会社の健康診断は義務。費用負担や前日にしてはいけないこと。

会社の健康診断は義務。費用負担や前日にしてはいけないこと。

あなたは毎年、会社で健康診断を受けていますか?

あなたの会社では、年1回の健康診断が義務付けられていますか?

毎年1回の健康診断は法律で定められており、健康診断を受けること、受けさせることは義務になっています。

今回は会社で受ける健康診断について、その仕組みと健康診断前日にしてはいけないことを紹介します。

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

関連:労働基準法の残業、休憩時間、労働時間などを簡単解説

関連:新型うつ病の症状、チェック方法、治療方法。あなたも危ない!

 

スポンサーリンク

会社の健康診断は義務である

会社は労働者の健康管理の為に、定期的(年1回)に健康診断を受けさせる義務があります。

同時に労働者側も、健康診断を受ける義務があります。

健康診断は会社が医師を招く場合もあれば、病院をしていする場合もあります。

労働者が選んだ病院で受信することも可能ですが、その結果を会社に提出しなくてはなりません

健康診断の義務を負う対象範囲は?

健康診断は、会社の規模などによって決まっているわけではなく、どんなに小さい会社であっても、労働者を雇っているのなら受けさせる義務があります。

健康診断を受けなくてはならない労働者の対象範囲は以下の通り

  • 正規雇用労働者
  • 1年以上の雇用が見込まれる有期雇用労働者
  • 労働時間が正規雇用労働者の4分の3以上あるアルバイト、パート

大きい会社であれば、基本的に健康診断を行っていますが、

小さい会社や、有期雇用労働者、アルバイト、パートの場合に、健康診断を実施していないなんてことがよくあります。

健康診断の費用は誰が払う?

健康診断の費用はおよそ1万円程度とそれなりの金額がかかってしまいます。

これを労働者個人が負担するのはなかなか厳しいですよね。

労働安全衛生法では、原則会社側が負担する必要があるとされています。

健康診断の費用については法で事業者に健康診断の実施の義務を課している以上、当然会社が負担するべきものである」という通達もあります。

健康診断受診時の賃金は?

義務として受けなければならない健康診断。それなりに時間もかかります。

この時間に対する賃金については、会社側が支払うことが望ましいとされています。

健康診断の受診でかかる時間について賃金を支払うべきか、否かについては、それぞれの会社が労使で話し合い決めるものです。

支払われなくても、違法ではありません。

大企業などの世間体にも関わってくる会社であれば、望ましいという通達がある為、賃金を支払うことが多いですが、中小企業ではそうではない場合が多いです。

健康診断の義務を無視した時の会社、労働者の罰則

健康診断は義務であるため、無視した場合には罰則があります。

罰則は以下の通り。

会社側の罰則・・・50万円以下の罰金

労働者側の罰則・・・なし

会社側には罰則がありますが、労働者側には罰則はありません。労働者側は罰則がないからといって、時間がない等を理由に受診するのを怠ると、会社側の義務違反になってしまったり、過労等の労働災害にあった時に労働者側にも責任があるとされ、過失相殺される場合もあります。

罰則がないからといって、健康診断を受けないなんてことは絶対にNGです。

もし、健康診断をまともに実施しない会社であれば、そんな会社にいてはいけません。

転職では、現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっていますから転職も考えましょう。

スポンサーリンク

健康診断の前日、当日にしてはいけないこと

義務である健康診断。受けなくてはならない義務ですが、時間的にも再検査なく問題なく1回で終わらせたいですよね。

簡単に前日でしてはいけないことを紹介しましょう。

前日の夜からは絶食を。水も当日はNGの場合も。

健康診断の時間から10時間前は基本的に絶食してください。

朝8時からであれば、前日の22時からは食べてはいけません。

特に朝食は絶対NG。

健康診断で行われる血液検査では、空腹時であることを想定して血糖値やコレステロール値を調べます。

食事をしてしまうとこの数値が高くでてしまう為、以上と判断されてしまう可能性があります。

また、胃カメラなどの検査をする際に胃の中を空にしなくてはなりませんが、胃の消化には時間がかかる為という理由もあります。

絶食しなくてはいけない時間は、健康診断の内容によってはもっと短い場合もありますので、事前の健康診断票を確認しましょう。

また、バリウム検査や胃カメラの場合、当日は水分の摂取もNGです。

前日のアルコール摂取や喫煙は控えよう

飲酒による前日のアルコール摂取は、コレステロール値や血糖値を上昇させる可能性がある為、控えましょう。

喫煙は、前日は特に制限されませんが、当日はX線検査や血圧の検査などに悪影響を及ぼす為、当日はやめましょう。

コーヒーやお茶に含まれるカフェインも検査結果に影響を及ぼす可能性がある為、前日の夜は摂取をひかえましょう。

前日の激しい運動は控えよう

軽い運動であれば問題はありませんが、前日の激しい運動はNG。

激しい運動を行うと、体が筋肉を修復しようと通常とは異なった働きをします。

この働きは、当たり前の体の働きですが、健康診断では異常かどうかを判断する妨げとなってしまいます。

具体的には尿酸値や尿蛋白に異常を示してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

健康診断は会社にとっても、労働者にとっても義務です。

健康を維持し、良い状態で働くことは会社側にとっても、労働者側にとっても重要なことであるため、健康診断はしっかり受けましょう。

ただ、健康診断は時間がかかるものです。

最小の時間で、正しい検査結果を出すためにも、ルールを守って受診しましょう。

◆転職情報

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:朝活とは?朝活がもたらすメリットや朝活でおすすめの活動

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ