新卒ならリクルートスーツで間違いないのですが、社会経験がある転職では服装が違ってくるため、どんなスーツをどのように着こなそうかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は男性向けの転職活動について、どのようなスーツが望ましいのか、逆にしてはいけない服装、最近話題のユニクロの感動ジャケット、そして季節ごとの違いなどを詳しく紹介します。

面接の服装マナーの基本

現在の転職は書類審査を通るだけでもハードルが高く、面接まで進めたら少しでも面接官に好印象を与えて採用に繋げたいところです。そのためにも第一印象は大切で、身に着けて行く物にも細心の注意を払う必要があります。

ビジネススーツに白いワイシャツ、ピカピカの革靴に清潔感のあるネクタイ、男性が転職活動をする際のイメージはこのようなものではないでしょうか? 本当にこれでいいのか、転職活動に相応しい服装マナーの基本を抑えておきましょう。

面接で好印象を与える服装のポイントは

男性が面接官に好印象を与えるための服装のポイントは大きく分けて「清潔感」「サイズ」「TPO」の3つです。

ポイント1. 清潔感があること

基本的な事ですが清潔感は大切です。スーツの汚れやシワはもちろん革靴にも注意が必要です。面接官は足下をよく見ています。

スーツを新調したばかりならいいですが、長い間使用せずにしまってあったならワイシャツも含めてクリーニングに出して、アイロンをかけておきましょう。

また髪やヒゲにも注意が必要で、ボサボサだったりフケが多かったりするとやはり清潔感がなくなります。面接前には入浴やヒゲ剃り、髪を整えるなどの身支度も必要です。

ポイント2. 体のサイズに合ったスーツを着る

体に合っていないスーツを着ているとだらしない印象を与えてしまいます。サイズ感を大事にし、自分の体に合ったものを身に付けましょう。長い間着ておらずサイズが合わない場合は買い換えを考えなければなりません。

ポイント3. TPOをわきまえていること

「TPO」とは和製語で time(時)、place(場所)、occasion(場合)を表す言葉で、日本語の「時と場合」に「場所」を加えた概念です。

面接という場所に相応しい格好をしているかどうかを見て、採用担当者は社会人の常識として必要なTPOをわきまえているかを判断します。とは言え特別な服が必要なわけではなく、普段ビジネスパーソンが着ている一般的なビジネススーツで問題はありません。

 

初対面の採用担当者に対して失礼がないように、自分に合った清潔感のある服装を心がけましょう。

服装の選び方

面接の服装マナーの基本を確認したところで、次に男性が転職活動をする際に相応しい服装を詳しく紹介します。

スーツ

スーツを選ぶ注意点は4つあります。

注意点1. 色

黒、紺、グレー、柄は無地かできるだけ目立たない柄のものが無難で、派手すぎず清潔感を与えやすいものを選びましょう。

また黒の無地はリクルートスーツと被らないように、同系色のストライプなどの柄が入った物にします。

注意点2. サイズ

体にピッタリなものを選び、3つボタンなら真ん中のみ、2つボタンなら上だけ留めます。

注意点3. サイドポケットのフラップ

「サイドポケットのフラップ」とは、スーツの上衣の両サイドにあるポケットに付いているフタのような部分です。晴れの日は中にしまい、雨の日には出します。

注意点4.ボタンの数

ボタンの数は2つと3つ、どちらでも大丈夫です。サイズが合っているスーツを着用してボタンを全部閉めてしまうと、座った時にお腹の部分にシワができるため一番下のボタンははずしておきます。

ワイシャツは一番上までキッチリ閉めるのがマナーなので矛盾を感じるかもしれませんが、スーツの上衣は一番下のボタンを外すのが正しいマナーなので注意してください。

ワイシャツ

シャツの色は白がベストです。薄い青系でも清潔感を演出できるため問題はありませんが、ボタンダウンシャツ(襟の先に小さなボタンが付いているワイシャツ)はカジュアルシャツなので面接時の着用は避けましょう。

袖口

ワイシャツの袖口はスーツの袖よりも1~1.5cmほど出るのが理想で、長すぎるとだらしない印象を与えるので注意しましょう。袖口のボタンはしっかり留めます。

ネクタイ

スーツの色味に合わせて派手になりすぎない程度に明るいものを選んでください。柄が入ったネクタイを選ぶ際には、ストライプや小紋などのシンプルな柄がおすすめです。

柄によってはコーディネートが難しくなるので、念のためスーツや靴に合わせて違和感がないかをチェックしておきましょう。

ベルト

ベルトはスーツに合うシンプルなもの、靴と色を合わせたものを選びます。

靴下

黒かスーツと同じ色にそろえます。

黒または焦げ茶が無難、キャメルなどの明るい色、つま先が尖っている個性的なものは避けましょう。面接前にしっかり磨き、つやを出しておくことも大切です。

腕時計

ビジネスシーンでは腕時計の着用が礼儀であり、黒革ベルトが好ましいと言われています。またデジタルはカジュアルな印象を与えかねないためアナログのほうがおすすめです。

出来れば靴と同じ色の革が無難。ナイロンでも構いませんが、社会人らしいデザインで床に置いても自立するものを選びましょう。

 

男性が転職活動をする服装を紹介してきました。特に腕時計はスマートフォンがあれば時間もわかるため最近は持っている方も減っています。しかし転職活動には必要なのでマナーとして用意しておきましょう。

身だしなみのポイント

転職活動時の服装がどんなものかを確認したところで、さらに細かく身だしなみのポイントを紹介します。

アクセサリー

どんなにシンプルでもアクセサリーはNGです。例外的にネクタイピンは付けても構いませんが、付ける場合は上衣の第1ボタンより少し上か完全に見えない位置にします。

髪の毛

相手に不快感を与えないことが最優先です。

髪の毛のこだわりで合否が左右されることもあるため、前髪が目に掛からないようにしたり、金髪などの派手過ぎる色を避けたりして、ビジネスシーンに相応しいスタイルを心がけてください

剃った方が清潔感を出すことができます。

転職活動時避けたほうが良いコーディネート

転職活動での基本的な服装やポイントを紹介してきましたが、今度は避けるべきコーディネートを確認していきます。

リクルートスーツ

リクルートスーツは学生が就職活動のために着るスーツなので避けましょう。第二新卒や20代前半ならリクルートスーツでも問題ありませんが、それ以上の年齢になると転職活動ではマイナスイメージになることがあります。

むしろビジネススーツを着こなすことで落ち着きや経験者の風格を見せることができ、プラスの印象を与える可能性があります。

転職面接にてリクルートスーツしかない場合の対策

今までの仕事ではスーツを着ることがなかった、20代であまりスーツを持っていないなど、リクルートスーツしかないという方も安心してください。

「リクルートスーツ」とはスーツ販売店が就職活動する学生向けに名付けて販売しているだけで、ビジネススーツとの明確な差はありません。そのため転職活動で避けたほうが良いという程度で着てはいけないわけではないのです。

 

清潔感のあるスーツを着ていればスーツの種類自体を問われることは少なく、よほど見た目を気にする企業でなければリクルートスーツでもビジネススーツでも大きな問題はないです。

スーツ以外の服装

多くの企業ではスーツ以外の服装で面接に望むのは好ましくありませんが、業界によってはカジュアルな服装で働いているため、自由な雰囲気の会社ならジャケットパンツスタイルでの面接もあります。

転職活動の面接でジャケットパンツスタイルがOKの条件

業種や年齢によっては私服の指定があったりジャケットパンツスタイル(ジャケパン)で面接を受けてたりしても構わない場合があります。

どのような業種ならスーツでなくても良いのでしょう。

クリエイター

クリエイター業界では私服で面接を受けるのが一般的です。

採用担当者は履歴書や職務経歴書ではわからない趣味・嗜好を服装から判断したり、時代の流行・雰囲気をどう捉えているか判断したりするために私服での面接を求めています。

Webデザイナー

Webデザイン会社の面接でスーツ着用を求められることはほとんどありません。

Webデザイナーでスーツを着用して仕事をしている方がめったにいないこともあり、TPOに配慮した清潔感のある服装で大丈夫です。そのためジャケットパンツスタイルがベストと言えます。

広告業界

企業側から「カジュアルな服装でお越し下さい」と指示があった場合は、襟付きシャツにジャケットをはおり革靴を履きます。

特に指示がなければカジュアルに近いスーツ、もしくはビジネスカジュアル程度の服装が無難なので、この場合もジャケットパンツスタイルで大丈夫です。

 

経理職や堅めの営業職、金融関係には向いていませんが、ジャケットパンツが好印象になる業界もあるのです。しかし最終選考や相手の面接官が年配の場合、無難にスーツのほうが評価として良いときもあるので注意しましょう。

ノーネクタイ

基本的にノーネクタイで面接を受けるのは避けるべきですが、企業からカジュアルな格好、私服、夏場のクールビズでお越しくださいといった指定があった場合はネクタイをせず面接に臨んでもOKです。

 

転職の際のコーディネートで共通しているのはTPOに配慮し清潔感のある格好をすると言うことです。スーツかどうかは業界によっても変わりますし、ネクタイについても季節の影響もあるので企業側の指示に従い柔軟に対応する必要があります。

代替スーツを買うという方法も

スーツはどこで購入しますか? スーツの販売店としてメジャーなところは「AOKI」や「青山」があげられますが、最近ユニクロのスーツが注目されています。実際はスーツという名前で販売をしていないのですが、ジャケットとパンツのセットアップをスーツの代わりとして転職活動にも使用可能です。

ユニクロの感動ジャケット&パンツ

店舗でも販売されていますが、オンラインショップでは丈が短めのものもあるため、よりフィットしたものが選べます。

おすすめのジャケットセットアップ

<おすすめ1.>

  • Jウールジャケット
  • パンツ
  • スーパーノンアイロンシャツ

<おすすめ2.>

  • ストレッチウールジャケット
  • パンツ(セットアップ可能)
  • スーパーノンアイロンシャツ

シャツの色は白を選び、ボタンダウンシャツは避けます。

ユニクロでセットアップを買う際、シーズンによって微妙に色味が違うので注意が必要です。

オーダースーツも可能

ユニクロにはオーダースーツ(実際はオーダーメイドに近い感覚)もあり、店舗へ来店して販売員に採寸してもらう方法と、自分で採寸を行う自己採寸の2通りから選ぶことが可能です。店舗とインターネット通販の両方から購入することができます。

このオーダースーツは約1週間で仕立てられるため、できるだけ早くオーダースーツを作りたい方や、インターネット通販で手軽にオーダースーツを作りたい方におすすめです。

参照:ユニクロ「オーダーメイド感覚で選ぶ、ジャストサイズ。」より

 

ユニクロの感動ジャケットとパンツを組み合わせると「AOKI」や「青山」よりコストを抑えられるため、金銭的な負担を減らしたい方は検討してみてはいかがでしょう。

季節ごとの面接服装のマナー

転職活動で男性が面接を受ける際の基本的な服装を紹介してきましたが、さらに季節ごとに注意しなければならないことがあります。

ここでは夏や冬、そして雨の日の服装を紹介するので参考にしてください。

夏場のスーツ

夏場にクールビズを実施している企業は多いですが、面接に行く場合、夏でもスーツ(ネクタイ、ジャケット)着用が基本です。面接会場手前まではネクタイと上着を外してもいいですが、会場に入る前には必ず着用します。

上着を脱ぐことを勧められた場合

「それでは失礼します」と断って二つ折りにした状態で椅子の背もたれに掛けます。

夏場のスーツの注意点

半袖のワイシャツはスーツの袖から手首が見えてしまうため、マナー違反です。

また汗でワイシャツが透けてしまったり、スーツがまだら模様になったりしないよう、面接に行くまでできるだけ日陰を歩き、受付をする前に汗を拭くようにしましょう。

 

夏場は暑さと汗との戦いです、制汗剤なども使用して臭いにも気を付けてください。

冬場のコート

ダウンジャケットやジャンパー、カジュアルなデザインのコートは避けます。スーツ売り場にあるスーツに合うコートが無難です。

コートの色

スーツ同様、黒やベージュ、紺、グレーと派手すぎないものを選びましょう。

コートのマナー

コートは受付の前に脱ぎ、二つ折りにして片手にかけて持ちます。

面接室に入った際はシワにならないように背もたれに掛けておくか、立てた鞄の上に畳んで置きましょう。椅子の背もたれにハンガーのように掛けるのはマナー違反になります。

帰る際は必ず企業を出て、面接官が見えなくなってから着用してください。

 

コートには脱着のタイミングや持ち方、掛け方など色々マナーがあるので着る場合は注意が必要です。

雨の日

面接時は折りたたみ傘がおすすめです。

企業に着いたら水を切って折りたたみ、ビニール袋に入れて口を縛って鞄に入れておけば傘立てを借りる必要も、忘れて帰る心配もありません。

 

夏場と冬場はそれぞれ転職活動では気を使うことが増えてしまいます。ただでさえ緊張する面接ですが、そこをスマートにすることで採用担当者に好印象を与えるきっかけにもなります。面倒と思わずチャンスととらえて前向きに転職活動をしてください。

第一印象を良くするために

今回は男性が転職活動をする際の服装について確認してきました。

基本はビジネススーツを着用しシワや汚れのない清潔感のある格好をすれば問題ありません。でも業界によってはカジュアルスタイルで来ることを求める企業もありますし、夏と冬ではそれぞれに格好が異なり気を使う部分が増えてしまいます。

しかし面接において第一印象は大切なので、服装マナーの基本を意識し採用担当者に良い印象を与えられるようにしなければなりません。第一印象があまり良くないと、それを採用担当者が引きずって評価が本来よりも低くなってしまう恐れがあります。

服装も面接時に大切な項目、きちんとした服装は自信にもつながりますのでしっかりと準備していきましょう。