱うスタッフが、体に合うサイズを探してくれることでしょう。

 

体に合うスーツを着ていることは適切な服装ができているかの目安になり、面接のときはビジネスマナーをわきまえているかどうかの判断材料にもなります。

こうしたことからスーツのサイズは、体に合うものを選ぶことがとても重要になるのです。

また、サイト内には男女別の転職活動時に役立つスーツ情報の記事も掲載しています。

それぞれにポイントをまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

<男性版>転職活動のスーツの基本、正しい着こなしや選び方・マナーを知ろう

<女性版>転職活動のスーツの基本、正しい着こなしや選び方を知ろう

転職活動でNGなスーツのポイント2つ

転職活動では色や柄、サイズのほかにどんなジャンルのスーツを着るのかも重要なことです。

いざ、転職先の企業と面接が決まると、緊張のあまり面接に相応しくないスーツを選んでしまう方もいることでしょう。

そんな失敗をしないために、転職活動でNGなスーツのポイントを2つ紹介します。

ブランドがひと目でわかるようなスーツはNG!

スーツの中にはブランドのロゴや特徴的なデザインのスーツがあります。

おしゃれ着としては良くても、転職活動の面接ではひと目でブランド名がわかるようなスーツは相応しくありません

面接の場では自分よりもブランドスーツの方が目立つことや、ブランド名が目立ちすぎて悪い印象を与えることもあるからです。

また、ネクタイもブランドのロゴが入っているものや、キャラクターデザインのものは避けるのがベターです。

派手過ぎない色と柄を選び、品よく信頼感をアピールできるような色と柄のネクタイを選ぶようにしましょう。

さらに、ベルトや靴・靴下も同じで派手過ぎないことに加えて、ベルトは革製のものが一般的、ベルト・靴・靴下の色はスーツの色に合わせるとまとまりやすくなります。

いずれもひと目でどこのブランドかわかるようなものは避けて、全体にバランスよくまとめるようにすると良いでしょう。

転職先の企業のイメージに合っている? イメージが違い過ぎるスーツは浮く可能性あり

転職活動の面接で服装に関する指定が無い場合、企業のイメージを考えた服装を選択することが必要です。

例えば、金融関係の企業の面接ならカッチリした堅めのスーツが良く、アパレル系やIT系の企業ならスーツ以外に清潔感のあるカジュアルな服装でも良いでしょう。

転職先の企業がアパレル系やIT系の場合は、個人のセンスをチェックするために私服を指定するケースもあるので、その場合は企業のイメージに合う服装を心がけるようにします。

企業のイメージと言われても良くわからないときは、ジャケットにスラックス、ネクタイをすれば、スーツではないけれども清潔感のある服装になります。

女性も同様にレディースジャケットとブラウス、パンツを合わせるとまとまりやすいです。

もしも、アパレル系の企業の面接なら、そのときのトレンドを取り入れるのも良い方法です。

それでも、どうしても転職先のイメージがわからないときは、企業の公式サイトや転職サイトを参考にすると企業のイメージに近づけることができます。

企業のイメージを無視した服装は、時と場合によっては違和感を抱かせる可能性があります。

自分だけが浮いてしまわないためにも、事前に企業のイメージをリサーチしておきましょう

転職活動のスーツは、自分の理想より相手への印象アップを目指そう

転職活動のスーツ選びは、スーツなら何でも良いわけではなく、転職する企業に合わせて選ぶことが重要です。

自分の理想を貫いた服装よりも、企業のイメージを考えることはもちろん、堅めの企業、普通、柔らかめの企業など、それぞれに合わせた服装が良いのです。

服装の目安として、その服装のまま上司と公の場に出ても恥ずかしくないか、そのまま打ち合わせや他社に営業に行っても問題ないかを基準にしましょう。

また相手から見て自分の服装が好印象に見えるか、相手がどう思うかなども考えてみてください。

細かいところまで相手からの印象をアップできるように配慮することが必要です。

面接の服装は第一印象を決める重要な要素、たかが服装と軽く見ずに少しでも相手への印象を上げられるようにしっかり準備するようにしましょう。