転職理由が会社の倒産。転職活動時に気を付けるべきことは?

転職理由が会社の倒産。転職活動時に気を付けるべきことは?

勤めていた会社が倒産してしまうと、いくら転職したくなくても転職せざるを得ません。

ただ自分の判断で自己都合で転職する場合と違って、会社の倒産による会社都合の転職ではいくつか注意しなくてはいけない点があります。

そこで今回は会社の倒産による転職理由で転職する場合に気を付けなくてはいけないことを紹介します。

関連:会社が危ない、潰れそうならいち早く転職を。倒産する前に動くことが非常に大切。

関連:リストラされて再就職しなくてはいけなくなった時にすべきこと

会社が倒産で転職は割と大変、不利になることも

会社が倒産して転職はできれば避けたいところではありますが、一社員の立場ではどうしようもない場合がほとんど。

ただいくら自分に責任はないと言えども、この場合の転職では自ら転職する場合に比べると大変なことが多いです。

退職時にトラブルになることが多い

会社が倒産してしまうと、給料の未払いや退職金の未払い等が発生する可能性があります。

一応国がその未払い賃金を立て替えてくれる「未払賃金立替払制度」はありますが、以下の上限額もしくは未払賃金の総額の低い方の8割まで。

  • 45歳以上・・・370万円
  • 30歳以上45歳未満・・・220万円
  • 30歳未満・・・110万円

例えば35歳の場合だと最大でも220万円の8割である176万円まで。会社都合時の退職金はもっと多いこと場合が多いので、かなり損することになります。

辞めてからの転職活動はリスクが高い

倒産前であれば、退職する前に転職活動を行って転職先が決まってから退職することが可能。

その方が給料を貰い続けることができ貯金を減らす必要もないので焦ることもないし、リスクも低いというメリットがあるので、転職希望者のほとんどはその形をとっています。

しかし倒産してしてからだとそうもいきません。

失業保険はすぐに貰えるものの上限が決まっている為、かなりの収入減となってしまうので、焦って転職活動をすることになりそれが転職の失敗につながる原因になってしまいます。

不利になる場合も

前職の会社が倒産したという事実によって、転職活動時に不利になってしまう場合もあります。

なぜ倒産前に転職しなかったのか、リスク管理が低いのではないかと思われてしまったり、運が悪い、ツキがない人間ということで敬遠されてしまうこともあります。

また転職活動でも転職理由が倒産であることになると、自主的な転職ではない為、熱意などをアピールしにくい点も転職活動自体が難しくなってしまう原因になります。

基本は倒産前に転職活動を行う

こういった理由から、基本的には倒産する前に転職活動をすぐにスタートさせるべき。

内部にいれば、何かしら会社が危ないのではないか、倒産するのではないかという予兆を感じ取れるはずであり、もし感じ取ったなら無駄な希望を抱かずに自分を守ることを第一に考えましょう。

今は転職支援サービスもかなり充実しているので、在職中であってもかなり転職活動をしやすい状況にあります。

決して待つのは辞めましょう。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

倒産が転職理由の場合に気を付けるべきこと

そうは言ってもすでに会社は倒産してしまっていたり、全く倒産を予期することができなかったという場合もあると思います。

そんな時は以下の点に気を付けるようにしてください。

とにかくすぐに転職活動を始める

倒産による退職は会社都合の退職となり、失業保険は待期期間なしですぐに支給され、支給期間も自己都合よりは長くなっています。

例えば30歳未満だと5年以上働いていれば120日、30歳を超えると180日もの間失業保険を受給できることになります。(自己都合の場合は90日)

金額的にはそれまで貰っていた給料よりは少なくなりますが、生活に十分困らないという人もいるでしょう。

ただ転職を見据えるならばこの失業保険に甘えることなく、すぐに転職活動を始めるようにしてください。

なぜなら無職期間が長くなればなるほど転職活動では不利になり難しくなってしまうからです。

働かなくてもお金を貰えることは確かにありがたいですが、その一時的な喜びに甘えてしまうと一生後悔することになるかもしれません。

焦りは厳禁

転職活動では焦りが厳禁。どんな状況であっても冷静さは保ってください。

どこでも良いからと適当に転職先を決めてしまうと、入社した会社がブラック企業でまたすぐに辞めることになってしまったというのはよくある失敗事例です。

短期離職は転職活動で不利になる原因。

少なくとも3年以上は働ける会社を選ぶことを意識してください。

アピール方法

転職理由が前の会社が倒産したからという理由では、後ろ向きな理由としてとらえられてしまう為、マイナス評価になります。

会社の倒産はあくまできっかけとし、その会社を選んだ理由を重視して前向きにアピールして行くようにしましょう。

最後に

できることなら倒産なんてせず、定年まで同じ会社で働き続けたいと考えている人は多いかもしれません。

ただ中小企業の場合だと10年続く会社はたったの6%程度、20年だとたったの0.4%しかありません。

大企業だって安心することはできず、倒産まで行かなくてもリストラされることはあります。

だからこそ大切なのはいかに早くに気づき行動できるか、そしていざそうなってしまった時に正しい行動をとれるかです。

ぜひ今回の転職を成功に繋げてください。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ